« ご馳走様でした | トップページ | 今年の釣りを振り返る »

2014年12月22日 (月)

五目漁師イクラ丼に走る

数年前から年に一度ヨメサンと一緒に
北海道の撮影旅行に出かけている。

最近は行き先を道東に絞って
丹頂やオオワシを撮ることが多いが、
今回はわけがあって娘夫婦が招待してくれた
グルメと温泉が主体の
おおよそ五目漁師には似合わない函館旅行。

カメラはコンパクトデジカメしか持って来なかったので
日本三大夜景の一つとして名高い函館山からの夜景も
こんな感じが精一杯。

Cas14a0453sそれでも最近のコンパクトデジカメは凄い。
デジタル処理のお陰で一眼レフでは三脚が必須のこんな写真も手持ちで
OK


ところでこの夜景、
私の記憶の中ではもう何度も見たような気がしていたが
どうやら本物を見るのは初めてだったらしい。

函館に来たことはあるの?

少なくとも一度は来たことがあるよ!

と言い張っていたが、
明くる日、街の中を走りながら
本当に何度も来ている娘とヨメサンに問い詰められると
どうも街並みの記憶が一切ないことが判明し、
私がこの街に来たのは初めてということになってしまった。

うーん本当かな? 残念。

いい加減な、いやボケが始まっている五目漁師。

フグヮフグヮと娘の案内を半分の1.5倍くらいは聞き流し
ここまでついて来たが
夜になるとホテル近くの海辺では
函館の姉妹都市であるカナダの街から
海を渡って運んで来たという
巨大なモミの木を仕立てたクリスマスツリーの点灯式があったり

Dvc00229s

花火が上がったりと
結構賑やかなイベントが始まる。

ここは赤レンガ倉庫が立ち並ぶだけあって
続々と年に一度のサンタさんも引っ張りだされてくる。

Cas14a0505ssサンタや着ぐるみがいっぱいの異様な風景に逃げ惑う孫、
記念写真を撮ろうと押さえつけるヨメサン。




さて、目的が目的なだけに着いた日から
胃袋にはかなりの負担をさせてしまった。

温泉に浸かったくらいでは
ポコっと張り出した腹は凹まないというのに
翌朝からいよいよグルメが本格スタートする。

食いしん坊の娘が選んだだけあって
朝食の人気が日本一に輝いたというホテルのバイキング。

なんと朝からイクラのかけ放題には
函館ならではの海鮮丼用に並べられた
他の新鮮なイカや生シャケなどには目もくれずに
イクラ丼に走る。

貧乏性の五目漁師は
一日目に盛ったイクラ丼には
飯粒がところどころに見えていたのを反省し
二日目には見事な丼を完成させた。

Splg140325s

で、お腹を抱えながらも
五目漁師の楽しみは実はこんなグルメでも函館山でも五稜郭でもない
ここ。

Cas14a0530s

函館市内から大沼公園方面に少し走ったところに
ひっそりと佇む昆布館。

店内には北海道各地の昆布や
昆布の佃煮、昆布のお茶にお菓子などがずらっと並ぶ。

Cas14a0538s

Cas14a0539s

昆布はお腹に入ってから
更に数倍に膨張するために
試食はごくごく控えめにと言い聞かせながら
各コーナーに置かれたプラスティックケースの蓋を
パッコンパッコンと開けながら店内を何周もする。

ガラスで仕切られた工場内では
板状の昆布からとろろ昆布を削り出すところを見せてくれる。

Cas14a0533s

おばちゃんの手元の早いこと早いこと。
誰も急かしているわけではなし、
そんなに急がなくってもいいのに、
日本人って本当に真面目なんだから。

さて、我が家では最近アマダイや鯛などの昆布締めが超お気に入り。
昨年羅臼で買った昆布が
先日底をついてしまったため、
とらぬアマダイの昆布締め算用。

年末に釣ってくるはずの福浦のアマダイを
正月にはおもいっきり昆布で締めてやろうと
今回買った昆布がこれ。

Cas14a0568s

いよいよ今年も余す所10日弱になってしまった。
今年最後の釣りは昆布締め確保の福浦で締めることになりそう。




極寒の撮影、真冬のボート釣り・・・
我慢大会ばかりしていないでたまにはこんなゆるゆるの旅行もいいですね。
本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« ご馳走様でした | トップページ | 今年の釣りを振り返る »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

あれ?今年は撮影旅行早いですねと思っていたら、グルメ旅行でしたか?
いいですねーー。北海道はあこがれの土地、まだ一度も行ったことがないところです。
そういえば他にも沖縄、四国も行ってませんが・・・。(笑)

イクラ丼、うまそーーです。

定年になったら豪華フェリーで北海道に行ってみようなんて、家内と前から話していたのですが、
最近バラに夢中の家内、「ハウステンボスいいわねーー。」

ええ?北海道ではないの?

やっぱ、夢の北海道で終わるかもしれません。(笑)

投稿: ume | 2014年12月22日 (月) 17時32分

いくら丼は良いですね、旨そう。
美味しいいくらを腹いっぱい食べたいですが、
高血圧の私には、禁止食材の一つで残念ながら、食べられません。

しかし、昆布は沢山食べても大丈夫なので、昆布水や酒蒸しなどで沢山食べてます。
日高昆布も羅臼昆布もどちらも道東の名産ですね。
良い買い物をしましたね。

投稿: 釣吉 | 2014年12月22日 (月) 18時46分

umeさん、こんばんは。

いつもの撮影旅行はまた別です。
今年は1月にしようか、2月にしようかと迷っているところです。

北海道に行かれたことがないとは残念ですね。
仕事に少し暇ができたようでしたら団体行動とかではなく
是非自分達の足で行ってみられることをお勧めします。

景色、食い物、動物(人も) いいですよ。

沖縄も四国も長崎もいいですが
私にとっては毎年行ってみたいところにはなりませんでした。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月22日 (月) 20時00分

釣吉さん、こんばんは。

私は今週末が健康診断ですが
お陰様で血圧の問題は今まではありません。

昆布も産地によって全然違いますね。
いかにも昆布のエッセンスが魚に乗り移りそうなやつとか
わりとさらっとしているやつとか
どれが昆布締めに良いのかよくわかりませんが
昆布によって締める時間も変わってくるのでしょうね。

何種類か試してみたいと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月22日 (月) 20時15分

こんばんは。

ん~!北海道にグルメ旅ですか?裏山です。
私が北海道に行った時は、金なし・暇アリの夜行列車の旅でした。

それでも良い旅でした。
札幌近くの河口で(良く覚えてない(笑))、カレイを釣らせてもらったり、
北の果ての礼文まで行ったり、、、。

決めた、定年になったら、もう一回行きます。
今度は私もいくら丼食うべし(笑)!

投稿: 腰痛持ち | 2014年12月22日 (月) 22時26分

イクラ丼…函館の夜景より破壊力がありますね((o(^∇^)o))
羨ましい!
五目漁師さんが函館と聞いたときは爆弾低気圧で足止めをされたかと思いましたが、ご息女の招待でしたか♪
昆布は北海道の名産で水産試験場などが各地で成長具合を研究しております。
分厚いのが特徴で、鍋や昆布巻きによく合います。昆布〆には私は、個人的には大津の早煮昆布の方が味が入りやすくて好みです…田舎の両親に怒られそう(^_^;)

次回は甘鯛ですね。福浦歴20年以上の五目漁師さんの真っ赤な釣果を期待しております\(^_^)/

投稿: AP | 2014年12月23日 (火) 07時23分

腰痛持ちさん、おはようございます。

函館の裏山、超難度の寒さでした。
あれじゃ釣り諦めですね。

もうすぐ札幌まで新幹線ですから夜行列車の記憶は貴重ですよ。

腰痛持ちさんなら、定年後は河口でシャケ釣ってイクラ丼。
シーズンになるとイクラでも釣れます。
可哀想にオスはぼてっと河原に放られてます。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月23日 (火) 08時15分

APさん、おはようございます。

ははっ、腹が減っている時には確かに三大夜景もイクラの前には歯がたたないですね。

低気圧の中心はオホーツク海でしたから函館は積雪も殆ど無かったです。

なるほど地元の大津にも昆布があったんですね。
早煮昆布も使ってみましたがむしろそのまま食べてしまうのには適していますが
羅臼の昆布のように果てしなく昆布エッセンスがにじみ出てくる感じはしなかったですね。

年内に福浦の前に大津を予定していましたが
日にちが押し迫りだんだん難しくなってきました。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月23日 (火) 09時21分

こんにちは。

函館旅行に行ってらしたんですね。
夜景もいいですがやっぱりグルメにはかないません。
お昼を前にイクラ丼が無性に食べたくなりました。

コンブと言えば原発事故で利尻昆布を買いだめしたのを思い出しました。
上質な出汁がでるのですが我が家では高級すぎて敬遠されてます(笑)
種類によって味が違う、今度食べ比べてみようと思いました。

投稿: buru | 2014年12月23日 (火) 11時50分

五目漁師さん、こんにちは。

娘さんご夫婦が函館旅行を企画してくれるのは
五目漁師さんご夫婦の育児・教育の賜物だと思いますよ。

私のように家族ほったらかしで釣りや他の趣味に高じ、かつ酒飲みだと
良くて近所の飲み屋か上州屋のギフト券でしょうね。
これまた自業自得で致し方ないです。

週末土日は伊東・大津に連釣したので、
さすがの私も今日は家族サービスに専念しております。

それにしても伊東は早々に冬の海状態、
対する大津は水温は低いのに相変わらずのアジ・イシモチ爆釣ぶりで
東京湾の資質の高さに今更ながら驚いています。

それでは、また。

投稿: flex-p | 2014年12月23日 (火) 13時03分

函館からお帰りなさい。
私も福島から帰って来ました。

函館には2回行ってますが、函館観光した事はありません。
函館は、北海道の玄関としての利用で、そこに立つと「今から北海道を(バイクで)走るぞ!」の志気が高まった事だけを覚えています。
1983年、九州から1920km32時間走り続けて青森港へ
そして渡った函館の異郷の地、物凄く懐かしい場所です。

歳をとって落ち着いたら、五目さんの様にゆっくり観光したいです、きっと自腹ですが。(^^;

昆布は本当に味が違いますね。
私も始めて北海道に行った時に日高昆布をお土産に買いましたが、まずその値段の高さ、そしてたかが昆布なのに、その味が普通昆布として食べているものとは全く違う事に驚きました。

その昆布で作る、アマダイの昆布しめ
これは美味しいに決まっていますので、昆布に負けないアマダイを釣って来て下さいね。

年内、もう福浦に行く時間はありませんので、新年またご一緒させて下さい。

投稿: anan | 2014年12月23日 (火) 14時10分

buruさん、こんばんは。

イクラもイクラ旨いからといってもイクラでも食べられるわけではないですね。
これだけ食ったらもう十分です。

利尻昆布や羅臼昆布は形がしっかりしていて厚みがありますね。
地元に行けば水揚げした昆布をわんさかと砂利の上で天日干ししていますが
こんな高い商品になるとは思えないです。

アマダイの昆布締め美味しいですよ。
是非!

投稿: 五目漁師 | 2014年12月23日 (火) 19時12分

flex-pさん、こんばんは。

いやいやこれだけ毎週釣りに出掛けられるflex-pさんなら、
上州屋のギフト券がピッタリですよ。

伊東のアマダイまでは知っていますが、その後直ぐに大津だったんですか?
私はずいぶん前から大津大津と騒いでいますがどうやら今年は危なくなってきました。

少しアジの食いが停滞しているのかなと思っていましたが
釣れているんでしょうか?
今日あたりが天候的にはチャンスだったんですが、祭日ということで
躊躇してしまいました。

29日以降に福浦を予定していますのでもしご都合が合いましたら
いかがでしょうか。
日にちが決まれば取り敢えずメールでご連絡します。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月23日 (火) 19時29分

ananさん、こんばんは。

1983年ananさんが血気盛んな二十歳の頃ですね。
私が自転車で九州まで1500kを走った年頃です。

別に歳食って落ち着くのを待たなくとも北海道はいいですよ。
単なるグルメや温泉旅行が物足りないなら
クマが出そうなところでキャンプしながらとかananさん向きじゃないでしょうか?

いくら昆布が旨くてもブリじゃ無理ですから諦めて福浦にしましょう。
アマダイの昆布締めは最高ですよ。
ブリは欲しい分だけ近くのスーパーで買えばいいですよ。
逆に切り身で釣れてくるんだったらブリ狙いお付き合いしてもいいですが。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月23日 (火) 19時46分

おはようございます。

皆さんもおっしゃっていますが、やはりイクラ丼ですね。
イクラかけ放題・・・いいなあ。
今日はイクラ買ってきて、醤油漬けでも作ろうかな。

ウチも昆布しめ、最近人気です。
昆布の味が濃すぎず、薄すぎず、ちょうどよいタイミングがちょっと難しいですが、まず白身の魚には、よくあいますね。

昔は昆布はたいして好きでは全然なかったのですが、釣りをするようになってから、昆布の旨さに目覚めました。
乾いた状態でも美味しいし。(ちょっとしょっぱいけど。)

北海道の旨いモノ、いいです。

投稿: 芋焼酎 | 2014年12月24日 (水) 06時39分

芋焼酎さん、こんばんは。

昆布締めは数時間とか一晩とかと言われますが
どうも昆布の種類によって違うようですね。

濃厚な羅臼昆布などは2時間~3時間位が良いと思います。
一晩も置くと堅いガムのようになってしまいます。

わさびで醤油で食っても旨いですし、
ゆずともよく合います。
芋焼酎さんが得意な握りもいいですね。

我が家ではアマダイを筆頭にヒラメ、鯛ってところですかね。

投稿: 五目漁師 | 2014年12月24日 (水) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/60848702

この記事へのトラックバック一覧です: 五目漁師イクラ丼に走る:

« ご馳走様でした | トップページ | 今年の釣りを振り返る »