« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月29日 (土)

今日は束釣りしてやる。しかし・・・

昨日(1128日)は大津に釣行。

小アジが入ってきたとの朗報を聞きつけ、
今日は束釣りしてやる。

背に腹は代えられない、
好きでないサビキ仕掛け(但し自作の吹き流しサビキ)も準備した。

Cas14a0205s

状況によってはステンカンを使うために手釣り用の渋糸も準備した。

Cas14a0199s

唐辛子も準備した。

Cas14a0203s醤油漬けにしておくと一年位は保存できる。


本年初冬から楽しみしていたアジの南蛮漬けがこれでできる。

本日いらっしゃることを知った大津の主、釣りきち先生のブログから
“今回狙ってみたいポイント”もコピーした。

Cas14a0201s

腕まくりもしたしあとは釣るのみ。

もちろん朝は一番乗り、
平日というのに5時半に着いてしまい、
夜明けを待っていると

オヤ?  やってきたのは
若いのにオジン並に釣り経験が(も)豊富な世妃亜さんではないか。

どうやら、本日急遽海に出る作戦を練ってみたものの
失敗したのでせめてこの釣り日和の海だけでも見て
悔しさに浸ろうとやってきたらしい。

あっ!そう言えば今日は平日ですね、
皆さんお仕事なんですね。

と五目漁師はちょいと突っつくことは忘れない。

世妃亜氏、“私なんかまだまだ働き盛りなんでバリバリやらないと”
(一瞬真面目にこんな風に反論してくれるのが素晴らしいし心強く思う)

そうこうしている内に、今度はあのハスラーがやってくる。
ブログの釣行予告で知ってはいたが、
また釣りきち先生と一緒に釣りができる。

娘さんが皆さんにと持ってきてくれたという
おみやげのかりんとうを頂く。



-さて、折角先日ブログ用にカメラを買ったのに
本日は海上で写真を一枚も撮っていない、
釣果も寂しかったので記事が書けない。
しかし、前書きで引っ張るのもこれが限度かな・・・-


本文に戻り、


取り敢えず朝一は富士山根を目指す。
女将さんに聞いてもアジはここが調子いいと言うし、
前回は自身でも難なく型の良いアジを釣っている、
それに航路ブイの隣なので場所もわかりやすい。

アンカリングも決まり、準備をしていると
少し遅れて出て来られた釣りきち先生が、
“五目さん富士山ならもう一つ先のブイですよ!”
とご自分も本当の富士山根を目指して通り過ぎて行く。

どうやらブイ間違い。

もう大津も今回で確か五回目になる。
わかったつもりでいたのにこんなものか。
ようやくボートが落ち着きかけていたのに
アンカーを上げて後を追う。

富士山根周辺では先生が五目さん、
“ご期待の南蛮漬けサイズですよ!”
とほんの一時の時合いで釣り上げた小アジを見せてくれたものの、
今日はどうやら激シブのようだ。

やがて皆さん諦めて武山、中根方面に散っていく。

私もここで10尾程を釣ったものの
全くアタリが無くなったので武山方面に移動する。

ここでは幸先よく最初に数尾を釣り上げたが、
やがてワカサギのような小イワシが釣れ始める。
周囲を見渡してみても皆さんイワシの鯉のぼり。

私のように吹き流し仕掛けを使っていると
イワシが掛かる度に仕掛けはぐちゃぐちゃになってしまう。
こりゃたまらん。

丁度中根の方からやってこられた先生に様子をお伺いすると
まだ10尾足らずです とお手上げ状態。

先生がこれではなぁ~。
そこで私は再度富士山方面に移動。
先生は武山根の周辺に移動。

後になって思えば五目漁師にとってはこの移動が運の尽き。
富士山根では結局アジの時合いはなく一尾も釣らずに
再び2時近くになって武山周辺に戻ってくる。

先生どうですか? と再び調子をお伺いすると、

なんと、昼からはここで入れ食い、
3040は上がりましたよ! とのお返事。

私も慌てて横に付けさせて頂いたが時既に遅し。

もう終わったかな。
しばらくすると先生は餌もなくなったので
と意気揚々と引き上げられた。

未だ一時間ある。
なんとか釣りたい。
餌はタップリと余っている。
海上が寂しくなる最後の最後まで粘ってみたが
時合いが去ったポイントでたまに掛かるのは
イシモチや海底のロープ。

束釣り予定の今日は寂しい釣果はなってしまった。

Cas14a0174s富士山根に戻る途中、
先生が狙ってみたいポイントの星印を付けていた海苔だな2枚目と3枚目近辺では
もっと小さいのも含めメバルが入れ食いだった。





フカフカのフライ

Cas14a0184s_2

五目漁師は嫌でも釣れて来るサバは釣果写真には入れないことにしているが
珍しく持ち帰ったマサバを竜田揚げに。

Cas14a0186s

そして、数少ないアジから小型を選んで作った待望の南蛮漬け

Cas14a0195s





時合いはあれど。アジはどこででも釣れると思っていました。
難しいですね。今年中にリベンジです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

これで釣果倍増??? 

先日ある先から少し古い型の魚探を譲って頂いた。

今までに何度か欲しいと思ったことはあるが、
私がもし持ったとしても、

海上をウロウロする時間が長くはなっても

結果的に釣果が良くなるわけではないだろうな、

毎回の取り付け/取り外しは面倒だし、

バッテリーは要るし、

荷物が確実に一つ増えるため
車からボートまでの一往復が二往復になってしまうことは間違いがない、

油壺や福浦のあの坂道を考えると・・・

と勿論やせ我慢含みではあるが
持つには至らなかった。

でも折角頂いたもの、
使ってみない手はない。

でこんな物を作って見た。

Cas14a0153s

五目漁師が愛用する竿受けは
かって記事でも紹介したことがあるこれ。

Cas14a0167s

人気の受太郎などに比べると
しっかりと取り付けられるし、
今回たまたまではあったが加工がし易いのも良い。

で、もともと一つはボートに付けるこの竿受けを利用し
こんな風に取り付ける。

Cas14a0144s

これならボートへの別の取り付け金具も要らないし
余分に場所をとることもない。

竿受けを設置したままで
取り付け/取り外しが簡単にできるようにも考慮した。

Cas14a0145a

少しボートに対して横方向の強度が弱そうではあるが
取り敢えずこれで一度お試しに使ってみよう。





で、先のスミイカとカワハギを握りと天ぷらに。

Cas14a0049sカワハギは昆布締めが美味い

Cas14a0056s

丁度娘と孫が遊びに来ていたので、
少し多めに作ってみたが
ぺろ。

 

そりゃ釣れないと面白くはないですが、
釣りってたくさん釣るのが目的ではないですからね。
釣りの楽しみが一つ減ってしまうのではと心配もしています。
まあ、取り敢えず使ってみます。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

名人の鯛ラバを錘代わりに、ごめんなさい。

昨日(1122日)は福浦に釣行。

Dsxp141129s

年初からシーズンになれば
久しぶりにカワハギを狙ってみようと予定していた。

福浦のカワハギは数も出るし、型も良い。
というのが10数年前には釣行の度に
まとまったカワハギを釣っていた私のイメージ。
で、そのイメージで当然今日はクーラーボックスが
そこそこ満たされると思っている。

これが五目漁師のカワハギ釣りの餌。

Dsxp141125s

瞬殺のエサ盗り名人(魚)に
手返しよくさっさと勝負を挑んでいくためには
アサリよりもこれが良い。
(本当は餌代が高くつくし、付けるのが面倒だから)

冷凍のブロックオキアミが解けてくるのを待つ間
エギをシャクってアオリイカを狙ってみるが音沙汰はなし。

Dsxp141130s

さて、40、50分後にポイントを移動しカワハギ釣りを開始する。

実は私がカワハギ釣りに行くことを知った
九州の鯛ラバ釣師、飛竜丸さんから昨日電話を頂いた。

飛竜丸さんからは一昨年、昨年と自作の鯛ラバを頂いている。
折角の鯛ラバなのに、たまに中途半端に使ってみるのみで
なかなか釣果が出ないのを見かねて、
“カワハギ釣りの錘の代わりに使って見て下さい”
との電話であった。

そんな、名人が手塩にかけた鯛ラバを
錘代わりに使うなんてとんでもない
と電話では応対したものの、
ふむふむなかなか優れた考えではないか。
間違ってヒラメでも食い付いてくれれば儲けもの。
やってみることにした。
(飛竜丸さんごめんなさい)

Photo

そう言えば、私は使わないが
カワハギ釣りでは胴突き仕掛けの上に
キラキラと光る集魚板を付けているのをよく見かける。
胴突き仕掛けの上下の違いはあるが、
カワハギがこの鯛ラバ錘に集まってくることはあっても
逃げることはないはず。
地味なカワハギ仕掛けが一気に華やかになり楽しくなってくる。

・・・

しかし釣れない。
小型が多いのであろうか、
全くアタリがないのに着底と同時に餌はなくなっているようだ。

転々と小移動を繰り返すも9時過ぎまで粘って
たったの2尾とは情けない。

ここでカワハギは諦めて
根魚の実績があるCポイントに移動し、
竿も専用竿に交換して真面目に鯛ラバをやってみることにする。
と言っても、狙いは鯛ではなくオニカサゴにハタ。

しかし、2投目にガリッと一度アタックがあったきり反応がない。

ここはエリアが狭いので何度も同じ所を行ったり来たりする。
一旦バレバレになってしまうともう駄目なのかも・・・
こんな時にはやっぱりじっくりと実餌をちらつかせた方が良いかな?
と再び竿を元のに戻して
今度はオニカサゴ仕掛けにサバタンを付けて誘ってみる。
すると頻繁にアタリがある。

おや、何か来た。
海底のゴミでも上げてくるようにずっしりと重い。
やがてあがってきたのは五目漁師が大好きなこいつ。
ゆうに2mは超えている。

Dsxp141154s

オールに巻き付いて上がってきたらどうしよう。
クワバラクワバラ、もう退散するしかない。

さて困った、
仕方なくもう一度朝方のカワハギポイントに戻り
なんとか2尾を追釣する。
朝に比べると少し活性は上がっているようだ。

しかしこの釣り場は1時で終了、もう時間がない。
このまま釣っていてもせいぜい束止まり、
ここは一打逆転のアオリイカに賭けてみよう。
と再び隣のポイントでエギシャクリを始める。

すると、来たー!スミイカだ。

Dsxp141162s

こうなれば欲が出る。
あと1パイ欲しい。
海面でスミを吐かす間もなく
慌てて掴んでビニール袋に入れようとすると

ブシー!

Dsxp141159s

オヤジさんごめんなさい。
あとで掃除はしますから。
戦場の整理もそこそこに急いでボートを漕ぎ戻しエギを入れる。
そして時間間際になんとかもう1パイ。

で、今日の釣果、目的のカワハギは小型が4尾。

Dsxp141169s

スミイカ2ハイでなんとか格好はついた。

Cas149994sスミイカ(930g他)、カワハギ(23cm他)



追記:今日はとにかく水が澄み切っていた。
落ちていく仕掛けが15m位までも下に見えている。
これはいつも見えたことのないCポイントに張られたロープ。
(先日買った防水カメラを差し入れて撮ってみた)

Dsxp141140s

よく仕掛けが引っかかるとは思っていたが
こんなところで釣っていたのかと今更ながら怖くなってくる。



イカのスミで船を汚してしまった。
沖あがりの前だったので浜に上がってから少し洗おうとすると、
そのままでいいの!これがイカが釣れるという宣伝になるんだから。
私はボートは洗わないの!
とオヤジさん。
確かに、オキアミ臭のボートはいただけないが、スミならイカの証明になるね。
私にとっても都合がいいので変に納得してしまう。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

にほんブログ村

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

時合いは東の空が白み始めた直後

五目漁師はOkkakefujiというハンドルネームで
富士山の写真を撮っている。

釣りと富士山撮影、
両者の共通点は活動のスタートが早朝であることぐらい。

浜や波止で釣りをやっていた頃は
ヨメサンを同伴することもあったが
波を見ただけで船酔い気分になってしまう彼女を
ボートに乗せるわけにはいかない。

対する富士山の撮影は
私にとっては二人で楽しめる趣味として大切にしている。

昨晩は9時過ぎに自宅を出発、
塩尻市の高ボッチ高原(標高約1600m)にやってきた。

諏訪湖の周りに広がる街の夜景を前景に
運が良ければ早朝には富士山が遠望できる。

時合いは東の空が白み始めた直後.、

街の灯りがまだ元気な内に目を凝らすと
やっとそのシルエットが確認できる頃から十数分間。

11月に入り気温が下がり空気が澄んでこないと
100kmも先の富士山を望むことはなかなかできないし、
その月末には高原にアクセスする車道が積雪で閉鎖されることが多いため
撮影チャンスは今しかない。

昨年は2回トライしたが
2回とも不発に終わった。

そして、今朝、平凡ではあるがなんとか撮った。

Dsn_9867s

明日の朝、再トライするために昼間は麓の健康ランドで待機する。
今、お湯に浸かりながら明日の富士山と週末の釣りを交互にイメージしてる。

Img00267s高ボッチ麓の健康ランド


Cimg9985sお湯に浸かって、食事して明朝の撮影時合いを待つ


で、先日の貧果は握り

Cimg9963s

とアクアパッツァでもう売り切れ。

Cimg9967s

直近の金曜日には海の状況次第で福浦か大津辺りを予定してる。




高ボッチ高原の早朝は氷点下10度以下。
下山後の温泉が楽しみで撮っているよなものです。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

嬉しい秋の勲章

昨日(1115日)は伊東に釣行。

あっちにも行きたい、こっちにも行きたい。
あれも釣りたい、これも釣りたい。

にもかかわらず、
今日よりも明日の方がもっと天気が良さそうだ、
潮回りももっと良くなりそうだ

なんて選り好みしていると、
あちゃ~、
いつの間にか天気も都合も負のシンドロームに入ってしまい
11月も半ばになってしまった。

一方で、
天気や海況などは安全さえ確保できれば二の次、
今日しかない
と家族の行事や仕事の合間を何とか工面して出掛ける
釣○○師には結局先を越されてしまう。

今日が駄目なら明日があるさ
と腕まくりしながら海を見つめる五目漁師と

今日しかない
とねじり鉢巻で飛び出す釣師の心意気の差であろうか。

世の中うまく回っている。
暇でできること
なんて所詮こんなもの。

で、今日は
平日は昼夜を問わず仕事に身を捧げ(?)、
週末は週末で常人から見る限り
方向感覚も距離感覚も狂ってしまった荒馬の様に
列島を駆け巡る(本当に信じられない)aさんが
10日も前に自分が釣りに行けるのはこの日しかない
と決め打ちしてくれた日取り、
そこにA(ラージa)さんも呼応して
久しぶりに3人で伊東にやってきた。

ここ数日、強い西風が吹いているが
伊豆半島の風裏に位置する伊東のローカルな風予報では
今日は手漕ぎボートが海に出られるかどうかの瀬戸際といったところ。

“私暇なんで”
が口癖の私ならこんな日は決して選ばない。

案の定、現地に着くと
オーシャン釣具店の“えさ”と書かれたのぼり旗が
バタバタと千切れそうにはためいている。

こりゃ駄目か、やっぱりな!
と車から出ると
既に到着していたAさんが
“五目さんハイハイこれ!少し早いですが“
と大層なものを抱えてやってくる。

Merry Christmas
書かれた勲章だ。

Cas149933s

どこかの年末売り出しで当たった景品でもくれるのかと、
えっ私こんなもの使わないですよと言いながら、
でも折角だから頂くことにしようと無造作に車の中に放り込んだ
Aさん大変失礼しました)。

そこにaさんがやってきて
五目さん中身を見た方がいいですよ!
と声を掛けてくれる。

なにっ!、中に何か入っているの?

恐る恐る開けて見ると
ギャッ! 欲しかったあの・・・が、

同時にaさんからも
年甲斐もなくこの一年よく釣りましたねとこれまた勲章を頂く。

Cas149939s

何とaさんの手には先日釣具屋でこれ欲しいんだけどなー
と五目漁師が手に汗して握りしめていたあれが。

うーー なんてことだ。
今日は伊東の海を私の嬉し涙でもっとしょっぱくしてやるぞ!
でもこの風じゃな~。

とりあえずお店の中で
奥様が出してくれたお茶をいただきながら風待ちをしていると、
今度はオヤジさんが○○さん、
“これ使ってみてよ”
と またまたびっくりのプレゼント。

Cas149943s

今日は一体どうなっているの、
うーー、  もう一度
伊東の海を私の嬉し涙でもっとしょっぱくしてやるぞ!
でもこの風じゃなぁ~

すると風の神様に聞こえてしまったのか、
だったらやってみろよ!
と みるみる内に風が静まった。

その後10分間様子を見てオヤジさんのGoサイン。
さあっ! 出発だ!
皆さん沖に出て行く。

Dsxp141118s

我々3名はお互いに
敢えて別のポイントに散らばり様子を連絡し合うことにした。

しかし沖に出ると直ぐに風が強まってくる。
今度は山を越えて叩きつけてくる予報どおりの南西の風だ。
どうやらあの静けさは風の方向の変わり目だったようだ。

沖に吹き出すこんな風が吹いていれば
オヤジさんも出してはくれなかっただろうな。
でもこんな時には慌ててアンカーを揚げずに待機しているのが一番。
しっかりと効いてくれるアンカーがとても心強い。
周囲の釣師も知らんぷりして釣りを続ける。

昼過ぎから風もおさまりぽかぽか陽気の釣り日和になってくれた。

さて、陸上での釣果の話が長くなったところで
肝心の海上の釣果と言えば、
いつも通り一投目に小型のイトヨリ、
そして直ぐにこれ、

Dsxp141119s

今日は調子がよいかもと思ったのも束の間、
以後はフグにサバがたまに掛かってくる程度。

久しぶりに持参した活きアジの泳がせは
フグにハリスを切られたかと思えば
数時間も元気に泳ぎ続けたまま
と全く魚の活性が低かった。

少し岸寄りに移動すると真っ赤なヘビ、イッテンアカタチが掛かってきた。
冬の魚がいない静かな海でよく掛かってくる気持ち悪い魚のイメージ。

手を差し入れた海面の水温は暖かく感じたが
ここ数日の荒れ模様の中で
底潮の温度は結構下がってしまったのかも知れない。
沖の深場の方が多少なりとも良かった気がする。

で 本日の釣果はザルには乗り切らない先の勲章

Cas149947s(ザル径:39cm)


他にこの貧果。

Cas149926s





a
さん、Aさん、そしてオヤジさん、奥様
今日はありがとうございました。

お互いに年齢も、普段の生活環境も違うのに
そんなこと気にせずに楽しめる趣味っていいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

小船800を分解修理する

このリール、4PE200m巻き
中深場のオニカサゴ釣りなどに使っている。

こんなものなのか、
私の使い方(使用後の水洗いなどのメンテナンス)が悪いのか
どんなリール(高級品ではない)を使ってみても
調子が良いのはおろして45回目ぐらいまで。

塩を被るという金属機械物にとっては
劣悪な環境で利用するとは言え、
一方でそろそろ新しくしたいな
と思うほど寿命の長い竿に比べると
もう少し何とかならないものかと
いつもがっかりしてしまう。

このリールも数度目の中深場釣りの巻き上げ時に
突然ハンドルがガリッと鳴って止まってしまった。

その時にはオニカサゴが掛かっているかも知れないので
躊躇せず無理やりに回すと、
また回り始めたので直ったかのように思っていたが
以後は回す度にゴロゴロと不快な音がするようになってしまった。

この手の廉価なリールは
一々メーカーにメンテや修理を依頼すると
直ぐに買った時の値段近くまで費用がかさむため、
注油がてら分解してみることにした。

いつものように、
あとで組み立て順序わからいないなんてことにならないように
机の上に分解の順に表裏も気にしながら並べて行く。

Photo

ここまでが、素人の私がやれる分解の限界。
肝心のスプールの取り外しなどは怖くて手が出せない。

ただ、今回はハンドルの回転をスプールの歯車に伝える
ドライブギア軸を受けるベアリングが壊れていることがわかった。

Photo_2

よくこんな状態で曲がりなりにも回っていたもんだ
と逆に感心してしまう。

早速、部品を取り寄せ交換する。

Photo_3

Photo_4

もちろん取り外した部品は綿棒などで掃除し
必要な箇所にはグリスを注油しながら組み立てて行く。

まだ少し異音が残るものの回転は元通りに軽くなった。

Cas149704s





ベアリングを多様しているリールは最初こそよく回ってくれますが
直ぐに調子が悪くなる傾向が強いですね。
そこに行くとベアリングの少ないリールは塩噛みなどものともせず
いつまでも回ってくれます。(私の少ない経験からですが)

本日もポチッとよろしくいお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

またデジカメを買ってしまった

数えてみると、いつの間にか我が家には
デジタルカメラが10台もある。
(私のスマホとヨメサンの携帯を含む)

ブログ用の写真は海上ではスマホを使っているが、
これがなかなか面倒な代物。

最近のスマホのカメラは
専用機を席巻するほどの優れものと言われたりもしているが、
五目漁師に言わせれば
ボート釣りの現場では役に立たないイライラカメラ。

所詮、カメラではないので望む方が無理なのはわかっているが、
シャッターを含め設定や操作用のボタンが
全て画面上の仮想ボタンであることが年寄り、
いや私には辛い。

釣りあげられてバタバタと暴れる魚を目の前に慌ててしまうと
陸上ではなんでもなかったカメラ機能の呼び出しにさえ
手間取ってしまう。

コマセのアミエビが付いた手でべたべたと触るのは気が引けるし、
かと言って海水で洗った濡れた手では画面が反応しなくなる。

そもそも炎天下では液晶画面が見辛いところにもってきて、
偏光サングラスを掛けていると画面は真っ暗になるので
メガネを外してかからないといけないのも面倒。1

いざ撮ろうとすると
いつの間にか自分撮りモードなってしまった画面には
なんと自分の間抜けな顔が。

何じゃこれは!

設定を戻そうとして慌てると画面の自分も慌てる。
苦笑いすると、やっぱり画面も苦笑する。

この野郎!消えろっ!
と言ってもそう簡単には消えてくれない。
五目漁師の顔が大きくなったり小さくなったりするだけだ。

次第に深みにハマってしまい
もうよいっ! 
こんなカメラにはかまっておられない!

と途中で諦めてしまうこともしばしば。

でとうとうまた買ってしまった。
11台目のデジカメ。

今度は初めての防水(-10m)仕様だ。

Cas149718s

本当は一々偏光メガネをはずさなくてもよい
ファインダー付きが欲しかったが
お値段的にそこは我慢。

何と言っても画面を触っただけで消えてなくなる
スマホカメラの操作ボタンとは違って
最低限の機能はリアルな操作ボタンが対応しているのがよい。

これで目の前のカメラが消えてなくなり
メールの画面になってしまったりすることもなくなった。

このカメラで水中写真を撮る気はないが
臭い手で触っても、アミエビが飛び散っても
水洗いができるという安心感がある。

そして、もう一つ安心の上乗せ。
100円ショップでスポンジ生地のカメラケースを買ってきた。
普段はもちろんカメラを収納しておくが
生地そのものに浮力があるため
ストラップをこのようにケースに留めておくと、
うっかり手が滑って海の神に奉納という心配がなくなる。

Cas149904s(ストラップ取り付け用の金具は手持ちのものを自宅で追加した)


早速、得意の風呂場実験をやってみた。
ちゃんと、浮いてくれる。
海水なら更に浮力が大きくなるのでなお安心。
あとは得意の玉網取りで救済すればよい。

Cas149893s

今後は手軽にカシャカシャ

(さすがにこのシャッター音は仮想音ではあるが)
都度写真を撮っておけば
ブログを書くのも楽ちんになるぞ、よろしく頼む!


おっ! 忘れていた。
先日福浦で釣ったアオアハタとアマダイの料理写真(投稿後追加)

アオハタのポワレ
(釣魚で作るおいしい料理300選レシピ集、辰巳出版)

Cas149856s

アマダイとアマダイの昆布締めの握り、とイトヨリの酢締めの押し寿司

Cas149841s



1)偏光メガネを掛けたままでは
私の使用しているスマホはブログによく利用する横撮りをしようとすると
画面が真っ暗になってしまいます。(これは両者の相性上仕方ないことか?)
驚いたことに購入したカメラは専用機としての考慮でしょうか
縦撮りでも横撮りでもメガネを掛けたままで画面はよく見えます。
なんと利用することが少ないと考えられる斜め45度に画面を傾けた時に
避けられない画面の消失点を合わせていることが購入後にわかりました。
つまりメガネを掛けたままで液晶の絵がよく見えます。
欲しかった光学ファインダーは不要でした。

こんなことまで考えているとしたら廉価なカメラと言っても専用機、素晴らしいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

にほんブログ村

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

実釣-寸止め漕ぎコマセ釣法

昨日(114日)は福浦に釣行。

目下365日連休真っ只中とは言え、
体力、気力、一番重要な費用
それに海以外にも出掛けたいところはあるし・・・と考えていると
せいぜい一週間に一回位が限界になってしまう釣行。

週休2日をやりくりするサラリーマン釣○○諸氏の頻度と
大して変わらない。

うーん。
たまってくる。
何が?
お金(ウソ!)

やりたい釣りがどんどんたまってくる。

夏からずっと順番待ちのアンカリングできない福浦のコマセ釣り。
前記事の寸止めブイを準備していざ出陣。



暗がりの駐車場で時計を見ると5時半になった。
いつもの通りエトーボートのオヤジさんに
(さっさと来てよ!)待っていますよ~
と電話を入れると

もう来ていますよっ!

何?

別のお客さんかと思っていた私の隣の車に
電話を掛けていた。

携帯ってバカだね~。
正直過ぎる。



岸払いの前に、
躊躇しつつもオヤジさんに鯛はどこがいいかな~?
と聞くと、

あそこですよ!
あそこに行けば鯛でもアマダイでもなんでも釣れますよ。
よく釣れるんだから。

と指をさして教えてくれる。

でも、自分の行きたいところに行ってみて下さい!

この最後の一言で調子のよい前の言葉は否定されたと思い、
結局、沖に向かって左手方向の
自分で決めた石切り場方面に向かうことにした。

Dsxp141068s

いつもはこの辺りの-70、-80mラインで
アマダイの流し釣りをやっているが、
今日の目的は寸止め漕ぎコマセ釣法の実釣

上手くいくとは限らないので
お試し用に2kだけアミコマセを持ってきた。

水深約55m。
勝手に決めた鯛釣りポイントに早速寸止めブイをセットする。

机上で考えていた以上に流れ(潮と風の合成ベクトル)の方向が
一目でわかることに感激。

Canvas

もちろん潮流と風の受け方が旗ブイとボートでは違うので
このラインに沿って正確にボートが流れるわけではないが、
闇雲にブイの周りを漕ぐのに比べ格段にボート漕ぎは楽になりそう。
これは行けるぞっと力が入る。

数投目、46m一本針の鯛仕掛けに掛かって来たのはイトヨリ。

Dsxp141070s

特に撒き餌で寄せて釣る魚でもないのでヤッター感はないが
次々に同サイズのイトヨリがあがってくることで
寸止めブイの効果がうかがえる。

しかし、やがてこんな方々が。

Dsxp141086s

オーッ、サバ様の団体様。
今日はお待ちしていましたよ。
コマセが見事に効いてきたようですね。

以後は調子に乗ったサバ野郎の連釣。

しばらくして気が付くと
いつの間にかラインの示す方向は変わっている。
釣りに夢中になっていても
ラインに沿って漕いでいればブイの周りに滞留できている。

Dsxp141082s

しかし、2度目の場所移動後の錘落下時に糸を手元で絡めてしまい
もう少しやりたかっが、止む無く実験終了。

思った以上に上手く行った中にも
寸止めブイそのものや漕手のスキルに対する要改善点も見つかった。

ブイ間のラインの長さはもう少し長い方が漕ぎやすい。(今は5m
ただ、今回は近づいてきた他のボートに
珍しげに眺められただけで済んだが、
ブイ間を余り離すと間を横切られてしまいかねず注意を要する。

魚が釣れた時にはさっさと処理しないと
その間にどんどんボートがブイから離れてしまい
元に戻るのが大変。
(あくまでも潮流が弱く、風が静かなことが基本。)等々。

なんと言っても肝心なのは鯛が釣れるポイント探し。
次回は一日じっくりやってみたい。

その後は、少し沖に出てアマダイを狙ってみるも
アタリは遠く、型も小さい。

Dsxp141089s

終了の30分前に無敵のCポイントに場所移動し
サバタンを落とすと立派なアオハタが、

Dsxp141093s

続けてもう一度アタリがあったが途中のロープに絡めてしまう。
丁度その時、迎えに来てくれたオヤジさんには大物と
勘違いさせてしまった。
魅せて、待たせてごめんなさい。


で、今日の釣果は実験の成功+ザルの魚。

Cas149793sイトヨリの4尾が寸止め漕ぎ釣法の釣果

久しぶりの釣った日刺し身は
名前のわからない小さい方の多分ハタの仲間の刺し身、薄造りと
イトヨリの昆布締め

Cas149811s

イトヨリとヒメコダイの天ぷら。

Cas149825s_2





鯛が釣れなかったのは釣法とは別問題です。
先ずポイントを見つけるのが重要ですね。
今度はもう少しじっくりとやってみます。

本日もポチッとよろしくお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ

にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »