« あったかホッカイロ | トップページ | 世の釣り師をギャフンと言わせてみることにした »

2015年2月15日 (日)

只今避難中

今回は旅行中ずっといい天気に恵まれた・・・
それで調子こいて、
どうせならここらで雪の中のオオワシでも撮ってみたいと思い、
そんな願いも叶った。

Img_5781s

Dsn_7074s

最後の夜になった斜里町のホテルの窓から外を眺めながら
名残惜しそうに今回の撮影旅行を振り返っていると
どんどんと天気が荒れ模様に豹変していく。

Cimg1320s

インターネットの天気予報でもTVのニュースでも
明日は暴風雪、
用事のない人は外に出ないようにとしきりに注意を喚起している。

ふむふむ、私達には帰るという用事がある。

あくる朝(本日)は朝食バイキングをたっぷりととって
さあ網走(女満別空港)に向けて出発だ!

しかし、うわっ!
思っていた以上にひどい。

これが本場の暴風雪だ。

Cimg1304s

前方は殆ど見えない、
いや全く見えない時にはしばらく車を止めて待つしかない。
頼りになるのは道路の端を示す矢印標識のみ。
積雪がどれくらいなのか、除雪はされているのかどうかなどは
地を這い、巻き上がる暴風雪のためただただ一面が吹き荒れる白い嵐の中。
路面どころか路面と両側に立った雪の壁との境目さえわからない。

そうこうしている内に、どうやら看板を見落とし
国道に出る道を誤ったらしい。

そしてやってしまった。
雪上スタック。

Cimg1331s

吹き溜まりの思いがけない深い雪に捕まり
車の腹に抱え込んでしまった雪のせいで駆動輪が空転する。
デフロックのない4駆なんてこうなるともはや何の意味もない。

吹雪の中、
ヨメサンと二人でタイヤの回りの雪をかいたり、
腹にたまった雪をかき出そうとするが素手では限界がある。

仕方がない。
とうとう非会員ではあるがJAFのお世話になることに。

40分位して目の前にでかい除雪車が現れる。

Cimg1339s

ついでに国道までの道案内もして頂いた、
サンキュー助かりました。

それにしても吹雪の中の約1時間半、
他の車が一台も来なかったことには驚いた。
地元の人達はさすがにこんなヤバイ道
(と言っても普段はきっとダンプがすれ違えるほどの立派な直線道路)
に迷い込んだりはしない。

結局、その頃には目的地に向かう国道も閉鎖、
自分たちが搭乗する飛行機も欠航が決定、
近くのホテルは全て満室。

で、斜里町の避難所(ゆめホール知床)にお世話になることになった。

Cimg1346s

今日は日曜日、職員さんたちが休日返上で
施設回りの除雪、部屋の案内、
毛布の貸し出しや、飲み物の準備など世話にあたってくれる。

なんとありがたいことか、
感謝感謝

自分の町では毎年高い税金を払ってはいても
一度も恩義を感じたことはないが、
こんなところで町民のお金を使ってしまい誠に申し訳ない。

ヨメサンとふるさと納税をやってみようと相談している。





便の欠航によって明日は満席、
予約ができずいつになったら帰られるのか目処がついていません。
10日間もこんな季節に道東にいるんだから仕方がないと思い
慌てずに待つことにします。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« あったかホッカイロ | トップページ | 世の釣り師をギャフンと言わせてみることにした »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

あちゃ~(*_*)
最後に雪の猛攻を受けてしまいましたね!

改めて、雪国の怖さを知る記事です。
地吹雪はサラサラの雪ならではの現象。
翌朝には吹きだまりに雪の砂丘が出き上がります。
雪が降りやまないと風向きで吹きだまりにドアが没し、開かなくなります。

とにかく無事に帰って下さるのを心待にしております。

追伸、
レンタカーにはスタック脱出に使う毛布やスコップは積まれてませんでしたか?

投稿: AP | 2015年2月15日 (日) 22時14分

APさん、こんばんは。

早速のコメントありがとうございます。
まだできぞこないの文章を見直している最中でした。

仰るとおりです。
風よけのガードがあるのですが
丁度その切れ目のところに雪が溜まっておりそこに突っ込んでしまいました。
見えておればそんなことはしないのですが、目隠し状態でした。

レンタカーですが、今後は真っ先にスコップを購入し積んでおこうと
思っています。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月15日 (日) 22時30分

五目漁師さん、お疲れ様です。

無事避難場所にたどり着けたようで、何よりです。

スキー場への往復で何度か同じような経験があるのでお気持ちよくわかります。
また、以前Jeepラングラーに乗っていた時、
冬の雪上アタックによく言ったのですが、
その時の装備は亀甲チェーン×4、脱出用ラダー、8t牽引ロープ、
予備バッテリー、スコップ、若干の食糧、
そして必ず複数台で行くのをMUSTにしていました。
(マニアックな内容なので一般的ではありませんが念には念をという意味で)

孤独なスタックは容赦ない風雪でさぞ心細かったことでしょう。
本日夜も北海道で通行止めのゲートに車が突っ込んで怪我したニュースをやっており、
五目漁師さん、大丈夫かな?と心配してました。
どうか避難所で安全が確保されるまでごゆっくりと。


投稿: flex-p | 2015年2月15日 (日) 22時56分

flex-pさん、おはようございます。

ご心配ありがとうございます。
昨年も羅臼への道が閉ざされ車の中で半日ほど待たされました。
冬の北海道ですから仕方ないですね。

レンタカーですから窓の雪をかくブラシのようなものしか積んでいませんでしたが
次回からはせめてスコップくらいはこちらで購入してでも積んでおこうと思っています。

それにしてもこんな4駆は積雪路では全く役にたっていません
何じゃこれ? でした。

避難にこれだけの場所を提供してくれた上に
我々の面倒見に駆り出された皆さんには感謝です。
flex-pさんや私の町は一体税金を何に使ってるの? といつも思っているのですが。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月16日 (月) 06時36分


おはようございます。

とにかく無事雪道脱出できてよかったです。
吹雪とかまったく経験のない温室育ちですが、読んでいてちょっと怖かったです。

そして、ふるさと納税で恩返し。
これは名案だなと感心しました。

投稿: 芋焼酎 | 2015年2月16日 (月) 07時40分

お疲れ様でした
やはり最後にドラマがありましたね
しかし無事生還出来て良かったです
地吹雪怖いですね
何度も体験していますが
目の前に大型トラックを見た時は
震えました
又、ボートでも千葉の岩井でしたが
ものすごい霧が発生して
一寸先が見えなく、その時も
目の前に釣り船が現れ
同じ恐怖でした
次回写真が楽しみです

投稿: 趣味人たけ | 2015年2月16日 (月) 08時21分

おはようございます。

今日の斜里町の様子はいかがですか?

なんちゃって四駆に興味は無く、
車で雪中アタックを楽しんだり、バイクで雪中キャンプに行く私には、ワクワクする状況ですが、目的が違うからで、移動するには厄介な状況ですね。

無事の帰宅をお待ちしております。

ふるさと納税、私もあるキッカケがあり、やってみようと思っています。

投稿: anan | 2015年2月16日 (月) 08時43分

芋焼酎さん、こんにちは。

突然の突風に襲われる海と違って
直ぐに生命の危険を感じるわけではないですが
回りに全く人影がないので
早く手を打たないとじりじりと攻め込まれます。

芋焼酎さんも福浦を抱える小田原あたりにふるさと納税はいかがでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月16日 (月) 11時14分

趣味人たけさん、こんにちは。

まさか帰る日にこうなるとは・・・
中日なら行き先変更などでいくらでもやりようはあるのですが。

昨年も経験はしていますが地吹雪は凄いです。
降雪は大したことはないのですが
まさに回りの地から巻き上げ、運が悪いと自分の回りにたまります。

数時間放っておけば車はすっぽりと雪の中ですね。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月16日 (月) 11時25分

ananさん、こんにちは。

吹雪はおさまりましたが、まだ道東の道は殆どが閉ざされたままです。

明日の飛行機は既に満杯らしいので先ずはなんとか飛行場までは辿り着き
キャンセル待ちの行列に加わりたいと思っています。

会社勤めの人は朝から連絡の電話などで大変そうです。
暇な私もこの週末は用事がありますのでさっさと帰ってそれまでに一度は出たく
明日の便がとれればいいのですが。


投稿: 五目漁師 | 2015年2月16日 (月) 11時35分

五目漁師さん、こんばんは。

知床の入り口にいるんですね。
冬の北海道大自然の猛威は凄い!!

自分の居場所を伝えることができなかったらゾッとしますね。
こんな時のために避難所もあるなんて雪国は違いますね。

ふるさと納税は名案だと思います。
帰路はゆっくり気をつけてお帰り下さいませ。

投稿: buru | 2015年2月16日 (月) 21時37分

こんばんは!のりべんです(^-^)

そろそろお帰りだな、と思いつつ読ませて頂いたら…
雪上スタックに猛吹雪?避難小屋??
ええっ?!さりげなく大変な事になってませんか??(^◇^;)
…ご無事でなによりです(^^;;

大自然は厳しく、そして畏怖すべき存在になり得ますが、
だからこそ時折みせるその表情が美しい。。

オオワシ、氷原に飛翔するその姿。カッコイイですね(^-^)

投稿: のりべん | 2015年2月16日 (月) 22時09分

buruさん、こんばんは。

釧路から根室、羅臼を経由して斜里にやって来たところで
つかまってしまいました。

避難場ではなくて町の多目的ホールを避難所として開放してくれました。
職員の皆さんのお陰で快適な避難でしたよ。感謝です。

19日まで待たされそうになったのですが出発空港変更でやっと明日戻れることになりました。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月17日 (火) 00時02分

のりべんさん、こんばんは。

いやいや参りました。
buruさんのコメントにも書きましたが、危うく19日まで待たされるところでしたが
飛行場のカウンターに飛び込み、出発空港変更で何とか明日の便が予約出来ました。
そのために明日は網走(女満別空港)から釧路までまず車で移動です。

オオワシ、翼を広げると大きいのは2.5mもあるんですよ。
大迫力です。
子供の頃鷲にさらわれると驚かされましたが、こいつなら赤ん坊くらいは
掴んだままで飛んで行きそうです。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月17日 (火) 00時12分

いやぁ、ひどいことになりましたね。
テレビでは見ていましたが、こうして実体験を書かれるとよくわかります。
気をつけて帰ってきてください。

投稿: ume | 2015年2月17日 (火) 08時18分

おはようございます。

無事のお帰り、お待ちしております。
って、もうお帰りになられたかな?

懐かしいですね、昔は地吹雪と言いましたが、今はホワイトアウトですか?
良く学校の行き帰りに遭遇しました。

もう立っていられないくらいの強風で、息も満足にできません。
もちろん視界もゼロです。
ただじっと風の変わり目を待つしかないんですね。
今思い出しても、寒気がします。

だから、私はスキーはやりません。
雪の怖さを知ってますから。
ゲレンデから外れて山スキー、とんでもありません。

これからも釣り一本です(笑)。

投稿: 腰痛持ち | 2015年2月17日 (火) 10時37分

暴風雪の予報が出るたびに、北海道を旅行中の二家族が心配になります。
その一家族が五目漁師さんです。
雪が降ると関東のそれとは大違いで、さぞ難儀するだろうと思っていました。
避難中とか、どうやら無事で避難所に辿り着いて、ご無事で何よりです。一安心ですね。

湘南の海が待っております。お早くお帰り下さい。

投稿: 釣吉 | 2015年2月17日 (火) 10時54分

umeさん、こんばんは。

冬の北海道はこんなもんでしょう。
会社勤めの人にはたまりませんね。

umeさんは自分では運転されないようですが
アイスバーンの運転とかホワイトアウトとか
隣に乗っている方が怖いかも知れません。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月17日 (火) 20時09分

腰痛持ちさん、こんばんは。

先ほど(17日午後)やっと自宅にたどり着きました。
一時は4日待機になりかけたのですが、これくらいで済んで良かったです。

あれくらいのスタックはスコップがあって
まともに10分も作業ができれば脱出出来たと思うのですが
仰る通り車の外に数分と出ておられない、目は開けておれない。
しかも手かき、足かきのみだったのが敗因ですね。
少し雪をかいて、たまらなくなり車内に逃げ込んでいる間にまた埋もれるの繰り返しでした。

しかし、突風にあった時のボートの怖さにくらべると、
地に足は着いていますし、助けも得られますから
ドキドキ感が全然違います。

ボートの方が余程怖いですよ。
お気をつけ下さい。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月17日 (火) 20時37分

釣吉さん、こんばんは。

ご心配していただきありがとうございます。
先ほど(17日夕)自宅にたどり着きました。

私どもの他にもう一組知り合いの旅行中の方がいらっしゃるのでしょうか?

今回の大荒れは網走方面が中心でした。
降雪よりも風ですね。
上からは大して降ってこなくても、
既に積った雪を巻き上がるだけで十分な荒れ模様でした。

さて、今度は海ですね。
しばらく離れていましたので状況を調べて
来週早々にも出てみたいと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月17日 (火) 20時47分

五目漁師さん、無事で何よりです。
暑すぎて予定の写真が撮れずに困る、なんて言ってるから、冬の神が怒ったのかも・・・。
 
冗談はさておき、我が社の北海道支店の営業は、真冬の道東出張は命がけだとよく言います。
視界がまったく無い吹雪が起こり、車の中でじっとしているしかないことが年に1~2回あるそうで、
そんなときに車のエンジンが止まったら、凍死するしかない、と。
もちろん外に出るなんて自殺行為ですしね。
 
寒波で車が立ち往生したり、部落が孤立したりというニュースも今年は多かったのすが、
五目漁師さんもそのあおりをもろに受けた形ですね。
ただ、そこでめげていないのはさすが五目漁師さんです。
考えようによっては道東で避難所宿泊なんて貴重な体験ですし、後日の話題にはもってこいですもんね。

投稿: ぐっちゃん | 2015年2月17日 (火) 22時57分

ぐっちゃん、こんにちは。

ははっ! 神さんからしっぺ返しをくらいました。

バリや沖縄に遊びがてら行く羨ましい人がいるかと思えば
道東の支店で命を賭けて仕事をなさる方もいらっしゃるんですね。
ぐっちゃんにもその内にきっと順番が回って来ると思います。
その時にはいろいろアドバイスさせていただきますよ。

でも仰る通り、(不謹慎ですが)避難所に入った時には二人とも興味津々で
環境の良さや職員さんの応対に感心したり、
同じように避難してきた皆さんの気持ちの座りぶりやマナーの良さにも感心したりで
良い経験ができたと思っています。
暇に任せてこのことをネタにしてブログも書けましたし。

ただ、次のフライトは4日後まで予約できないというのには参りました。
結果的には2日遅延で済んで良かったです。

吹雪の中でレスキューを依頼した時の保険会社やJAFの職員さんの対応、
フライト予約の飛行機会社の職員さんの対応・・・
困り切った時に色んな人にに色んなお願いをしましたが、
それぞれの対応ぶりに人の心模様を感じました。

けしからんヤツがいたり、涙が出そうな対応をしてくれたりと。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月18日 (水) 12時14分

大変な目に遭われましたね。

奥さまと素手で雪を掻き出されたのですか!?

それは冷たかったでしょう。

寒さに弱い九州人は、軍手でも無理です^^;

やはりそんなときのデフロックなんですね。

今年はすごい寒波が来た割に前半順調すぎて拍子抜けでしたが、

やはり最後に来ましたか。それもまた旅の楽しみです、

御夫婦の結束が高まるのでは?

投稿: 飛竜丸 | 2015年2月18日 (水) 22時10分

飛竜丸さん、こんばんは。

ヨメサン、相当に身の危険を感じたんでしょうね。
自ら車から出てきて目も開けていられない吹雪の中で
雪をかいたり、車を押してくれたりでした。

一番の敗因は小型車の小径のタイヤとそれに伴う車高の低さですね。
飛竜丸さんの車や私が普段使っている車だったら平気だったと思います。

もう20日近くも海に出ていないことになります。
どうせ釣れない時期とは言え早く出たいです。

投稿: 五目漁師 | 2015年2月19日 (木) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/61144282

この記事へのトラックバック一覧です: 只今避難中:

« あったかホッカイロ | トップページ | 世の釣り師をギャフンと言わせてみることにした »