« またデジカメを買ってしまった | トップページ | 嬉しい秋の勲章 »

2014年11月10日 (月)

小船800を分解修理する

このリール、4PE200m巻き
中深場のオニカサゴ釣りなどに使っている。

こんなものなのか、
私の使い方(使用後の水洗いなどのメンテナンス)が悪いのか
どんなリール(高級品ではない)を使ってみても
調子が良いのはおろして45回目ぐらいまで。

塩を被るという金属機械物にとっては
劣悪な環境で利用するとは言え、
一方でそろそろ新しくしたいな
と思うほど寿命の長い竿に比べると
もう少し何とかならないものかと
いつもがっかりしてしまう。

このリールも数度目の中深場釣りの巻き上げ時に
突然ハンドルがガリッと鳴って止まってしまった。

その時にはオニカサゴが掛かっているかも知れないので
躊躇せず無理やりに回すと、
また回り始めたので直ったかのように思っていたが
以後は回す度にゴロゴロと不快な音がするようになってしまった。

この手の廉価なリールは
一々メーカーにメンテや修理を依頼すると
直ぐに買った時の値段近くまで費用がかさむため、
注油がてら分解してみることにした。

いつものように、
あとで組み立て順序わからいないなんてことにならないように
机の上に分解の順に表裏も気にしながら並べて行く。

Photo

ここまでが、素人の私がやれる分解の限界。
肝心のスプールの取り外しなどは怖くて手が出せない。

ただ、今回はハンドルの回転をスプールの歯車に伝える
ドライブギア軸を受けるベアリングが壊れていることがわかった。

Photo_2

よくこんな状態で曲がりなりにも回っていたもんだ
と逆に感心してしまう。

早速、部品を取り寄せ交換する。

Photo_3

Photo_4

もちろん取り外した部品は綿棒などで掃除し
必要な箇所にはグリスを注油しながら組み立てて行く。

まだ少し異音が残るものの回転は元通りに軽くなった。

Cas149704s





ベアリングを多様しているリールは最初こそよく回ってくれますが
直ぐに調子が悪くなる傾向が強いですね。
そこに行くとベアリングの少ないリールは塩噛みなどものともせず
いつまでも回ってくれます。(私の少ない経験からですが)

本日もポチッとよろしくいお願いします。


にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« またデジカメを買ってしまった | トップページ | 嬉しい秋の勲章 »

タックル」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
僕もこないだ電動リールにゴリ感が出たので分解しました。
ワインダーのプラパーツが破損してました。
部品を取り寄せようとも思いましたが戻す自信もなくバラッバラのまんまジプロックに入れて修理に出しましたw
気になる金額でしたが古いリールとはいえ買った値段の1/5の金額で戻ってきました。良かったデス。

ここから先はやったらヤバい。というリミッターがある五目漁師さん、凄いです。
恥ずかしながら初めてではないのが痛いですwww

デジカメもそろそろおかしくなってきました。

新しいのを買うか修理出して今まで通りの使い方するか迷います。
でもどんなカメラ買ってもきっと海に持っていくんだと思いますが(笑)

投稿: 世妃亜 | 2014年11月10日 (月) 21時18分

こんばんは!その小船を2個オシャカにしてしまったのりべんです(^^;;

一つ目はおんなじように自分で修理しようと試みましたが、
予想以上のサビと破損。
修理に出すと新品同様の値段を言われてしまい、
断念でした(^^;;

セピ兄貴も仰ってますが、ココまでと分解する範囲をとどめ、
直す方向に持っていく事が素晴らしいです!
(何故2個目もダメにしたか、ですか?双方のパーツで上手く補えると
思ってまして…分からなくなりました(^◇^;))

そういえば買ったことがないのですが、
マグシールド使用のリールってどうなんでしょう?
多少は長持ちするんですかね??

投稿: のりべん | 2014年11月10日 (月) 21時57分

五目漁師さん

とても参考になる情報有難うございます。m(_ _)m

クラッチ交換なんて仕事でやるのですが、横着して前回はメーカーに出しました。
今後はDIYを楽しみます。

ベアリングは、あるから壊れると言うよりも、その程度のベアリングを使っているんじゃ無いですかね?
ベアリングの数は競えても、品質の差はわかりませんからね。
ベアリングの品質の差は結構大きいですから。

お正月、コタツでリールの定期点検かな。(^ ^)

投稿: anan | 2014年11月10日 (月) 22時09分

世妃亜さん、こんばんは。

電動は難しそうですね。
モーターで回したり、手動で回したりと複雑そうな感じがします。
見たことはありませんが。

元々が高いリールだから1/5なんでしょうが
安いリールだと5000円で1/3にもなってしまいます。
7、8000円にもなれば買った方がいいかなです。

普通は一眼をボートに持ち込む釣師はいないですからね。
台風の後など海岸で撮るときにはシャッターを押す時以外はカバーを掛けています。

でも世妃亜さんがコンデジで撮っている姿は似合わないですから止めて下さいね。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月10日 (月) 23時19分

のりべんさん、こんばんは。

のりべんさんも小船使いでしたか。
一見頑丈そうですが結構直ぐにダメになるようですね。
(メーカーは違いますがワンランク下のタナセンサーなんてもう10年使っていますがよく回ります)

ニつを分解して一つを生かそうという魂胆でしたか。
部品代は今回はベアリングでしたから少し高かったですが
それ以外なら大概2、300円程度ですよ。

マグシールド機は使ったことがありませんが
以前、私などが買えないようないいリールを海底から拾い上げました。
既に小さい貝が全体に付着しており
一見再起不能に思えましたが回わしてみると全然問題なし。
驚きでした。

いい物は違うかも知れません。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月10日 (月) 23時34分

ananさん、こんばんは。

ananさんは修理などせずにどんどん新品を供給して下さい。
今日もまた一つ増えたようですね。

精密になればなるほど劣悪環境に弱くなる面もありますね。
単なる軸受けなら最初からグリグリしますが、いつまでたってもグリグリと回り続けます。
壊れるものがないですからね。

分解、組み立て中には小さいネジやバネが飛んで行きますから
回りや床がスッキリしたところでやらないと探すのが大変ですよ。
お酒飲みながら、コタツの中ではヤバイです。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月10日 (月) 23時47分

五目漁師さん、こんばんは。
リールの分解修理、すごいですねー。
僕は部品が5点くらいしかなくても無くしてしまう自信があるので、絶対できません。
イオンが出る前に奉納してしまうでしょ、とか言わないでくださいね(笑)
 
リールの耐久性は値段と比例すると思います。
例えばシマノのスピニングリールに、セフィア、セフィアCI4+、セフィアBBと同じような名前のリールがあります。
ベアリングの数や重さが違うので価格差がかなりあります。
値段はセフィア>セフィアCI4+>セフィアBBですが、耐久性も同じ順位です。
廉価版のセフィアBBはけっこう早くから異音が鳴りだしますが、CI+以上なら割といつまでも滑らかですよ。
ただし、値段程の差があるかどうかと言われれば?です。
五目漁師さんの場合は、いつも常人以上の釣果が当たり前ですから、リールも酷使されているんじゃないですか?

投稿: ぐっちゃん | 2014年11月11日 (火) 00時47分

おはよおうございます。

さっそく早朝から小船800、分解してみました。
五目漁師さんのマネをして、慎重に一つずつ部品を並べておきます。
本体Aをはずして、でかい歯車(ドライブギア)が見えるところまではいきました。

このドライブギアの外し方がよくわからなくて、がちゃちゃやっているとき、白いプラスチックのクラッチ部分をカチャ、と動かしたのが運のつき。
クラッチレバーバネが勢いよくビヨヨンとどこかに飛んで行きました。
あちゃー。

部屋の端の迷宮部分(本やら服やらがごちゃごちゃあるところ)から小さい部品を探し出すのは、森の中で一枚の木の葉を探すようなもの。
しかたなく諦めて朝食を食べました。

部品がパシッとビニールに当たったような音がしたのを思い出して、魚撮影用のザルが入っているビニールを逆さまにしてふると、ありました。

奇跡的に小さいバネがでてきました。
そんなわけで、とりあえず元通りに組み立てなおすところまでできました。

次にやるときは、周りにビニール傘を開いて、その竿の内側で手作業をするようにしようかな。
今度バネが飛んで行ったら、もう奇跡はおこらないと思いますので。

投稿: 芋焼酎 | 2014年11月11日 (火) 08時51分

ぐっちゃん、おはようございます。

いやいや、物置小屋は自作、ボート上にも自作品が満載のぐっちゃんのことですから
リールの一つや二つは余裕で修理ですね。

良いリールは昔から持ったことがありませんので比較すらできませんが
こんなに壊れるのが改善されるのであればたまにはいいものを買ってみようかなと思ってしまいます。

確かにいい物は初期性能でいいのは店頭でもわかりますが
耐久性となると今一つ信用ができずどうせ壊れるんだからこっちでいいやとなってしまいます。

のりべんさんへのレスにも書きましたが海底から釣り上げたそこそこのリールが
まともに回ったのには驚きました。
ぐっちゃんのステラもきっと未だ健在ですよ。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月11日 (火) 09時11分

芋焼酎さん、おはようございます。

ははっ、ananさんにご注意申し上げた通りになりましたね。

でも見つかって良かったです。
で肝心の調子は? あるいは原因はわかりましたでしょうか?

どこも壊れていないようでしたら
開けたついでですから掃除してリール専用のグリス、オイルを注油するだけでも
調子が良くなることもあります。(つけ過ぎにご注意!)

ドライブギアが二つのネジで本体に直立するように固定されています。
これを外すと軸受け用のベアリングが見えますよ。
私のはこれが壊れていました。
ここはびっくり箱ではありませんから安心してやってみてください。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月11日 (火) 09時23分

この当時のリールは比較的分解や組立はやり易かったですが、最近の電動リールは大変です。一度分解したら二度と元には戻りません。
良く、修理をなさいましたね。

最近私は両側の蓋を外して注油が精一杯です。

投稿: 釣吉 | 2014年11月11日 (火) 09時26分

釣吉さん、こんばんは。

電動リールは難しいでしょうね。
中を覗いたことはありませんが。

それなりに高いリールはメーカー修理でも納得できる費用なのではないでしょうか。
元々が安いリールだと修理か新品購入かを迷ってしまいます。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月11日 (火) 17時19分

ははは、以前書いた通り、Ticaの金ぴかリール、クラッチの効きがおかしいため、分解してとどめを刺したumeです。
やっているうちにウェーブワッシャあたりで裏か表かわからなくなり、組み合わせで動くようにしようと繰り返しているうち、さっぱりわからなくなりました。(笑)
結構気に入っていたのですが、台湾製のリール(だったと思う)では早く壊れましたね。
同じく台湾製のオクマのリールは壊れずに長生きしています。但し、最近は電動に押されて出番なしですが・・・。たしかにいいリールは長持ちするものも多そうです。でも当たり外れやメンテナンスもあるから、何とも言えないですけどね。(笑)
カヤックは手漕ぎより環境が悪く、電動リールに海水がかかるなんて毎回です。
でも小さい電動は一度塩噛みで修理しましたが、他は大丈夫です。
修理に出したとき、言われたのは、真水に漬けるのは駄目だけど、ホースでとことん水かけて塩分を抜いてくださいとのことでした。その通りやっているのがいいのかなぁ。(笑)

投稿: ume | 2014年11月11日 (火) 17時21分

スピニングは子供のころからやってるので、得意なんですけど、

ベイトリールはバックフラッシュ以来、もともと苦手意識があって、

メンテは得意じゃないんですが、リョウガのような金属ボディのやつは

塩噛みしやすくて、メンテを怠るといっぱつでベアリング破損です。

最近やっと付き合い方がわかってきました。

投稿: 飛竜丸 | 2014年11月11日 (火) 21時30分

こんばんわ
私は機械には弱く、分解しては
いつも失敗しています
又、最近のデジタル表示のリールも
弱いですね
壊れたままのリール3個、新しいもの
ばかりです
ギア比の高いものは歯車も小さいせいか
釣力も無く、地球を釣って壊れます
最後に残るリールは
一番古いリールかもしれませんね

投稿: ボート釣り趣味人たけ | 2014年11月11日 (火) 21時59分

umeさん、こんばんは。

あれウエーブワッシャーって言うんですか。
重なっているやつをまとめて置きますが
手が滑ってポロッと落ちたりすると表裏がわからなくなってしまいます。

防水カメラのようにゴムのパッキンでシールドされている訳ではないので
濡れた手で一日ハンドルを回していると内部に塩水は染みこんで行くと思います。

ホースで洗うのは表面だけですから蓋を開けて見るとサビだらけですね。

長く使わないと固まってしまうので最近は折を見ては空回しするようにしています。

やはり皆さんリーリの調子ではいろいろ苦労されているようですね。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月11日 (火) 22時05分

飛竜丸さん、こんばんは。

私と逆です。
スピングリールは修理のつもりでいくつも致命傷にしています。

昨晩も飛竜丸さんが動画の中で絶賛されているリョウガが欲しくなり
DAIWAのホームページを見ていたところですが、
やっぱりダメなんでしょうか。

しっかりメンテと言ってもメーカーのマニュアルによれば
外から見えているハンドルとウオームギアへの注油くらいで蓋は開けるな!ですからね。

付き合い方是非教えて欲しいです。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月11日 (火) 22時23分

たけさん、こんばんは。

木工系に強いたけさんですが機械に弱いというのは以外です。

確かに大昔に使っていたスピニングリールを引っ張り出してくると
ガラガラいいながらも今だによく回ります。

小型になったのと部品のプラスティック化で弱くなった気がします。

竿もリールも不要。
渋糸だけで船釣りはできたわけですが
メーカーに乗せられて竿もリールもどんどん高級化の方向ですね。
売るためには初期性能重視、
耐久性は置き去りどころか犠牲にすら思えます。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月11日 (火) 22時45分

五目漁師さんこんばんは。
 
突然ですが、五目漁師さんの記事のリンクを自分のブログに登場させました。
事後報告で申し訳ありませんが、ご了承お願いします。
 
ところで、僕はまだステラは奉納していません(エッヘン!)。
MCワークス+ツインパワーSWが最高の奉納です。
50歩100歩?まあ、その通りですね(涙)

投稿: ぐっちゃん | 2014年11月14日 (金) 01時18分

ぐっちゃん、おはようございます。

リンクの掲載ありがとうございます。
私の、サイドバーもガラガラで寂しいですから
簡単にできるようでしたら考えてみます。

私には手が届かない良いリールとのイメージでステラかと思っていました。
失礼しました。
私は安物ばかりですが3、4本奉納、3本回収(自分のも含め)、
元はとっています。(エッヘン)

投稿: 五目漁師 | 2014年11月14日 (金) 09時18分

五目漁師さん、こんばんは。

超遅レスすいません。
あまりにも似たような状況(もっとバカですが)だったもので。

私も巻き糸量以外は同じスペックの小梅1000を使っています。

最近、フリー時に引っかかるようになってきたので、
同じように分解・清掃・注油して、クラッチの組み込みがうまくいかず、
あれやこれやしていたところ。。。。

「パキッ!!」という音とともに小さな部品2,3点がどこかに飛んでいきました。
整理した机の上でやったつもりですが、1つは見つかったのですが、それ以外見つかりません。
そこまで1時間以上費やしていたので、もう心が折れました。

大体において、安物リールの分際で機構が複雑すぎですし、
かつ、五目漁師さんの言われるように劣化が急すぎです。

以前沼津の海底から釣り上げたabu BULUEMAX船は
安いなりの滑らかさですが問題なく動作していて、小物リールで今でも現役です。
おまけに分解・メンテナンスも非常に簡単です。

船下がポイントで、海水かぶりまくり&取り込み時にぶつけまくりの手漕ぎボート釣りでは
高級リールの必要性はあまり感じません。
(僻み半分です。お金持ちの方はどうぞ、高級品をお買い求めください)

それでは、また。


投稿: flex-p | 2014年11月16日 (日) 21時30分

frex-pさん、こんばんは。

同じリールでしたか。
フリーの時に引っかかるとなれば恐らくスプールの軸受けがやられているのではないでしょうか。
私も今回スプールまで分解するのは諦めました。

バネの部分は怖くてさわれないですね。
スピニングリールを含め昔から何度も部品を飛ばしています。

最近はバネのせいではなくっても指先からポロッと落としてしまい
探すことも多いです。

ちゃんとしたメーカーの製品で壊れるのが一番早いのはきっとリールですよ。
初期性能の良さを求めすぎて精密機械になりすぎたきらいがあります。

仰るように、ゴロゴロともっと単純に回しておけばサビが来ても油をぶっかければまた回り出す。
昔のリールはそうだったように思います。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月17日 (月) 00時56分

御早うございます。綺麗に分解しますね♪サービス部品を調達するのが仕事の私から見ると嬉しくなるような手際です。さて、ベアリングですが、メーカーと中のボール数で滑らかさが変わります。また、リール全体使うベアリングの数がそのまま巻き取りの滑らかさに直結するので悩ましい部品です。錘が軽い、あるいは魚が小型の対象ならばよいのですが、錘30号を越えるとどうしてもベアリング数は多くないと巻き上げがきつく感じます。ベアリングの耐久はメーカーにより違うと感じます。メーカー名が気になりますね。

投稿: AP | 2014年11月17日 (月) 04時51分

APさん、おはようございます。

ベアリングの数で回転が軽く、滑らかになるのはよくわかります。
但し、当たり前ですがベアリングが壊れていないのが前提です。

塩を噛んだ結果、あるいは負荷が掛かった結果今回のように壊れてしまえば
逆効果です。

私の持っているリールで古くなっても知らんぷりして回り続けてくれるリールは
DAIWAのタナセンサー、ベアリング数は少ないのでゴロゴロ感はありますが
一つなどもう10年近くも使っています。

ベアリング以上によく調子が悪くなるのが
特定の型名のリールですがクラッチレバーの戻り機構
何度買い替えても、何度修理しても数回の使用で必ず調子は悪くなります。
今どきの他の製品ではありえないですね。

投稿: 五目漁師 | 2014年11月17日 (月) 07時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/60629685

この記事へのトラックバック一覧です: 小船800を分解修理する:

« またデジカメを買ってしまった | トップページ | 嬉しい秋の勲章 »