« イサキ狙いは失敗に終わる | トップページ | 一度もオールを握ることはなかった手漕ぎボート釣り »

2015年6月21日 (日)

五目釣りのグレードダウン

勝負ごとが好きな五目漁師。
当然のことながら負けがわかっている勝負には挑まない。

手漕ぎボートでも
ブリを釣った、
70cmを越える鯛を釣った、
同じく、ヒラメを釣った
という鼻高々な話は、結構耳にする。

五目漁師ももちろん釣ってみたいとは思っているが
残念ながらそんな大物の経験はない。

しかし、大物釣りなど上を見ればきりがない。
大型のプレジャーボートでカジキマグロを追う奴らに
勝てる勝負はないものか!

あるある。 五目釣りだ。

彼らがカジキマグロをまんまと釣った帰路
まさかのアジ釣りやキス釣りに興じるとは絶対に考えられない。
もはや頭の中では
どんなオネエ(ぐっちゃん風)を横に
記念撮影をしようかとしか考えていない。

浅はかだね~、悔しいけれど。

そこに行くと五目釣りは
なんとインテリジェンスに溢れた釣りであろうか。

五目の魚に狙いを定め、
最新の情報と経験を駆使して
彼らの居場所にアタリをつけ、
仕掛けを替え、餌を替え
一目、二目とものにして行く。

こんな釣りは手漕ぎボートが一番適していると思う。

五目漁師のハンネの所以であるが、
ブログを始めるにあたって
お刺し身を美味しくいただくための刺し身五目、
バライティに富んだ料理を楽しむための五目料理などを想定して
ジャンルごとの五目釣りの目標を立ててみたものの
一向に達成出来る気配がない。

-ん、もう少しハードルの低いジャンルを作ってみるかな。

五目握りはどうだろう
種類では愛用する回転寿司に到底及ばないが
新鮮でデカネタがとりえの握りを
五目揃えてみようではないか。

こんな感じでどうだろう?

Photo_2

一回の釣行でこれだけ揃えるのは結構難しいぞ。

今回は刺し身五目では対象外であった
アマダイやハタも貢献出来るようにした。

握りに利用できれば良いということで
サイズ的にも従来の五目釣りに比べると
随分とグレードダウンさせた。

しかし、ここでもやはりネックになるのは
アイテム4のイカまたはタコだな。

他の四目が揃っても
最後のイカ(またはタコ)で撃沈かー。

ただ、ここはやっぱり譲れない。
百歩譲って芋さんが好きなウミウシでもOKとするかな。

簡単そうに思える青物も
シーズン次第では結構難しそうだ。

で、前回の釣果。

Cas152848s

これでやっと二目(ハタとカサゴはアイテムが重複しているため)

そこで、今回は五目の趣旨とは正反対になってしまったが
“マハタ三昧”

先ずは、マハタとアジとカサゴ、三種の造り。

Cas152863s

マハタは生よりも昆布締めが美味い。


次は、マハタとやはりその昆布締め、及びアジとカサゴの握り

Cas152889s

五目漁師が初めて挑戦したマハタの茶碗蒸し

Cas152892s

マハタの天ぷら

Cas152906s

最後はマハタのアラ煮。

Cas152875s



五目握りの必須アイテム、
従来に比べると特にサイズ的にグレードダウンしました。
これなら行けるかな??

さて、6月で終わりのアオリイカ、
それに今回果たせなかったイサキが気になります。


本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« イサキ狙いは失敗に終わる | トップページ | 一度もオールを握ることはなかった手漕ぎボート釣り »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

こんにちは とても五目なんか釣れる気がしない世妃亜です。


ボートでこの釣果。御見事としか言いようがありません。

数種類の魚釣ってこんな料理してみたいもんです。

今なられいぞんこの中からっぽですよ。
いつもか・・・

投稿: 世妃亜 | 2015年6月21日 (日) 18時26分

一回の釣行でこれだけ揃えるのは、ボート釣りでは至難の業ですね。
餌も道具も異なる魚種を釣ること事態が結構難しいですよね。
私にはカワハギ・鯵・タコなどせいぜい3目が限界です。
この3魚種は同じ海域の同じポイントで釣れそうです。
今年は挑戦してみようかなと思います。

投稿: 釣吉 | 2015年6月21日 (日) 19時04分

五目釣りは楽しいですね。家に帰りながら様々な料理プランが浮かびますし、第一単調な獲物よりいいです。

私はビシ釣りで、棚とハリスの長さを変えては狙いものを変えて、達成したことがありますよ。

おなかすいたところで料理写真見せられると、寿司食いて~!って感じです^^

投稿: 飛竜丸 | 2015年6月21日 (日) 19時35分

五目漁師さん、こんばんは。

自分も、五目狙いです。というか「釣れる目」狙いです。
遊漁船はライト五目、根魚五目、タイ五目、中深場五目などありますが、
やはり限定されていていけません。
五目漁師さんの言われる通り、手漕ぎは五目に最高のアイテムですね。

信念としては「雑魚も持ち帰る」でしょうか。
例えばネンブツダイ、ベラ、エソ、サバフグ(こいつはデカくで凶暴ですが)、トラギス、オジサンなどです。
これらは食べても実に美味いのですが、
なんといっても捌くのがめんどくさいため普通リリース対象だと思います。
(さすがに2回ほどダイナンウミヘビを持ち帰って懲りたのでこれはリリースです)

しかしながら均等に捕らないと生息する魚種のバランスが崩れると勝手に思っているので、
(手漕ぎの漁獲量なのたかが知れてますので勝手な思い込みです)
釣れたのは基本全部お持ち帰りです。
さすがに将来大物になる魚の幼魚は針を飲まれた場合以外リリースしますが。

五目釣りは本当に楽しいですね。
それでは、また。

投稿: | 2015年6月21日 (日) 21時31分

こんばんは。

私もいつも握り寿司のネタを念頭に釣りしてます。
しかし一度にこれだけのネタをそろえるのは無理ですよ(笑)。

今日はアジ、カサゴ、メバル、ハナダイ、シメサバの握りになりましたがハナダイ、サバは購入したものです。

さて次はマダイ、アジ(カイワリ)、オニ、イトヨリのネタに挑戦します。
2日かけますから、なんとかなるかな?

五目さんはぜひイカ、狙っちゃってください。
しかし、マハタの天麩羅美味そうですね~(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2015年6月21日 (日) 22時41分

世妃亜さん、こんばんは。

ははっ、私は昔から余程沖に出る船は別として、
同じようなエリアなら手漕ぎの方がよく釣れると思っていますので大丈夫ですよ。
サバを土産に釣らせてくれるような船頭さんには懲り懲りです。

次の釣りに行きたいのですが我が家のれいぞんこにはまだ冷凍魚がたくさんあります。
五目の材料を世妃亜さんにお任せしたらどんなになるのか見たいですね。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月21日 (日) 23時31分

釣吉さん、こんばんは。

手漕ぎは行動範囲が限られていますから場所によりますね。
私が行くボート乗り場でチャンスがあるのは川奈くらいです。

たまに意識的に狙うことがありますがそんな時に限ってなかなかうまくいかないです。

是非狙ってみて下さい。
楽しみにしています。。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月21日 (日) 23時57分

飛竜丸さん、こんばんは。

そう言えば、飛竜丸さんにとってはこんな五目釣りは朝飯前ですね。

鯛にアジにイナダにイカ、ハタ
あっという間に釣り上げて7目、8目行っちゃいそうです。

飛竜丸さんの場合にはタイラバオンリーとか縛りをかけましょう。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月22日 (月) 00時17分

お名前がありませんが、これはfrexeーpさんですかね、こんばんは。
間違っていたらごめんなさい。

私は余りにも小さいのにはお帰り願う方ですね。
数が揃えば小さくてもOKですが、1尾、2 尾じゃ料理に困ってしまいます。
それに長いのは駄目です。
昔は大丈夫でしたが、いまならアナゴでもさようならかもです。

魚種を問わなければ一日、7目、8目行きますが狙った魚でやるのは難しいです。
何せ、狙うとなれば先日のようにイサキ1目でも叶わないことがあります。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月22日 (月) 00時43分

腰痛持ちさん、こんばんは。

カイワリやアジがいくら美味いといっても同じネタなら二つまでですね。

伊東でマダイが釣れてしまえばあとのアジ、イトヨリはOK、ただオニは難しそうです。
逆に川奈だとアジ、オニは行けそうですがタイ、イトヨリは結構むずかしいと思いますよ。

確かに、二日かけ、しかも場所を変えれば行けそうですね。
でもねー、我が家は基本釣った日刺身ですからね。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月22日 (月) 01時03分

相変わらず、無茶ぶりだなぁ。(笑)

ここまで出来る人はそうそういない。
私は、2目で十分、それ以上は無理ですね。
きっと、魚を沢山釣って帰っても、喜ぶ人が居ないからだと思います。
だから、今年はお裾分けで、テンションを上げます。

釣りすればする程、それぞれにいろんな楽しみがあるんだと関心しております。
今は、家族の要望と自分のメシのおかずに、煮付けにできる魚が釣れればOKです。

投稿: anan | 2015年6月22日 (月) 02時42分

ananさん、おはようございます。

そうなんです。
なかなかできないからおもしろい。

こんな美味いものを揃えて喜ばない家族はいないでしょう。
お裾分けよりも美味しい料理をつくりましょう。

ananさんならオニ、マゴチ、ホウボウ、アマダイ、➕αの高級魚シリーズとかは
どうでしょうか?

得意の川奈と福浦の連チャンでなんとかなりそうですよ。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月22日 (月) 08時07分

オイラも、一回の釣行で五目釣りたいですが、ハードルは漁師様より低いです。
狙ってというより、5種類は釣るみたいな。

はじめて釣った魚は、必ず食べる(毒魚以外)をコンセプトにしてまして、釣った魚は検索かけて、「不味い」「普通は食べない」「一部漁村や地方で食べられてる」なんて魚も、とりあえずは初対面なら食べてます。

ベラ、カゴカキダイ、トラギスなんか混ぜながら5目です(意外に旨い外道達)

昨日、オオモリボートのブログ見ました?

カマスの大回遊→カマス泳がせで、事件の多いヒラメまで多数釣れてます。
今日、バイトじゃなきゃ長者ヶ崎で浮いてたのに…(´ω`)

相変わらず、料理のクオリティ高いですね。

うらやましー。

投稿: 甲斐の荒熊 | 2015年6月22日 (月) 13時02分

甲斐の荒熊さん、こんばんは。

荒熊さんは年100目が目標でしたね。
つまり100種の味わい。 ボート釣りならではですね。
自分では絶対に駄目ですが蛇系の魚の食味レポートが楽しみです。

オオモリボート見ました。
今年はどうやらヒラメの当り年のようですね。
あちこちで釣れさかっています。
私も結構掛けていますが今年に入ってからは全敗です。
湧いているうちに何とかしたいですね。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月22日 (月) 21時07分

五目漁師さんこんばんは!
きゃー、私たち海を満喫してるー、のぐっちゃんです。
こんな形でブログを引用いただけるとは光栄の極みです(笑)
記事の中の表にある1~5の五目アイテム、揃えるのは超困難ですよ。
僕にとっても一番のネックは4のイカですね。
また、それぞれに魚のサイズが微妙な数字で入っていますが、26とか34とか、
半端な数字なのは五目漁師さんの経験上の合格ラインなのでしょうか?
僕の目標は、一昨年が70cm以上の魚を3種、昨年がメーターオーバーのヒラマサでした。
今年は特に目標を設けていません。
春シーズンが一段落したら握り五目の必須アイテムにチャレンジしてみようかなぁ。

投稿: ぐっちゃん | 2015年6月23日 (火) 02時05分

おはようございます
何度も表を繰り返して、見ていますが
五目達成は難しいですね
一番厄介なのはイカ、タコです
ここから狙った場合を振り返ると
2と5が入る程度です
又、黒鯛、メジナは5の項目ですかね
後水深の違い
仕掛や竿に悩みますね
しかし、釣りたい五目釣り、
明日はアオリから入ってみます

投稿: 趣味人たけ | 2015年6月23日 (火) 07時56分

ぐっちゃん、おはようございます。

無断で、読者にぐっちゃん及びぐっちゃんのブログに
特定のイメージを与えてしまう引用をしてしまい申し訳ありません。

さすがに、いいところに気がついてくれました。
数字は鉛筆なめなめ、悩んで決めています。

例えば、マダイの34cmは私なりにマダイと呼べるサイズで
しかも、カイワリ釣りの外道で比較的頻繁に掛かって来るサイズ。

カイワリの22cmは5匹に1匹は混ざるサイズです。(23cm以上になるとまれです)

アオリイカも春シーズン限定ではなく、秋でも掛かって来るサイズに変更しました。

ぐっちゃんはこんなせこい五目ではなくやはり大物で揃えて下さい。
どんなリストになるか楽しみです。

アイテム5.その他(オネエなど)を加えておかれると
実現のチャンスが高くなると思いますよ。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月23日 (火) 08時03分

趣味人たけさん、こんにちは。

やはり、我々にとってはまぐれでしか釣れてこないイカ、タコは難しいですね。
今回のグレードダウンでは“その他”を入れて
30cm以上ならクロダイでもメジナでもなんでもOKにしました。

たけさんなら、明日早速イカが乗ってしまえば後はお手のもの
早ければ明日にでも実現ですかね。

私は本日油壷を予定していましたが、
昼ごろから南の風が強くなる予報に変わったので中止しました。
明日は良さそうですが、野暮用がありうまくいけば明後日を予定しています。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月23日 (火) 12時28分

こんにちは!のりべんです。
遅くのコメント、失礼いたします。

ananさんも仰ってますが、この内容の五目はなかなか難しい、いや難しすぎる感じがします(^◇^;)

それは時合いではひとつのポイントを攻めるに精一杯というところが大きいといったのが理由でしょうか。
(だから五目漁師さんが良ポイントが密集する川奈を候補にあげられたのは納得なのですが。。)

それでも、先日のご釣果をあげた五目漁師さんなら、と期待してしまいます!次のご釣果、楽しみにしておりますよ〜(^o^)

投稿: のりべん | 2015年6月24日 (水) 18時19分

のりべんさん、こんばんは。

時合いですか、確かにどの魚が釣れるのも同じタイミングだとしたら
一日が実質的に数時間になりますから辛いですね。

川奈も伊東もそうですが潮汐と潮流の関係は単純ではないですね。
川奈は特に地形が複雑ですから場所によってもそれらの関係は違うと思っています。
イカ、青物、底物それぞれポイントが違いますから時合いも同じではないでしょうね。

達成はいつになるかわかりませんが
対象魚を替え、場所を替えうろうろするのが五目釣りの面白いところです。


明日は油壷でアオリイカとイサキを狙ってみます。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月24日 (水) 23時53分

五目漁師さん、おはようございます。
グレードダウンと言いつつも、ハイグレードな五目です。(笑)
かなり難しいですね。おっしゃるとおり手漕ぎでないと望めない五目、しかし、狙える手漕ぎの人はほんの一握りでしょう。遊魚船にも五目狙いはありますが、タイ五目としてもタコイカはかなり無理、5番もなかなかでは?カヤックはどうかと考えてみると、絶対無理です。(笑)
これは自分の場合ですが、自分はこの中の1目が釣れればそれで満足してしまうタイプ。2目、3目狙う前に嬉しくて帰っちゃいますから・・・。(笑)
タコですが、伊豆多賀の湾は比較的狙いやすいターゲットです。
自分も何回か釣ったことはありますし、大物狙いとなると難しいかもしれませんが、マダコとイイダコがいるようです。比較的浅いところで五目釣りをしているとかかりますよ。

投稿: ume | 2015年6月25日 (木) 04時58分


こんにちは。

ダウングレードしたと書かれていますが、まだまだとても難しい五目釣りです。
私の場合、大きな鮮魚店にいかないと達成できそうもありません。

しかし料理を見ているとマハタの昆布しめ、食べたいな~と思いました。
そうそう、細かい話ですが、食用になるのはウミウシではなくて「アメフラシ」のほうです。
くれぐれも間違って召し上がらないでくださいませ~。

投稿: 芋焼酎 | 2015年6月25日 (木) 08時43分

umeさん、こんばんは。

手漕ぎ以上に機動力の高いカヤックですが
仕掛けや道具類が増えるところが難題ですね。

シーズン中なら2番、3番、5番は普通に揃えられます。
そこにたまたま鯛かヒラメが釣れれば4目。
やっぱり残るのがイカ、タコですね。

今日は狙ってみようと意識的に道具なども準備して出掛けることもあります。
そんな時は必ず最初にイカを狙いますが、そこでいきなり撃沈ですね。

まあ、簡単にできるんじゃ面白くないですからこんなところでいいんじゃないでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月25日 (木) 23時00分

芋焼酎さん、こんばんは。

一つ一つは珍しくないですから
確かに鮮魚店に行けば釣行の足代で揃いますね。

そう言えば、川奈ボートのブログにたまに出ている定置網の水揚げ写真には
これくらいの魚は入っていますので
やっぱり狙いは川奈ですね。

アメフラシとウミウシは違うんですか、同じかと思っていました。
私にはどっちみち関係ありませんが
芋さんがやる時にはイカ、タコの代わりにアメフラシOK
鯛の代わりにカイワリの口から引き出したタイノエもOKですよ。

但し、揃えるだけではなく五目を握りにして食べることが条件です。

投稿: 五目漁師 | 2015年6月25日 (木) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/61774672

この記事へのトラックバック一覧です: 五目釣りのグレードダウン:

« イサキ狙いは失敗に終わる | トップページ | 一度もオールを握ることはなかった手漕ぎボート釣り »