« 見よこの仕掛けの山を! | トップページ | お月様のお話と料理と »

2014年10月 1日 (水)

トラウマの観音崎釣行

昨日(930日)は観音崎に釣行。

久しぶりの釣行はどこにしようかと迷った挙句に
昨年鯛ラバでちょっかいを出してみたものの
激潮に唖然として逃げ帰った観音崎。

今回は小潮回り、天気も良さそう。

いつものビシ釣りで
先ずは観音崎のポイントの位置取りや
潮の流れなど様子見ができればよしとしよう。

で、予約の電話を入れると、

兄さん(兄さんか、電話っていいね)
茅ヶ崎からわざわざ出てくるの?
フーン。

何か悪いですか?

悪くはないけどさー、何を釣りたいの?

はあ、とりあえずアジ、
タイ
も釣れればいいと思っていますが。
(と弱々しく答える)

皆さんそうい言うんだなー、
でもなかなかそうは行かないよ!


先日Tさんという方がびっくりするような釣りをやって
早上がりしてきたよ!


其の方なら知っていますよ。
真似ができるとは思っていませんが。

そりゃできないよ!
釣れない覚悟でまあ来てみなよ。


はいわかりました。
よろしく。

(商売ッケがないね。)


でも、確かに敵は激潮だけではない。
複雑な地形と聞いているのに
ポイントはわからないしどうしよう。

なんて心配していたのに、
あっさり解決。

なんと現地に着くとあのIkaさんが、
そしてしばらくすると観音崎の主Daiさんと
それに最近は観音崎にのめり込みつつあるMonさんが
次々に登場。

Splg140058s

やった!
五目漁師は当然のことながら

いつもの金魚のふん作戦改コバンザメ作戦を宣言する。

よしっ!
一気に気合が入り、
タイの顔がバーンと眼前に浮かぶ。

しかも、DaiさんとMonさんが乗るボートのトモに
私のボートを繋いでくれるという。
これじゃまるで獲物分取り作戦だ。

あらためて鯛の顔が
バーン(60cm)、
バーン(80cm
と眼前に浮かぶ。

Splg140070s

水深-40m弱、
先ずは、小手調べにアジ狙いで2.5m2本針仕掛けを落とすと、
次々にチビカサゴが掛かってくる。

噂には聞いていたが目の前にみると想像以上に小さい。
大津のカサゴも小さいが、その上を行く小ささ。

しかも中に棘に毒を持つカサゴでもいたのであろうか、
右手中指がズーンズーンと1時間ほどうずき
海水で冷やしてみたり、
毒を出そうと噛み付いてみたりで気が散る。

親船(Daiさん達が乗るボート)では
結構アジやイナダなども上がっているが
私にはアタリがない。

彼らはタイ狙いでロングハリスを使っている。
私も6m4号一本針に替えるがアタリはない。
どうやら激潮用に準備してきた鉄仮面から出る
コマセの流れがよくないようだ。

ここで、大型のプラビしに替えてみる。
これならシャクリを入れなくても
潮の流れに沿ってどんどんコマセが出ていく。

シャクリも竿を振って積極的にコマセを出すスタイルから
静かな上下動でコマセを出しながら棚を探る方法に変える。

すると来た。
ワカシをはさんでチャリコが2尾。

更に京急ホテル側に場所移動すると
大型のアジにウマヅラカワハギ。
15分も格闘した末にハリス切れした大マダイ
(うそ、きっとエイ)も掛けたし、
実質的に初めての観音崎としてはこんなものかな。

それもDaiさん達に助けて頂いたお陰。
ありがとうございました。

マダイはお預けにはなったが今日の釣果。

Dscp148003sマダイ(29cm)、ワカシ(40cm)、ウマヅラハギ(38cm)他
(ザル径:39cm)





少し激潮の中での釣り方が分かったような気がします。
観音崎面白そうです。
秋が忙しくなりそうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 見よこの仕掛けの山を! | トップページ | お月様のお話と料理と »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

29cmあれば、真鯛ですよ。
真鯛の秋は脂が乗って美味しいです。
これから冬まで真鯛は荒食いします。
次はきっと良型の真鯛が釣れます。
その鯵はこちらの鯵と同じノドグロ鯵です。
小鯵・金鯵ほど脂が乗ってないから美味しく食べるには、上手い調理が要ります。
五目漁師さんならどのように調理されましたか?

投稿: 釣吉 | 2014年10月 1日 (水) 13時15分

釣吉さん、こんにちは。

29cmは観音崎で大物を釣る釣師に言わせるとチャリコらしいです。
60cmよりも美味しいですが。

アジは一尾は居付きのアジのようです。
大津で釣ったクロアジはアジバーグや味醂干しにしてみましたがもう一つです。

観音崎のマダイの荒食い、
今年はタイミングをあわせてやってみたいですね。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 1日 (水) 14時43分

こんにちは
観音崎、初挑戦でこの釣果は素晴らしいですね、一種類の数釣りが多く
五目釣りの難しい処です
観音崎は最初の一匹の真鯛に時間が
掛かりますが、釣れ始めると
毎回サイズアップが続きますね
年内、5k、70cmアップを期待します
次回かもしれませんね

投稿: ボート釣り趣味人たけ | 2014年10月 1日 (水) 15時01分

こんにちは

昨日はお疲れさまでした

観音崎でのその釣果はさすがですし、羨ましかったです

しかしあの格闘した魚の正体はすごい大物だったと思いますよ

私も大物を釣り上げたいので経験を積む為、通いたいと思います

一緒に浮かぶ事が出来て嬉しかったですし、お茶をしながらお話し出来て楽しかったです

また宜しくお願いします

投稿: 紋二郎 | 2014年10月 1日 (水) 15時33分

こんちゃ♪

お疲れ様でした。
移動後のポイントは、できればもう100m猿島より(高根の始まり側)に行きたかったです。
しかし・・・根負けしたからドラグをきつくした???
反省会をした時に耳を疑いました。あははは・・・さすが五目さん!
謎のエイを見たかったですね!

次回は根競べしてください!
またご一緒できることを楽しみにしています。

投稿: 大吟醸 | 2014年10月 1日 (水) 16時55分

こんばんは。

お疲れ様でしたand情報ありがとうございました。

特にプラビシの件、成程たけちゃんさんが「ウィリーは観音崎では、あまり効果なし」の意味がわかったような気がします。
潮が速くて、同調するのが難しいんでしょうね。

ちょっといつもと違う「秘策」で対抗してみます。

土曜日に予約を入れましたが、台風が心配ですね。
おやじさんも心配して風が強くなるようなら、前日19:00過ぎに断りの連絡をくれるそうです。

ん~、久々の釣行が心配です。

投稿: 腰痛持ち | 2014年10月 1日 (水) 18時20分

たけさん、こんにちは。

やっと観音崎デビューを果たしました。
大さんはあれだけやればもっと釣れたはずなのと残念がられていましたが
まあ、こんなもんでしょう。

午前中は湾の外に流れ出すそこそこの潮でしたが
午後の潮止まり以降は全くアタリがなくなりました。

ここまで潮に敏感だとは思いませんでした。
伊東辺りでは、時合いは時刻だというくらい
潮の影響は少ないです。

他のボートの浮かび具合からポイントへの入り方や
釣り方のヒントも少しは得られたような気がしますので
またやってみたいです。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 1日 (水) 18時27分

紋ニ郎さん、こんにちは。

昨日はありがとうございました。
一人だったらどうなっていたことやらと
あらためてご一緒できて良かったと思っています。

紋ニ郎さんには魚を集めて頂いた上に、
私のもやいロープでご迷惑まで掛けてしまい申し訳ありませんでした。

竿を高く支えて真剣に構える姿格好良かったですよ。
ボート漕ぎは完敗でしたが、観音崎マダイどっちが先になるか
競争しましょう。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 1日 (水) 18時39分

大吟醸さん、こんばんは。

昨日は本当にありがとうございました。
折角釣らせて頂いたのにご期待に添えず申し訳ありませんでした。

場所の一つも大体わかりましたので、
まだまだ大吟醸効果の余韻で大物狙いますよ。

あはは、折角20mまで巻いているのに何度も50m、60mと出されました。
エイにはあれ以上相手はできません。

いよいよ本格シーズンインですね、あっちもこっちも行きたくて
忙しいです。
シーズン中に何度か観音崎に挑戦するつもりですのでまたよろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 1日 (水) 19時53分

腰痛持ちさん、こんばんは。

浅いところでチェックしてみました。
あれだけ流れがあると、プラビシの下窓を少し開けておくと
何もしないでもどんどんコマセが出ていき、同じ流れの中にある仕掛けと同調するようです。
後は同調を保ったままゆっくりビシを上下し棚を探る感じでした。

腰痛持ちさんの場合は魚探の名手ですのでフラットな伊東辺りとは違って
ポイント探しも面白そうですね。

秘策、楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 1日 (水) 20時05分

五目さん、こんにちは。
どこいかれても完ボない
んですね。ホントに尊敬します。
釣りの上手い方たちって、
30cmくらいはチャリコと
呼びますが、私はマダイと
呼び(言いふらし)ます(笑)
そうしないと中々釣った事に
ならないんです(>_<)
ところで、何で観音崎って
カサゴ系がミニしかいないんで
しょうね?あんなに数いるのに。

投稿: COZY | 2014年10月 1日 (水) 20時55分

こんばんは。

KNZでの五目釣りさすがっす。
かかった大物の顔見たかったですね。

KNZの人たちはチャリコと呼びますが
これは普通マダイと言います。

ミニカサゴ私も釣りました!(^^)!
なんでこんな小さいのしか釣れないんだろうって私も思いました(笑)

おつかれさまでした。
次回の攻略が楽しみです。

投稿: buru | 2014年10月 1日 (水) 21時11分

五目漁師さん、こんばんわ。
私もチャリコでなく真鯛と呼ぶ側です。(笑)
自分が釣った真鯛なんて何年前でしょう?
エイもホントは真鯛かもですね。
顔見たかったです。五目漁師さんは着実に釣り範囲を拡大中ですね。
自分も伊豆多賀周辺を拡大しなくては・・。
料理楽しみにしてます。(笑)

投稿: ume | 2014年10月 1日 (水) 21時38分

おう!ついに赤いのが顔を出しましたね。

観音崎って有望ですね。

激流こそ真鯛の宝庫!

ただしアンカリングでのロングハリスは私は経験がないのですが、

船が固定されると10Mハリスが必要かもです。

投稿: 飛竜丸 | 2014年10月 1日 (水) 22時07分

こんばんは、流石の釣果ですね。プロセスがまた、素晴らしい!特に途中でプラビシに変えてコマセの出方を確認して仕掛けと同調させる当りが、素晴らしい!私には真似できない冷静さです!その後の静かな誘いと棚合わせ…釣るべくして釣った感じです。わからないのは根負けしたとドラグを締めてハリスを切りにかかった判断です。上がらないと判断して切ったのですか?エイか真鯛か青物かは五目漁師さんなら、わかっていたでしょうから。時間の無駄と判断したか?ハリス、針、竿、リールのいずれかがダメになると判断したか?わざと切りに行った心が知りたいところです。

投稿: AP | 2014年10月 1日 (水) 22時55分

COZYさん、こんばんは。

私も声を大にしてマダイと言いたいですよ。
でも観音崎では持ち帰ることさえ肩身が狭い思いをしました。

オヤジさんなど、私が両手でこれくらいのチャリコが釣れましたと言うと
見もしないで、普通はそんなのいないんだけどなあ でした。

何言ってんだ! だったらあのチビカサゴはどうしてくれるんだ!
と言ってやりたいですね。

チビカサゴ集めれば日本一です。

川奈などはこの逆で大きいのしかいません。
きっと大きさで生息域が住み分けされているんでしょうね。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 1日 (水) 23時51分

buruさん、こんばんは。

すみません、チャリコにチビカサゴCOZYさんへのレスと同じになっちゃいます。

あの大物は傍で観ていた大さんたちは大鯛だよと残念がらせますが
先ず間違いなくいエイですね。
よく走るエイでした。

巻き上げたかと思うとまた潜られての繰り返しで
いい加減にしろ! とドラグを締め、
親指でもスプールを押さえつけたところ切られてしまいました。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 00時01分

umeさん、こんばんは。

真鯛ですよね。
私にとっては魚は食ってなんぼです。
60cmの真鯛は食えないでしょう。 加齢臭のするオヤジですよ。

あのエイ、自分で切ったようなもんですが
釣った棚が高かったのと、走りだすと凄い勢いだったのがちょっと心残りにさせてくれます。
でも止まってしまうと根がかりしたようにびくともしなかったです。
やっぱりエイです。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 00時14分

飛竜丸さん、こんばんは。

そうです、飛竜丸さんに折角頂いた鯛ラバを確か3つなくした観音崎です。
底取りすると転がるように流されて行きますから慣れないとあっという間に根がかりです。

ボートを潮に任せて流すと仕掛けは立ちますが
潮に抗って泳いでいる魚から見るとスーッと流れ去る仕掛けなんでしょうね。

尤も、アンカーを入れないと湾の端から端まで流されるのに
大した時間を必要としないです。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 00時36分

APさん、こんばんは。

流れがあれだけあると仕掛けもビシから出たコマセもほぼ真横に流れています。
放っておけば同調、下手に動かさない方がよいようです。

竿を上下するのは誘いというよりも仕掛けとコマセを同調させたまま棚をシフトする(というのが私の)イメージです。

ドラグを締めた上にスプールを押さえたのはもちろんエイだったからですよ。
時々動きが止まると根がかりと間違うほどびくともしませんでした。

ただ、掛かった棚が比較的高かったのと、
あのぐいぐい下に向かう走りを思い出すと何か見てみたかったですね。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 00時50分

こんばんは、

コバンザメ作戦でも、ここまで釣るとは!
(また、プレッシャーを掛けてしまう様な書き方で恐縮ですが)、流石、五目さんですね。

赤い金魚を狙って当分は観音崎でしょうか。
その間、東伊豆はお任せ下さい。
しっかり調査して、いつでも情報提供出来る様に努めたいと思います。(笑)

今年は活躍の場が広がりますね。

PS.次回は、赤い(?)エイも放流しないで釣っちゃって下さい。

投稿: anan | 2014年10月 2日 (木) 04時05分

おはようございます。

観音崎2回目とは思えないお見事な釣果です。
これだけ釣れてファミリーレストランでは渋そうな雰囲気・・・。
私だったらニコニコです。

謎のエイ、ちょっと残念でした。
観音崎、アオザメ(の子供2mくらい)がたまに遊びにきて釣りの邪魔をしてくれることがあります。

アオザメはカツオやマグロを餌とする外洋性の高速遊泳魚ですが、子供はなぜか仕掛けについたアジやら疑似餌に食いつくので困ります。
じーっとしてブルブルと首を振ったり、急に海底にもぐったり、あるいは浮上してジャンプしたりすることもあります。
走り出すとすぐに50m、100mと道糸を出されてしまい手に負えませんが、食べても美味しく、高級フカヒレの材料にもなるらしいです。

そういうヤツの場合、いくらでも長時間ファイトしてくれますが、でかいエイとかサメは、まあ、遠慮してお帰り頂くのがいいと私も思います。

それはともかくとして、美味しい食材確保、おめでとうございます。

投稿: 芋焼酎 | 2014年10月 2日 (木) 08時03分

五目漁師さん、相も変わらず素晴らしい釣果ですね。

状況に合わせていきなり鯛2匹はさすがとしか言いようがありません。
私はヘタピーなのでボート釣りで鯛はまぐれでしか掛からないので
退屈すぎて面白くないのでめったにやりません。
(竿振ってないと間が持たないタイプです)

ビッグ偽エイ(大マダイ)は残念でしたね。
私は先週網代で本物のエイ2匹掛かりましたが、
水深10mから一向に上らないので同じようにドラグ締めて切りました。
そうそう、網代は相変わらず憎きグーフーでいっぱいでしたよ(笑)

それでは、また。

投稿: flex-p | 2014年10月 2日 (木) 08時52分

五目漁師さん、おはようございます。

素晴らしい釣果ですね!

ザルの中の魚たちが鮮やかでとても綺麗です♪

アジにイナダにマダイ、あと大マダイをバラしたとか!

うーん、やっぱり僕みたいなヘナチョコとは違いますね^^;

流石は五目漁師さんですね、凄いです♪

またこの魚たちがどんな料理になるのか、楽しみにしてますね\(^o^)/

投稿: ブライアン | 2014年10月 2日 (木) 09時51分

ananさん、こんにちは。

コバンザメ作戦、正にブログのお陰ですね。
一人ボートとは言え、前回の大津もそうでしたが
皆さんにご一緒させて頂いて、迷惑までお掛けしながら私の釣りが成り立っています。
ありがたいですね。

実は年初に今年は10ヶ所以上のボート屋さんを巡ることを目標にあげました。
所変われば魚変わるで色んな魚に会いたいためです。

この観音崎で9カ所目になりました。
想像通りボート屋さん毎に違う海があり楽しんでいます。

さて、問題は残る一つをどこにするかです、
当初は野比のカワハギ釣りを予定していたのですが
今ボート屋さんが昨年の台風の影響で閉まっています。

ananさんどこかいいボート屋さんご存知でしたらご紹介下さいませんか、
いや、一緒に行きましょう。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 11時25分

芋焼酎さん、こんにちは。

そうそうきっとこいつですね。
最初サメかな、でも止まってしまうと全く動かない、エイかな?

ところが道糸が20mから60mまで一気に出て行く、これはサメでもエイでもないかも知れない。
こんな繰り返しでした。

なるほど、サメで走る奴がいるんですね。
納得です。

私は置き竿は基本的にやりませんが
この時は調子が悪くなったスマホのカメラをチェックしようとして
仕掛けの棚を少し上げて置き竿にしていました。

仰るように、その間に先ずアジが掛かりそれにアオザメ野郎が食ってきたのかも知れません。
鯛を切って逃がしたとは思いたくないですからね。

ありがとうございます。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 11時42分

flex-p さん、こんにちは。

私も竿を持たない釣りは基本的にやらないんですよ。

タイを含め大概の魚は釣り上げるだけなら置き竿の方がむしろ有利な場合もありますが
釣りの醍醐味は(必要がなくっても)自分で掛けにいくところだと思っています。

観音崎では普段使わない50号ビシを使ったため左肩にきてしまいました。

常連さんは60号~80号、場合によっては100号も使うらしいです。
こんなのを一日シャクれば竿にもリールにも肩にも凄い負担でしょうね。

網代、結果を楽しみにしていましたがまだフグですか!
大津でも観音崎でも一尾ずつフグを釣りましたが邪魔になるほどではなかったです。
フグの猛攻がなくなるまでは東京湾側が良いかも知れませんんね。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 11時59分

ブライアンさん、こんにちは。

大さん達に助けていただきやっとなんとか と思ってあがりましたが
大さん、これで釣れないの? と不足そうでした。 スミマセン。

ブライアンさん、何を仰るあれだけアジにそして今や当たり前の様なマダイ釣り
そろそろまたカイワリ狙いはどうでしょうか?

フグの猛攻を逃れて、カイワリの拾い釣り、
うーんこんな地味な釣りやらないですよね。

投稿: 五目漁師 | 2014年10月 2日 (木) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/60403833

この記事へのトラックバック一覧です: トラウマの観音崎釣行:

« 見よこの仕掛けの山を! | トップページ | お月様のお話と料理と »