« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月27日 (金)

名コンビ

これは先の伊東釣行で準備した竿。

Cas151469s

釣行が決まれば狙いに合わせて
先ず竿とリールを準備する。

次にビシやペンチなどバケツに入れて持っていくガラクタ類、
そして夜遅くまで自分の部屋でしこしこできる仕掛け作りは
最後に回す。

行き先が決まった時点で、
というか寧ろ狙いがあって行き先を決めたにも関わらず
あれが駄目ならこれもやってみようとか、
あれが釣れ過ぎたらこれもやってみようとか
妄想をエスカレートさせているとなかなか竿が決まらない。

五目漁師の原点である五目釣りを確固として狙う時以外は
竿はできることなら2本までにしたい。
身の回りの整理が下手くそなので
ボートに多くの竿は持ち込みたくない。

最近はこの二本のセットが不動になってきた。

中深場や根魚、エギングを対象にしない限り
この二本があれば大概の釣りは気持よくこなせる。

新製品の登場で今は手に入らなくなった
潮流VJ20-240(いただき物)と
潮流VJ20-270の名コンビ。

錘釣りが好きではなく普段は3035号のビシを使う五目漁師。

胴調子でありながら流行りのヌターとしたフニャ竿ではなく
先細で結構腰が張って跳ねる感じが良い。

20-240は夢の天びんと3035号のビシとを合わせて
小アジからカイワリ、マダイまでなんでも来い、
2040cmクラスの魚ならびっくりするほどスムースに上がって来る。

一方の20-270はどちらかというと予備竿の位置づけであり、
置き竿でヒラメなどの泳がせ、
ロングハリスの鯛狙い、
それにビシ天を使ったコマセ釣りに使う。



さて、先日伊東で釣ったアジと
ボート店のオヤジさんから頂いた鯛などは
釣った日を含め3日でペロリ。

ウーウー・・・思い出せないのでアジのヨタロウと言ってしまい
ヨメサンに失笑をかってしまったナメロウとタタキを添えたにぎり。
鯛の昆布締めにぎりが美味い。

Cas151401s

鯛の潮汁。

Cas151420s

鯛のポワレビネガソース。

Cas151457s*魚で料理自慢、SHUEISHA


アジのサワーソースたっぷり香味野菜。

Cas151429s*魚で料理自慢、SHUEISHA


アジのタタキとナメロウの軍艦。

Cas151439s

カレイの唐揚げピリ辛中華ダレ。

Cas151417s_2*釣魚でつくるおいしい料理300選レシピ集、辰巳出版


東伊豆でいつも釣り物がないこの時期を楽しませてくれるアマダイが
今、絶不調と言われています。
明日は敢えて初めての網代でアマダイを狙ってみます。

オーシャン釣具店のオヤジさん、鯛は美味しくいただきました。
ありがとうございました。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

目の前であの鯛釣りが始まる

昨日(224日)は伊東に釣行。

こんな時期に釣れないのはわかっていながら
カイワリの23尾も釣れれば
と ご無沙汰しているオーシャン釣具店に出かけてみた。

前日に予約の電話を入れると
明日は店主のオヤジさんも出られるという。
これは楽しみだ。

オヤジさんが出た時には決まって鯛が釣れる、
それを見た他の釣り師(私もその内の一人)が
我もと出ると釣れない。
これがいつものパターンだ。

長年の釣りから
魚が釣れるかどうかは
食っけのある魚がそこにいるかどうか、
回って来た魚にたまたま巡り会うかどうかだけで、
あたり前の道具を使って、あたり前の釣りをすれば
竿やリール、仕掛けは勿論のこと
釣り師のそれぞれの釣り方や技量によるものなどたかがしれている。

そんなものはうんちくを述べるために必須であったり、
ある意味釣りを楽しむためには必要であろうが
実際に釣果に影響する部分は少ない
と 思っている五目漁師。

現に、回りの釣り師が釣れないのに自分は釣った。
そんな時には、
やったぜ!どうだ俺の釣りを見たか!
と有頂天になってしまうが、
その逆を直ぐに体験させられることになる。

話が脱線してしまったが、
オヤジさんの鯛釣りに話を戻すと、
これだけ何度も同じパターンが続くと
やっぱり何か違うのかなと考えさせられてしまう。
あまり人の話は聞かない五目漁師も
いろいろとオヤジさんの釣り方に耳を傾けながら
“あとから行くから頑張って!”
の言葉と共に7時過ぎに浜を離れた。

昨日の荒れ模様の影響か
いつもなら底の石が見える浅場はこんなに濁っている。

Dsxp151318s(沖はそれほどでもなかったし、浅場も帰る頃にはいつもの様に透明になっていた)


さて、23日前に良型のマアジが釣れ始めたと聞いているので
先ずはマアジ狙いで-35mポイントを目指す。

アンカリングを終え、竿をセットしたところで
朝飯だ。

Dsxp151319s

いや実はオヤジさんの奥様が
寒いから沖で食べて下さい
と店を出る際にチンしてくれた私の大好きなおこわ。
ご馳走様でした。

食べ終わってしばらくすると
手持ち竿の反対側に出していたロングハリス2本針仕掛けの竿が
お辞儀している。

なんだなんだ!
結構重たいがグイグイと引く感じではない、
しかしやがて上がってきたのは鈍重な引きの割には以外な
30cmを少し超えるマアジの2尾掛かり。
1尾は船べりでポットンしてしまう。

2尾掛りでは2尾が同期して引き込む訳ではなく、

寧ろ交代交代に引き込むと

余り変化のないヘビのような引きになることがよくある。

やれやれこれでボは逃れたものの、
その後は全く魚の気配がなくなってしまう。

9時過ぎに幸先こそ良かったこの場所を諦めて
-40mポイントに移動すると、
やがてオヤジさんもやってきた。

そしてあの鯛釣りが始まる

と言っても両サイドに置き竿をセットし
時折忙しそうにコマセを詰める姿を見掛けるも
基本はタバコを吸いながら後ろにもたれるように手をついて

待つスタイル。

時々、餌とられますか?
と私の方からお聞きすると、
なくならないよとニコニコ顔で返事が戻ってくる。

さすがに今日はそうは簡単には釣れないようだ。

昼前まで粘って見たものの二人とも全くアタリはなし、
駄目だねー、
そろそろここらへんでアタリが欲しんだけどなー
とオヤジさん。

この言葉を聞いて
私の方は少なくとも午前中早々にアジのアタリがあった
元の-35mポイントに戻ることにした。

状況に変化があった時には
お互いに連絡し合うことにしたのは言うまでもない。

-35mに戻ってしばらくすると再びマアジの2尾掛かり。

やっぱこっちの方がマシかな
と思った矢先にスマホが鳴る。

そっちの方はどう?
こっちはやっと今40cm強の鯛が来たよ!

とオヤジさん。

やっぱり。

どうしようかなー、またあそこまで戻ろうかな

Dsxp151321s遠くに見えるのがまた鯛を釣ったオヤジさん


すると、オット来た!
再移動かどうかを迷っている時に
今度はカイワリの2尾掛かりだ。
1尾は船べりでまたポットン。
真面目にやれ!

これで結局、最後までここで粘ることにした。

この日のアタリは全部で4回、
釣れた魚はアジが5尾にカイワリが1尾。

なんと全てのアタリが2尾掛かりだった。
アジとカイワリを一尾ずつ船べりでポットンしたので
4度のアタリ合計6尾。

渋い時には往々にしてよくある釣れ方だ。
お食事タイムでコマセに寄ってくるわけではなく
集団でどこかに移動する最中の出会い頭に
たまたま見えた餌に飛びついてくるのであろうか。
次の投入では群れが去っているのでアタリが続くことはない。

で、今日の釣果はこれ。

Cas151376sマアジは27~32cm


目標のカイワリ3尾はならなかったが、
少し春の兆しが見えてきた。

そしてこれはオヤジさんの釣果。

Cas151386s

やっぱり立派な鯛がいる。

双方のポイントの違いが明らかに出た釣果だった。
そしてお断りしきれずにまた頂いてしまった。

カイワリが1尾しかいないので楽しみにしていた漬け丼✕2とは行かず
漬け丼とアジ茶(出汁)漬の苦肉の策。

Cas151389sカイワリの漬け丼(ヨメサン用)

Cas151393sアジの出汁茶漬(五目漁師用)


アジは他に釣った日刺し身(写真なし)にもしてみたが、
これが特上にアジい。
丁度大津の小アジをそのまま大きくしたような
艷やかでありながらしっとりと甘い。

味の評価はそれぞれなので余りしないことにしているが、
今まで食った伊東のアジの中ではとびっきりに美味しいと感じた。




オヤジさんやっぱり鯛を釣りました。
タバコ吸わないと駄目かな。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2015年2月22日 (日)

世の釣り師をギャフンと言わせてみることにした

釣りブログなので
釣りに行かなきゃ当然記事のネタが切れてくる。

そこで今回は釣り魚料理で
世の釣り師をギャフンと言わせてみることにした。



五目漁師が真剣に料理をつくるとこんなもんだ。

どうだ!

参ったか!?



先ずは、ちょっと釣り魚以外にも食材を奮発して小鯛の小袖寿司など

Img00409s

お造りは鯛の重ね作りに中トロ(少し食べかけてしまったが)

Img00420s

そして、小鯛の三色焼き

Img00429s

必殺は福浦のアマダイ(グジ)の蕪蒸し

Img00435s





実は姪が京都で結婚式を挙げた。

最近は結婚式も様変わりし、
神主様や神父様による堅苦しい儀式などない
人前結婚式が流行っている。

仲人さんを立てることも少なくなり
ご本人達が面映ゆく感じながら聞く長~い挨拶もなくなったし、
勿論、この歳になると自分自身がスピーチをすることもない。

つまり新郎新婦の艶やかな姿にたまに見入りながら
都度パチパチと手をたたいたりすることを怠らない限り、
実は目の前のご馳走を楽しむことに集中すればよい。

次々に繰り出される料理の中でも
魚の料理が出てくると
ついついこんなふうに撮りたくなってしまう。


さて、北海道の撮影旅行をはさみ、
もう3週間以上も釣りからは遠ざかっている。

どっちみち、2月、3月は最も魚が釣れない時期ではあるが
そんな中、例年怪気炎を上げる福浦のアマダイも
ここに来て調子が低迷しているようだ。

唯一、調子が良いのは大津のアジにイシモチ、
それに釣ったアジによる泳がせスズキ。

知り合いも先日はアジ、イシモチの好漁で早上がりしている。

うーん、どこにしよう。
私が行ってもなかなか釣れないが大津かなぁ、
いや伊東のカイワリはどうだろう。

昨年は幸運にもカイワリ開幕のXデーに当たり
こんな好漁もあったが、時期までにはまだ2ヶ月もある。

Cas146355s(ザル径:60cm)


最近の釣果は良くて2尾、3尾といったところのようであるが
姿が全く見られないわけではない。

アジもいいが、
久しぶりにあのカイワリが無性に食べたくなってきた。

で、 長らくご無沙汰もしているし
天気が良さそうな明後日(24日)辺りに
久しぶりの伊東釣行を予定している。





いやいや手持ちの話題にも、文章を書く言葉にも貧弱なので
釣りがないと記事を書くのが難しいですね。
やっと無理して行を埋めましたがここまでです。


本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2015年2月15日 (日)

只今避難中

今回は旅行中ずっといい天気に恵まれた・・・
それで調子こいて、
どうせならここらで雪の中のオオワシでも撮ってみたいと思い、
そんな願いも叶った。

Img_5781s

Dsn_7074s

最後の夜になった斜里町のホテルの窓から外を眺めながら
名残惜しそうに今回の撮影旅行を振り返っていると
どんどんと天気が荒れ模様に豹変していく。

Cimg1320s

インターネットの天気予報でもTVのニュースでも
明日は暴風雪、
用事のない人は外に出ないようにとしきりに注意を喚起している。

ふむふむ、私達には帰るという用事がある。

あくる朝(本日)は朝食バイキングをたっぷりととって
さあ網走(女満別空港)に向けて出発だ!

しかし、うわっ!
思っていた以上にひどい。

これが本場の暴風雪だ。

Cimg1304s

前方は殆ど見えない、
いや全く見えない時にはしばらく車を止めて待つしかない。
頼りになるのは道路の端を示す矢印標識のみ。
積雪がどれくらいなのか、除雪はされているのかどうかなどは
地を這い、巻き上がる暴風雪のためただただ一面が吹き荒れる白い嵐の中。
路面どころか路面と両側に立った雪の壁との境目さえわからない。

そうこうしている内に、どうやら看板を見落とし
国道に出る道を誤ったらしい。

そしてやってしまった。
雪上スタック。

Cimg1331s

吹き溜まりの思いがけない深い雪に捕まり
車の腹に抱え込んでしまった雪のせいで駆動輪が空転する。
デフロックのない4駆なんてこうなるともはや何の意味もない。

吹雪の中、
ヨメサンと二人でタイヤの回りの雪をかいたり、
腹にたまった雪をかき出そうとするが素手では限界がある。

仕方がない。
とうとう非会員ではあるがJAFのお世話になることに。

40分位して目の前にでかい除雪車が現れる。

Cimg1339s

ついでに国道までの道案内もして頂いた、
サンキュー助かりました。

それにしても吹雪の中の約1時間半、
他の車が一台も来なかったことには驚いた。
地元の人達はさすがにこんなヤバイ道
(と言っても普段はきっとダンプがすれ違えるほどの立派な直線道路)
に迷い込んだりはしない。

結局、その頃には目的地に向かう国道も閉鎖、
自分たちが搭乗する飛行機も欠航が決定、
近くのホテルは全て満室。

で、斜里町の避難所(ゆめホール知床)にお世話になることになった。

Cimg1346s

今日は日曜日、職員さんたちが休日返上で
施設回りの除雪、部屋の案内、
毛布の貸し出しや、飲み物の準備など世話にあたってくれる。

なんとありがたいことか、
感謝感謝

自分の町では毎年高い税金を払ってはいても
一度も恩義を感じたことはないが、
こんなところで町民のお金を使ってしまい誠に申し訳ない。

ヨメサンとふるさと納税をやってみようと相談している。





便の欠航によって明日は満席、
予約ができずいつになったら帰られるのか目処がついていません。
10日間もこんな季節に道東にいるんだから仕方がないと思い
慌てずに待つことにします。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2015年2月10日 (火)

あったかホッカイロ


只今道東を撮影旅行中の五目漁師とそのヨメサン。


先ずは" 釣具の釣り人"
今やこのお店をのぞき込むと
今年も釧路にやって来たなー、
撮るぞ!撮るぞ!と力が入る。

Cimg1123s_2

釧路といえば丹頂。
冬の丹頂は昼間は各所の餌場に集まり
コマセ、いや雪の野原にばらまかれたトウモロコシなどをついばみ、
夕方になると塒に帰っていく。

その餌場でチラホラと雪が降り始めた中、
丹頂の夫婦が絆を深めるためにと言われる鳴き合いが響く。

Dsn_2307s

一番楽しいのは飛翔撮り。

Dsn_0567s

塒に戻る夕方の時合いを見計らってコースで待ち伏せる。

一番先に見つけたカメラマンの
キターッの掛け声とともに
バシャバシャと今度はシャッター音が鳴り響く。

釧路では一日鉄ちゃんもやってみた。
かってはトンネルに入る度に窓を下ろしたり上げたりしながら
毎日の通学で
SLに乗っていた五目漁師も
久しぶりに汽笛と共に吐き出される煙を見て大興奮。

Dsn_1169s

釧路滞在の中日には
ヨメサンの強い希望で帯広まで遠征し
昨年と同様エゾリス君にも会ってきた。

Dsn_0885s

さて、寒さは伊東や福浦とは比べものにならないからと
完全防備でやって来たものの、
なんと昨日の釧路の最低気温は2
暑い!

本来は圧雪路にタイヤをきしませながら
4駆スタッドレスのレンタカーを
勇ましく駆っているはずなのにこれは予想外。
バシャバシャとシャーベットの中を走行する。

Cimg1147s

そして根室に移動する山間部のこの素晴らしい道を見よ!

Cimg1156s

cmの積雪で交通マヒを起こしてしまうどこかの街とはわけが違う。
積雪の牧場ではキツネ君が
お気を付けてと余裕の挨拶までしてくれる。

Dsn_3049s

今日から三日間は根室に滞在する。
早速、お目当てのオオワシを撮る。

Dsn_4205s

Dsn_3667s

もともとオオワシを撮りたがったのはヨメサン。
この時は真剣さが違う。

Dsn_3848s

なんと今日一日で二人合わせて約
3000枚を撮ってしまった。


*:本文中の文字に大小がありますが意味はありません。
ココログブログたまに私には手に負えないバグがあり、修正できません。




今日で工程の半分が終わりました。

今年は天気に恵まれ順調に撮りまくっています。

帰ってからは釣りの合間に写真の整理。
昨年は2万枚程度撮ったでしょうか、約半年掛かりました。
“私暇なんで”の五目漁師ならではです。

本日もポチッと宜しくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2015年2月 1日 (日)

完ボに乾杯!

今日(21日)は福浦に釣行。

Dscf1307s

昨年からかれこれ7080匹は泳がせたと思われるアジを
今日はなんと中途半端な6尾だけもって
福浦のヒラメポイントを目指す。

到着するや否や近くの遊漁船から
でっかー!と歓声が上がる。

何やらハタのような魚が船頭さんの玉網に取り込まれた。

行けるぞ!
私にも来るに違いない。

しかし、初めてのポイントで方向感覚がつかめず
風に翻弄される五目漁師。

なかなかうまく行かないが
根周りを中心にくまなく流して行く。

Screen010s

しかし、一向にアタリはない。
それどころか、険しい根につかまり
どんどんと貴重なアジを消耗していく。

アタリは5匹目のアジに一度あったのみ。
コツコツの後グングングイーン
と比較的あっさりと引き込んだので
オリャーとシャクリ上げたが不発。

上がってきたアジの頭が少しかじられていたので
ヒラメではなくアオリイカだったようだ。

褌? いや渾身の願いを込めて投入した最後のアジは
またもや根にとられてあっさりとさようなら。

根に繁茂する海藻の背が高く、
底から1m程度を泳がせようとすると
どうしてもアジを絡ませてしまう。
難しいポイントだ。

その後は場所を移動し
こんな時のためにと持ってきたエギング竿で
アオリイカを狙ってみるも反応はなし。

-45m-25mをシャクってみたが
どこにいるのか見当がつかず狙いが定まらない。



ちっちゃい魚など面倒だ!
自宅では只今恒例の道東旅行に向けて準備の最中。

ちっちゃい魚など釣って料理したり、
生ゴミを出すのはうっとうしいだけだ!

今釣りたいのは
60cm超えのヒラメオンリー、
他には何もいらねー。

クーラボックスをちっちゃい魚で汚すくらいなら空が良い。

Dscf1311s

この氷前回の準完ボで解けなかったため
魚のために空けてあった冷凍庫のスペースで保存していたもの。
今回もまだまだ原型を留めているので
やっぱり冷凍庫行きでもう一度使える。

洗わずに乾かせば良いだけの美しい釣りだ。

Dscf1315s

みかんはボート屋のオヤジさんに頂いた今回唯一の獲物
オジサンありがとう。

で、今晩は焼きそばで完ボに乾杯!

Cimg1116s





書きたくない完ボ記事ですが、
料理がないと本当に楽ちん。
久しぶりに、釣った日に記事も完了。

しばらく、釣を離れます。
次はやっぱり美味しい刺身が食べたいですね(本心)。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »