« しつこくも、もう一度イサキを狙ってみたい | トップページ | 遊漁船でデカカイワリを狙う »

2015年7月12日 (日)

寸止め漕ぎコマセ釣りを楽しむ

昨日(711日)は福浦(エトーボート)に釣行。

悲しいかな“私暇なんで”の五目漁師には関係がないが
珍しく週末の天気が良い。

最近の釣果情報を気にしながら
伊東か川奈か福浦か、
迷った挙句に前記事で予定した福浦で
コマセ釣りに挑戦してみることにした。

もちろんイサキ狙いとは名ばかり、
本人も最近は冬季のアマダイ釣り、
春秋のアオリイカに限定しているここで
イサキが上がってくるのは万に一つとしか思っていない。

仕方なく土曜行になってしまったが、
天気予報がこのところトリプル台風で騒いでいるせいか
道路も釣り場もガラ空きだ。

予約の電話を入れた時には
(今年は調子が悪かった)アオリイカが
今になって釣れ始めたよ!やってみてよ!

と聞き、一瞬グラっときたが、
いつもの調子だからねー と踏みとどまる。

現地では、
(私の24リッタークーラーボックスを指さしながら)
3日前にカワハギでこんなクーラボックスを満タンにし
9時に早上がりして行ったよ! と聞く。

定置網に着いた貝を掻き落とす作業があったためらしい。

確かに、私も昔は
福浦では申し訳ないほどでかいカワハギで
クーラーを満たしたことがよくあった。

これはちょっと本気にしても良いかも。
いいことを聞いたぞ、っと心が弾む。

元々、今日はコマセ釣りが駄目な場合には
カワハギ狙いに切り替えるために
道具の準備はしてきている。

先ほど真鶴駅そばの釣具屋で買ったばかりのアミコマセが
まだコチコチだし先にカワハギをやってみよう、
とオヤジさんが教えてくれた場所に向かった(つもり)。

ここいら辺りかな?
第一投目、
カワハギ仕掛けにオキアミの胴体部だけをこじんまりと付けて、
さあ行って来~い。

すると、着底するかしないかの内に
ふわっと仕掛けが浮いた感じ。

おや?
ゴミにでも掛けたかな?

フンワカ フンワカと違和感のある仕掛けを巻き上げてくると
なんとカワハギ用の小針にしっかり掛かっているのは
マルイカだ。

Dsxp151679sイカの色が白いのは写真を撮り忘れたのに気付き、
しばらくしてからクーラーボックスから取り出してやらせ撮りをしたため



ウシシ、こんなところにマルイカが湧いているとは。

五目漁師はカワハギそっちのけで
慌てて別の竿でスッテを落とし込む。
しかし、反応はない。

これも一投目マジックか?!
(五目漁師の経験上どのポイントでも一投目は魚が掛かる確率が非常に高い)

諦らめて、再びカワハギ仕掛けに戻ると
乗った!
今度はどうやら2ハイ掛けのようだ。
グイーングイーンと結構重たい。

先ほどのことがあるだけに
仕掛けが落ちていく途中で掛かったこの引きは
イカに違いない としばらくは疑わない。

しかし、最後には手元に独特な振動を与えながら
上がってきたのはこいつ。

Dsxp151674s

あの怪しい感触は尾に仕掛けをグルグル巻きにし
逆さ向けに上がってきたせいだった。

うーん、カワハギ仕掛けにいきなりイカが掛かったかとと思えば
今度はソーダ。なんてこった。

しかし、その後は投入の都度、小魚(キスやチャリコ22cmなど)が
掛かってくるが、カワハギからの魚信はない。

Dsxp151676s

Dsxp151695s

結局、小一時間で諦らめて、
ボート乗り場前(定置網の東側)に移動し
予定していた寸止め漕ぎコマセ釣りを始める。

Dsxp151693s右が-35mの海底に錘で固定された丸ブイ、左が潮流と風の方向を示す旗ブイ。
今日は無風なので旗ブイの旗は付けていない。



すると、ここでも一投目マジックか、
いきなり型のいいイトヨリが掛かってくる。

Dsxp151681s

そして、なんとここに来て吹き流し仕掛けに狙ってもいない
カワハギも掛かってくる。

Dsxp151687s

何がどの棚にいるのか見当がつかないために
ビシ天でベタ底から78mを探って行くと毎回のようにアタリがあり、
ウマヅラハギ、タマガシラ・・・と退屈しない。

今日は風がないので寸止め漕ぎというよりも
一投毎にセットした寸止めブイの近くまで漕ぎ戻り、
コマセを詰めてまた流す。 この繰り返しだ。

戻ると言っても20m程度なので大して苦にはならないし、
寸止めブイのお陰で容易に起点に戻ることが出来る。

しかし、9時前には
お試しのために持参した2kのコマセが完売してしまったので、
寸止めブイを回収して次のCポイントに向かう。

ここでは、オニカサゴを狙うつもりであったが
折しも福浦には珍しいほどの激潮のため
40号の錘では底はとれないし
ましてピンポイントのオニ場はあっという間に通り過ぎてしまい
釣りにならない。

仕方がない、
もう一度スッテを出しマルイカに期待をかけたが
あの一投目マジックは一体何だったのだろうか、
一度怪しげなアタリがあったのみで12時半に沖あがりとなった。

今日は釣れたほどではなかったが
五目漁師発の寸止め漕ぎコマセ釣りの有効性が確認出来きたとともに、
今更ながらにして福浦の魚影の濃さを感じることができた。

イナダやカンパチが回遊する秋シーズンの楽しみが増えた。

で、本日の釣果はこれ。

Cas153295s

心配していた五目漁師の天敵サバは一尾(約40cm)お目見えしたのみ。
今年のコマセ釣りは本当に楽しい。
サバのいない海に乾杯!

小さいながらも魚種が多いと釣った日刺し身も盛り上がる。

Cas153311s

イトヨリはニンニクとパセリをふんだんに使って
私の故郷の名物、万願寺唐辛子との炒めもの。

Cas153327s




仕掛け投入の度に何かが掛かってくる。
魚影も濃いが、魚種の多さに感心しました。
小魚の多くはリリースしていますが
今日釣った魚、自宅で振り返ってみるとなんと15目でした。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« しつこくも、もう一度イサキを狙ってみたい | トップページ | 遊漁船でデカカイワリを狙う »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

五目以上の釣果ですね。
おめでとうございます。
日記を拝見して何時も思うのは、
数種類の獲物を狙って、数種類の餌と道具を持参して、
船上で巧みに選ぶ五目漁師さんは本当にマメですね。

それに事前に作戦がしっかり練られており、臨機応変に対応する。
それが多種の釣果に繋がっているようですね。
お見事です。お疲れ様でした。

投稿: 釣吉 | 2015年7月12日 (日) 12時12分

釣吉さん、こんにちは。

釣りの楽しみは準備(妄想)段階が半分と海上が半分だと思っています。

準備段階では必ず釣れますし、あれやこれやと持ち物も増える一方ですが
電話で予約入れた時から現実的になり増えた荷物を減らしにかかります。

妄想に基づいていつも竿を一番先に決め
夕方には車に積みますが
仕掛けは寝る寸前の最後の最後に準備(選択)し、車に積み込みます。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月12日 (日) 14時42分

こんにちは。

網代の船上でも、多賀のガス○でも、五目さんの話題が出てました。
海上でくしゃみは出ませんでしたか?(笑)

それにしてもお見事です。
成程、目標(ブイ)を決めての漕ぎ戻し釣りですか?
それだとアンカーなしでもコマセ釣りになりますね?

私がやるとコマセを入れては漕ぎ戻して、少し流されると漕ぎ戻してと、
とても忙しい釣りになってしまいます(笑)。

それでもいろいろ釣れますので、福浦は本当に魚種・魚影が濃いです。

去年8月には福浦には行ってませんので、今年は是非とも行ってみるつもりです。
川奈にも観音崎、伊勢町、大津も行かないといけないし、
ん~体がいくつあっても足りない(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2015年7月12日 (日) 16時37分

腰痛持ちさん、こんばんは。

くしゃみしっぱなしでした。
どうせアタリの少ない釣りで退屈しのぎ
ろくなことしか言っていないだろうと
沖からの風に吹き流していました。

この釣りは風もなく、潮流もない時でないと忙しいですね。
ただ、潮に乗せて流れながらコマセるのは
むしろアンカリングよりも同調しますから
魚さえその気になって一緒に移動してくれれば理屈的には合っています。

今度は青物など回遊魚狙いで是非やってみたいと思っています。

アジなら今は大津よりも川奈ですね。
今日も冷凍のアジ干物を食べましたが、甘くて美味しいです。
大津のアジと比べてみたいですね。
特に30cmを超える型がいいアジは
川奈、伊東アジに軍配だと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月12日 (日) 21時05分

おはようございます

五目漁師という名前の意味が、徐々に実感として分かってきました
間違いなく五目さんは、5目漁師さんですね
前回行った時、福浦の浜が余りにもゴ◯だらけで
夏場の福浦は、遠慮しようと決めたばかりです
しかし、この多彩な魚種を見ていまうと
待てよ待てよとなってきます

投稿: 釣キチ先生 | 2015年7月13日 (月) 07時21分

15目ですか?福浦の魚種の多さもさることながら、確実に仕留めていく腕前が凄いですね。

福浦にすれば、オイラの百目チャレンジも一気にはかどったかもです。
早くも、次の釣行で福浦にいきたくなってしまいます。


寸止めブイも、自作ですか?
釣りに行くのにブイまで使うなんて、なんかプロっぽいですね。

五目漁師様が何で五目釣師じゃなく漁師なのか解った気がします。

昨日、オイラは川奈。一緒に行った友達は撃沈でしたが、オイラは、まずまずの釣果。後程ブログ更新しますね。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2015年7月13日 (月) 07時54分

五目漁師さん、おはようございます。

本日は休出の代休で家で仕掛けつくりにいそしんでします。
福浦も夏の潮になりつつあるようで魚種が増えて楽しそうですね。

本当にここでアンカー打てないのが残念でなりません。
茅ヶ崎からだと30分ちょっとで行けるし、
帰りも早いので渋滞もパスできるし、家族も円満です。
アンカー可であれば間違いなくホームにしているでしょう
(アンカー可能だった何年か前は福浦の存在自体を知りませんでした)
帰りの階段に江の島のようにエスカーを装備していただけると完璧ですね(笑)
そしてトイレ(大)がないのでそれもあるといいですね

そろそろボート釣りには厳しい暑さになってきましたね。
昨日は12時半で暑さのあまり早上がりでした。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2015年7月13日 (月) 09時18分

釣キチ先生、おはようございます。

あの浜、昔はもっと活気があり普通の釣り場でしたが
今は無法地帯ですね。
わけが分かった縁のある人以外は近づき難いです。残念です。

あれだけ、魚影が濃いのは逆にそのせいもあるかも知れません。

私もコマセ釣りをやったのは10年振りくらいでしたが
とにかく仕掛けを落とせば90%の確率で何らかの反応があります。
それも特定の魚のエサ取りではないです。
いろんな魚がアタックしてきます。

2時間ほどの釣果でしたが、
今度は半日掛けてじっくりやってみたいと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月13日 (月) 09時26分

甲斐の荒熊さん、おはようございます。

あそこでその気でやれば一日、20目は固いと思いますが
どこに行ったとしてもそこから先は伸び悩むでしょうね。

現に、この時の15目は既に荒熊さんの完了リストには入っているものばかりだと思います。
これからがきついですよ。100目、頑張って下さい。

寸止めブイはアンカリングできない福浦で
なんとかコマセ釣りをやりたいとの思いからの苦肉の策です。

今回のように風も潮流も弱い時には効果的ですよ。

荒熊さんの釣果記事楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月13日 (月) 09時43分

flex-pさん、おはようございます。

あれだけ釣った後の代休は最高でしょう。
仕掛け作りには力が入るし、
ご家族との買い物にもニコニコ顔で今日はたまやでしょうか?

本当に福浦は茅ヶ崎市民にとっては最高の位置取りですよね。
かっては有料だった真鶴道路を避けて峠越え、
帰りは大磯の出口で大渋滞と結構苦労しましたが。

仰る通り少し不満だった1時終了も朝が早いこの時期なら納得です。

福浦も本来はサバやソーダが多いところです。
鬼のいぬ間に今年はじっくりコマセ釣りもやってみようかと思っています。

沼津、よろしくお願いします。
私の方は既に(7月25日以外は)スタンバイ状態です。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月13日 (月) 10時05分

お疲れ様でした
15目とは驚きですね、写真以外の魚を想像してみましたが
3~4匹浮かんできません
しかし、多種、多彩な釣りをしていますね
私も可能性を見つけては仕掛けの準備をしますが
最近は、その逆を行こうとしています
一本の竿で五目釣りが理想ですね

投稿: 趣味人たけ | 2015年7月13日 (月) 10時12分


こんにちは
終わってみればなかなか多彩な魚でいっぱい。
さすがです。

福浦、私も行きたいなあと思っているところです。
今月末あたりかな~。
頭の中ではすでにいろいろ妄想でいっぱいです。

投稿: 芋焼酎 | 2015年7月13日 (月) 15時02分

五目さん、
15目ってすごいですね!
福浦は魚影濃いとはいえ、
中々そんなに釣れないですよね。
寸止めコマセやってみたいな~
でもオニカサゴもやりたいな~
読ませて頂いて迷いますね(^^)
五目さんが福浦のカワハギを
思うように釣れないのなら、
カワハギはしばらくやめます(^^)
まだ、福浦で一度もコマセ使った
事ないので、素人が達人の真似して
寸止めコマセに挑戦!・・・を
やってみたいなーと。
サバ少ないうちに。

投稿: COZY | 2015年7月13日 (月) 18時27分

趣味人たけさん、こんにちは。

この他にはソーダ、サバ、後はベラやカサゴ、トラギスなど
カワハギ釣りの仕掛けに来る小物ですね。
これだけ釣っても目標とした肝心のイサキやアジは皆無でしたから
うまくいかないもんです。

私も、通常は予備も考えてせいぜい2本です。
今回は保険のために深場とカワハギが入ったので3本になってしまいました。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月13日 (月) 18時34分

芋焼酎さん、こんにちは。

芋さんの妄想は怖いですね。
ひょっとしてミシマオコゼの親分やアンコウなどは入っていませんか?

水槽に入れる魚は選り取りみどりですよ。
カワハギ用の胴付き仕掛けが一番多彩に釣れるようです。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月13日 (月) 18時48分

COZYさん、こんにちは。

15目と言ってもあとはサバ、ソーダの他は小魚ばかりですよ。
狙ったわけではありませんし。
ただ、魚種の豊富さというか、魚が生息しやすい環境にあるということを
言いたかっただけです。

カワハギは私が昔釣っていた場所ではなくオヤジさんが教えてくれた場所でした。
それも見当外れな場所だったかも知れません。
気配は全くなかったですから。

アンカーが入れられませんから、風、潮流がない時にコマセ釣りやってみて下さい。
魚影の濃さにびっくりしますよ。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月13日 (月) 20時07分

なんだろ?
15目中6目は載っている。で、五目漁師さんが記事にしないのだから、ウミヘビだとおもろいから書くだろうし、カサゴなんかだと持ち帰るからこれも無し。
結局、細かい物と見ました。(笑)
サクラダイ、ヒメジ、キタマクラ、ヒメ、ベラ、スズメダイ、チビフグ、ハオコゼ、ネンブツダイ、トラギス、クラカケトラギス、こんなものでしょうか?(笑)

投稿: ume | 2015年7月14日 (火) 08時14分

umeさん、おはようございます。

ははっ! 大体そんなところです。
カワハギ仕掛けは底を釣りますのでいろんな小物が掛かってきます。

釣果写真(7目、ウマヅラ、カワハギ、キス、マルイカ、ソコイトヨリ、タマガシラ、チャリコ)の他に
マルソーダ33cm程度、サバ40cm程度、アヤメカサゴ20cm程度、トラギス、ササノハベラ、ホシベラ、ヒメジ、エソの8目でした。

こうしてみると15目くらいは直ぐに行きますね。

肝心のイサキ、それに釣れても良かったアジはいません。

投稿: 五目漁師 | 2015年7月14日 (火) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/61876437

この記事へのトラックバック一覧です: 寸止め漕ぎコマセ釣りを楽しむ:

« しつこくも、もう一度イサキを狙ってみたい | トップページ | 遊漁船でデカカイワリを狙う »