« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月26日 (金)

一度もオールを握ることはなかった手漕ぎボート釣り

昨日(6月25日)は油壺に釣行。

そろそろアオリイカは終わる、
さっさとしないと旬のイサキも通り過ぎる。

暇な五目漁師もたまには用事があったりして
前回の釣りから何回かの釣り日和をやり過ごしたために
今日はそれなりに力が入っている。

6時前に到着すると
先ずは荷物をあの心臓破りの坂の入り口に下ろしてから
駐車場に車を入れる。

荷物は多いがマニュアル通りにやれば
左肩と両手両腕でなんとか
一度で運べられるように工夫している。

しかしこんな老体いじめの姿は
他人に見せられるものではない。

この荷物でこの急坂を考えれば、
普通なら登山靴姿でもおかしくはないが、
そこは釣師、この時期の足元は
クロックス又はクロックス風スリッパと相場が決まっている。
(五目漁師のは当然のことながら後者)

それでも行き(下り)はまだ良い。
降りて行くと眼下にはベタ凪の静かな海面が広がる。

Splg150567s

いいぞ!いいぞ!
ちょっと早く着きすぎたかな?
お店の人はまだ来ていないな。

しかし

おやっ??
ギャーっ!!

Splg150566s

文字の力は凄い。

薄っぺらい髪(いやいや私のことではない)
薄っぺらい紙に書かれた

“本日は休業致します” 

の文字が、
まだ荷物を抱えたままでヒーヒーゼーゼーの
老体の心の臓を止めてしまいそうだ。

作戦が次々に頭のなかで巡り
一睡もできなかった昨晩は一体何を夢見ていたのであろうか?

もうこの荷物を一気に運び上げる体力も気力も残っていない。

Splg150573s

さすがに隣の土嚢は五目漁師の荷物ではないが、
ご丁寧にも本日に限って自前のアンカー+ロープ60m
バックの中に入れてきた。

打ちひしがれながらも一回目の往復をやっと終わり、
さてもう一回と気合を入れ直した時に
電柱のような人影に気付く。

見上げるとなんとHEPPOさんではないか。

お~っ!! HEPPOさん。

五目漁師はこの状況に同情してくれそうな唯一の人を見つけ
既にホットした気持ちで声を掛ける。

あれっ五目漁師さん!
おはようございます。
どうしたんですか?

(彼は、たまたま私と出くわしたことが驚きで
肝心のことにはまだ気付いていないようだ。
別名嵐を呼ぶ男がこんな静かな海に出られるわけがないのに)

今帰るところだよ!・・・


やっと事態に気付いたHEPPOさんと記念撮影後、
代わりの行き先を大津(HEPPO案)にするか
今、大カマスで話題の葉山のオオモリボート(五目案)にするか
を相談し、
結局両名ともにまだ行ったことがない後者に向かうことにした。

オオモリボートには7時過ぎに到着し、
出船名簿を記入しながら
カマスの釣れ具合や沖での釣り物をお聞きする。

五目漁師の作戦は先ずカマスを釣って、
その後は沖に出てコマセ釣りで
クロダイやマダイでも狙ってみよう。

恐らくHEPPOさんも同じことを考えていたと思う。

しかし、ボート屋さんの頑固な返事は
どちらか一つ、
すなわち岩礁帯のカマスをとるか
沖ブイをとるかどちらかしかないという。

何れにしてもそこまで曳舟してくれる。

初めてのボート屋さんで事情がわかっていない我々が
こう言われれば仕方がない。

両名とも本来はイサキを狙うためのコマセをどっさりと持参しているし、
一日カマスでは飽きてしまうだろうと
沖ブイに決める。

因みに、平日というのに結構なお客さんの数、
一艇以外は全ボートが今日はカマス狙いと聞いた。


なるほど曵かれてみると
沖ブイまでの距離は結構ある。

風やうねりがあると方向もわからないし
自力で漕いで行ける範囲ではなさそうだ。

到着すると
幾つかある常設ブイにもやうところまで
曳舟のお兄さんがやってくれる。

そしてアンカーは入れずに
迎えに来るまでここを離れずに釣って下さいと言い残された。

水深は278m、
HEPPOさんは直接ブイに、
私はHEPPOさんのスターンに繋がれて
さあ楽しい釣りが始まる。


思えば私がブログを始めた頃に
同じブログツールを利用する人にと
突然メールで連絡させていただき
使い方を教わった相手がHEPPOさんだった。

人の印象と言うのは大事なもので、
こんなのっぽなお方とは知らなかったが
当時は見知らぬ私に
早速懇切丁寧に返信メールで教えて頂いた時の
“この人、いい人だな”記憶がいまも残っている。

今日はしっかりと45mほどのロープで結ばれて
ボソリボソリとお話をしながら二人して
せっせとコマセを撒いている。

しかし、底から道糸のリーダーが見えて来るほどの上層まで
瞬殺のエサ取りがやまない。
しかも、お行儀のよい食い方ではなく、
オキアミの先っちょの頭部だけを食ったり、
しゃぶるようにしてボロボロにしたり。
きっと針に掛からないほどの小魚に違いない。

五目漁師は犯人探しのため
餌に飛びつく魚に躊躇する間を与えないほどの高速で
シャクリ上げたり、空合わせを入れたりしてみる。

そしてやがてあがってきたのがこいつ。

Dsxp151624s

後で怖いほどデカイのもあがったが、
これじゃロングハリスでマダイを狙うどころではない。

しかし、問題はエサ取りのフグや小魚達ではない。
ここを移動できないということだ。

そこにフグが居ればフグを釣るしかない。
小魚が集まって来れば彼らに餌を撒くしかない。
これはもはや手漕ぎボート釣りとは言えない。

やるすべなし。
HEPPOさんと時々ため息混じりの釣りになってしまったが、
少し荒れてきたのでと
早めにやってきたお迎えのボートに曵かれて戻った。

Dsxp151629s

途中カマス釣りのボートも曳いて、
雁のV字編隊のように戻っていく

結局、今日は一度もオールを握ることはなかった。

で釣果はこれ。

Cas153124s23cmのチャリコとハナダイ


こんなのは釣果でもなんでもない。
そこにたまたまこの2尾のチャリコがいた。
それだけのことだ。

大事そうに持ち帰ったチャリコはチャリコ飯に。

Cas153137s

ご飯物は難しい。
チャリコ雑炊のようになってしまった。
失敗。

*HEPPOさんのブログにリンクを追加させていただきました。(6月27日11時)




散々な目に会いました。
ボート屋さんも色々苦労はあると思いますが・・・

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2015年6月21日 (日)

五目釣りのグレードダウン

勝負ごとが好きな五目漁師。
当然のことながら負けがわかっている勝負には挑まない。

手漕ぎボートでも
ブリを釣った、
70cmを越える鯛を釣った、
同じく、ヒラメを釣った
という鼻高々な話は、結構耳にする。

五目漁師ももちろん釣ってみたいとは思っているが
残念ながらそんな大物の経験はない。

しかし、大物釣りなど上を見ればきりがない。
大型のプレジャーボートでカジキマグロを追う奴らに
勝てる勝負はないものか!

あるある。 五目釣りだ。

彼らがカジキマグロをまんまと釣った帰路
まさかのアジ釣りやキス釣りに興じるとは絶対に考えられない。
もはや頭の中では
どんなオネエ(ぐっちゃん風)を横に
記念撮影をしようかとしか考えていない。

浅はかだね~、悔しいけれど。

そこに行くと五目釣りは
なんとインテリジェンスに溢れた釣りであろうか。

五目の魚に狙いを定め、
最新の情報と経験を駆使して
彼らの居場所にアタリをつけ、
仕掛けを替え、餌を替え
一目、二目とものにして行く。

こんな釣りは手漕ぎボートが一番適していると思う。

五目漁師のハンネの所以であるが、
ブログを始めるにあたって
お刺し身を美味しくいただくための刺し身五目、
バライティに富んだ料理を楽しむための五目料理などを想定して
ジャンルごとの五目釣りの目標を立ててみたものの
一向に達成出来る気配がない。

-ん、もう少しハードルの低いジャンルを作ってみるかな。

五目握りはどうだろう
種類では愛用する回転寿司に到底及ばないが
新鮮でデカネタがとりえの握りを
五目揃えてみようではないか。

こんな感じでどうだろう?

Photo_2

一回の釣行でこれだけ揃えるのは結構難しいぞ。

今回は刺し身五目では対象外であった
アマダイやハタも貢献出来るようにした。

握りに利用できれば良いということで
サイズ的にも従来の五目釣りに比べると
随分とグレードダウンさせた。

しかし、ここでもやはりネックになるのは
アイテム4のイカまたはタコだな。

他の四目が揃っても
最後のイカ(またはタコ)で撃沈かー。

ただ、ここはやっぱり譲れない。
百歩譲って芋さんが好きなウミウシでもOKとするかな。

簡単そうに思える青物も
シーズン次第では結構難しそうだ。

で、前回の釣果。

Cas152848s

これでやっと二目(ハタとカサゴはアイテムが重複しているため)

そこで、今回は五目の趣旨とは正反対になってしまったが
“マハタ三昧”

先ずは、マハタとアジとカサゴ、三種の造り。

Cas152863s

マハタは生よりも昆布締めが美味い。


次は、マハタとやはりその昆布締め、及びアジとカサゴの握り

Cas152889s

五目漁師が初めて挑戦したマハタの茶碗蒸し

Cas152892s

マハタの天ぷら

Cas152906s

最後はマハタのアラ煮。

Cas152875s



五目握りの必須アイテム、
従来に比べると特にサイズ的にグレードダウンしました。
これなら行けるかな??

さて、6月で終わりのアオリイカ、
それに今回果たせなかったイサキが気になります。


本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

イサキ狙いは失敗に終わる

昨日(615日)は川奈に釣行。

今回の釣行はイサキ狙い。

川奈か油壺か行き先に迷った(前記事)が
結局あてにならないイサキ保険のある川奈にした。

おまけに、予約電話を入れた際に
先日イカが釣れましたよーとマスターからの最新情報。

しかも、早朝だけの限定ポイントとあって
自分なりに本来のイサキ釣りに移動する踏ん切りもつけやすいのがよい。

イサキ狙いとは言いつつ
ここに来ると竿の数(竿4、リール6)も、
仕掛けの種類も、
餌の種類も多くなる。

先ずはアオリイカ、
その後は同じ場所でカサゴ、
それからイサキ釣りに移動し、
小アジが釣れればそこで泳がせのヒラメ竿を出す。
イサキが何匹か釣れれば赤い魚が欲しいので
沖に出てオニカサゴやホウボウなども狙ってみよう。

イサキ一つにしてもいくつかの天秤と
短いハリスに、長いハリス、
餌仕掛けにウイリー仕掛け
と もう今日の小物用バケツと仕掛け用袋はパンパンだ。

5時過ぎに漕ぎ出ると早速エギングを始める。

Dsxp151605s

なんとか一ぱいは捕りたい。
アンカーは入れないが無風のため釣りやすい。
エギに曵かれたPE0.8号)の弧の形が崩れながら
ふんわりと海面に軟着陸すると
エギの底立ちをとってシャクリを入れる。

第三者的には暇な単純作業、
やっている本人は一シャクリ、ひとシャクリ
“ドスンと来い、ドスンと来い”
と竿尻をお腹の弾力で受け止めながら
息が詰まりそうなまでに念力を入れる。

そんな念力、伝わるわけがない。
何度かの根がかりで予備リールのリーダーも、
最後は直結のPEも切ってしまいエギングは敗退。

まだ少し時間があるので
オニカサゴ釣り用に持ってきたサバタンを
ハサミで半分に切りながら川奈名物の大カサゴを狙う。

大きくはないが(26cm他)4尾釣ったところで時間切れ、
お次はいよいよ本日メインのイサキ釣り
(日蓮像前-35m高根)に移動する。

ポイントに近づいて行くと魚探の画面に急斜面が現れる。
高根のピークが-35m
少し外すと-50mまで一気に落ち込む。
陸上なら目の前にある与望島のようなものかも知れない。

マスターからイサキの狙い時は
私の島、いや毛無島に向かう潮がある時と聞いているが、
今(午前9時前)は全くの潮止まりのようだ。

アンカーロープはボートの位置を調整するほど
長さの余裕がないので
風がないことをいいことに高根の際に着ける。

先ずは様子見のために
五目漁師が一番慣れている2.5m2本針の標準仕掛けを落とすが
かなり険しい根のようでベタ底は危ない。

少し棚を高めにとって23投目、
ゆっくりとシャクリあげるといきなり竿先が海面に突っ込む。

何だ何だ?!
ハリスは3号、
あわてて穂先を下げながらドラグを緩め慎重に上げてくると
なんと想定外のマハタ(39cm

Dsxp151609s

イサキ狙いとは言えこんなのが釣れてしまうと
よっしゃよっしゃと一気に気が楽になる。

急峻な海底地形で底の定位置が定まらないために
上から棚を取りながらイサキの居場所を探るが
たまーにアジが掛かって来るのみ。

用心深いイサキならフカセ釣りがいいかも知れないと、
たけちゃんが油壷でまんまとイサキを掛けたウキ釣りもやってみる。

仕掛けは6m、3本針。
しかし無風、無潮流のため浮きがいつまでもボートの近くを漂い、
手持ち竿の邪魔になる。

アジが一尾掛かったものの
とうとう仕掛同士が絡み合ったため、
なんじゃこの浮き釣りは!
一向にボートのそばを離れてくれない浮きに腹を立てて
間もなくしまってしまう。

うーんもう昼前なのにこれじゃ寂しい。
この分だと撒き餌もたくさん余ってしまいそうだ。
ここらで困ったときの神頼み、
とっておきのビシテンを取り出す。
ついでに気分(23m)高根の北側から西側に移動する。

すると、ここからアジの入れ食いが始まる。

Dsxp151616s

魔法の天秤、ビシテンが下手くそな五目漁師の腕を補ってくれたのか、
おまじないのようなポイント移動が影響したのか、
それともたまたまこのタイミングで時合いが訪れたのか?

実はその後、風の影響でポイントはほぼ元の位置に戻ったし、
以後帰るまで釣れ続いたことからしても
やっぱり魔法の天秤の威力かな?

この天秤についてはブログの中でも何度か触れているが、
釣法と合わせて簡単にしてコマセと仕掛けとの絶対的な同調が出きるし
必然的に棚が広く探れる
という利点があるが。

一方、コマセを大量に使用するため
五目漁師もここぞという時にしか使わない。
(因みに今日アジを釣ったのは五目漁師だけ)

アジが途切れなく釣れ続いたお陰で
この後に予定していた深場のオニカサゴを捕り損ねた。
オニカサゴ命拾いしたな!(古いか)

で、本日の釣果はこれ

Cas152841s

お嫁入りした10尾ちょいを含め
マアジ(平均24cm)は39尾、
狙ったイサキは0(出張中かな?)に終わったが
マハタも釣れたことだしまあいいか。

釣った日刺し身(写真なし)と
ご飯物は最近テレビで見たまご茶漬を2種類。

Cas152854s

Cas152858s最初はこのまま食べて、半分くらいになったところで出汁を掛ける。
とTVでは言っていたのでその通りにやってみた。






川奈のアジ、以前から美味いとは聞いていましたが、
脂ねっとり、身はしっとり、まるでカイワリのようです。

悔しいのでもう言いませんが(と言いながら言っている)
またヒラメの泳がせで事件がありました。もう知らん。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (28) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

イサキが欲しい。どっちにしようかな?

昔のことなのでもうよく覚えていないが、
たぶん外房大原(辺だったと思う)、
のイサキ乗り合いに何度か乗ったことがある。

ヘタクソであまりいい目をした記憶はないが
沖釣りでは数が期待できるイサキも
手漕ぎボートで釣るとなると難しい。

今までに私が行ったことのある手漕ぎボート乗り場で
イサキポイントがあるのは
福浦、油壺、川奈の3か所。

Dscn020483s2002年福浦

Cas130826s2013年6月、久しぶりの油壷にて

Dscp137433s2013年4月、川奈


福浦では秋の方が良かったような記憶があるが、
イサキは5月~7月、
特に梅雨どきが釣りのシーズンと言われ、
毎年この時期になるとイサキが釣りたくなってくる。

タナ取りやコマセワークが肝になるイサキ釣り、
今ではアンカリングができない福浦はちょっとおいて

油壺にしようか

川奈にしようか


と迷ってしまう。

今回は、もともと予定していた14日が日曜日だったこともあり、
ボート乗り場の混雑と帰りのあの渋滞を思うと
油壺にはなんとなく気が向かない。

一方、川奈は時期的には
既にピークを終えているような気もするが
アジや底物など釣れなかった時の
バッファリングが多いのが魅力。

よしっ、川奈にしよう!

ところが、前日になって晴れだった日曜日の天気予報が
雨模様に変わった。
365日連休まっしぐらの五目漁師は
臨機応変に釣行も月曜日に変更することにした。

しかし、しかし、
そのタイミングで人心を惑わせたのは
昨日(13日)のボート釣り趣味人たけちゃんの釣果。

なんと、油壷でいい型のイサキが釣れている。

釣行を月曜日に変更したことで
油壺のボート屋さんの混雑も車の渋滞も
今や解消されてしまったし、
五目漁師の気持ちは右に行ったり左に行ったり。

さて明日はどうしよう、
う~ん・・・
14日早朝現在)




やっと決めました。
さて、1尾でもいいからイサキが欲しい。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

エギンボ(エギング完全ボーズ)

昨日(6月7日)は福浦に釣行。

そろそろ夏至、4時半にはもう明るい。

駐車場で待機してくれていたオヤジさんの車に飛び乗り
丁度5時に岸離れ。

Dsxp1604s

一番乗りかと思ったら
既にいくつかのボートが浮かんでいる。

オヤジさんの話では
昨日(土曜日)は全く振るわなかったというアオリイカ。

今日はそのエギングの一本勝負に賭ける。

と言いつつ、
実は “デカアオリが釣れれば” の条件付きで
中深場(オニ、ハタなど)もやってみようと
ムシタン(ムシガレイの短冊)と仕掛けも準備している。

先ずは前回、辛うじて一パイをあげることができた
外に向かって左側の高浦海岸方面を目指す。

気が付けば今日は日曜日、日和も良いせいか
磯という磯には一定間隔で釣師が竿を構えている。
その内2/3くらいはエギンガーであろうか。

うーん、ちょっと参ったぞ。

アオリイカは-10m前後の藻場で産卵する。
その辺りをじっくりとボートで流す予定であったが、
これではあまり岸に近づくと
あの鋭いカンナの餌食になってしまう。

少し沖側から岸に向かって遠投する作戦に変更する。
幸いにして無風なのでなんとかなりそうだ。

高浦海岸に到着すると
既に浮かんでいたボートが目の前でカサゴを連チャン。

いい型ですねー と声を掛けると、
私がエギングとわかったのか

今日はアオリは駄目なようですよ!
朝一で私も少しやってみましたが、
陸っぱりを見ていても全然上がっている様子がないですし、
先週は自分もこの辺りででかいのを上げたんですが。

ぐらっ!!
カサゴいいな~、ムシタンで狙ってみようかな~、
いやいや、アオリ、アオリ。

で、それから12時半まで投げた投げた。

そろそろ底物釣りはどうですか?
今日はオニやカサゴがわんさかと釣れますよ!
と背後からささやきかけてくるムシタンは
10時ころに海に放り投げて退路は断った。

その上でポイントも何ヶ所か変えてみたものの、
キター! と藻にかけて興奮しかけたのが23度、
メータークラスのシーラにコツンとやられたのが一度。

今まで本命はなくても
マルイカが掛かってくれたりタコが乗ったりで
完ボはなんとか逃れてきたが
今日は完全ボーズを食らってしまった。

スミや臭いが着いた片付け物ナッシング、
料理ナッシング、
書くことナッシングで記事は止めようとしたものの
自分記録なのでなんとかここまで。

そうかい、そうかい、気分も爽快。
これだから釣りは止められない。

*釣行日、6月6日を6月7日に修正(6月8日 17:30)



爽快ついでに自分が普段使っている部屋の
模様替え(部屋の移動)を始めました。
これでこの夏は快適に仕掛け作りや釣りの妄想にふけることができそうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

先日釣った巨大なアジを食ってみた

全長50cm、黄アジ雄。

Cas152740s先日伊東で釣った35~38cmと50cmのマアジ


うーん、どうしよう。
でか過ぎて不味いかもしれないなあ~。

何れにしても還暦を越えてしまった老夫婦二人では
下手に料理しても消化しきれない。

こんな時に娘や息子夫婦でも来てくれればなあ
と料理本をぺらぺらめくったり、
腕組みしたり。

取り敢えず3枚に捌いてみたものの
冷蔵庫で出番をお待ち願っている。

これならどうだろう、
つみれ汁か串焼きアジバーグ。Cas152818s釣魚の食卓(辰巳出版)


これなら仮に不味くっても
刺し身などと違ってごまかしが効くし、
余れば冷凍保存もできる。

よし串焼きアジバーグに決定!

五目漁師は相変わらず料理の基本がないために
料理本に忠実に作る。
そこで困った。

料理本のレシピには2223cmの中アジ3尾、
まさに大津の標準アジ3尾ってところかな。

これらにに対して
味噌大さじ1、醤油小さじ1、しょうがのみじん切り大さじ1・・・
などとある。

む~、じゃあこれならどうなるの?
50cmの特大アジ1尾、
おっと1/4は折角だから刺し身にしたいし、
それと冷蔵庫の中に別のアジ(36cm)の半身があるので
これも一緒にしちゃおう。

だとすると?
そんな簡単な計算は
元無線通信エンジニアの五目漁師に任せなさいよ!
とぶつぶつ言いながら卓上計算機で計算を始める。

こんな感じかな。
先ず、22cm23cmの真ん中をとって
22.5cm(芸が細かい)の中アジがそのままの体型で
50cmまで成長したとすると
体積や重量は長さの3乗に比例する、
それで特大アジの1/4は刺し身にとって、
別のアジの半身を混ぜて使うので、
えーと・・・

(((50/22.5)^3)*3/4+((36/22.5)^3)*1/2)*1/33.4
(ここで(・)^3は・の3乗、*は積を意味する)


こんな感じかな。

つまり料理本のレシピにある分量を
3.4倍(中アジ約10尾分)にすればいいということになる。
大きい分、少し細長くなっているような気がするから
切りのいいところで3倍にしよう!

えっへん、
こんなことやってると旨いものも不味くなりそうだな。

で、計算した通りに材料をこねこねして
出来上がった串焼きアジバーグがこれ

Cas152801s

もちろんこれが全部ではない。
食いきれない約半分は冷蔵庫で明日のために待機。

もちろん美味しい。

さて、お刺身も同時に作ってみた。
実は捌いている最中に
予想に反して美味そうな色艶であることを発見。
これは是非刺し身で食ってみなきゃ
1/4さくの背身と腹身の半分ずつを
刺身用にとった。

どう?この色艶。

Cas152815s

まるでブリのようにしっとりとした脂の乗り。
うーん、これ本当にアジ?
ねっとり、しこしこ、そして甘い。

どちらかというとアジよりも
旬のイサキに近いかな。

こちらは別の日に作った普通の大アジのソテー。

Cas152787s



なんでも記録して残せる世の中ですが
味は残せないですね、残念。!

本日もポチッとよろしくお願いします 。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »