« どこもサバ祭りなのにサバを買うはめに | トップページ | 即席カルテットの川奈釣行 »

2014年6月 5日 (木)

本日初めての釣果はイカのあし

昨日(64日)は五目漁師の誕生日、
いやそんなこととは関係なしに川奈に釣行。

今年のアオリイカ釣りは近くの福浦か葉山かでと決めていたが、
川奈の好調ぶりを聞き足をのばすことにした。

前回は思いがけなくムギイカの子供(?)が釣れたので
今回もエギと合わせてスッテも準備した。

伊東港を過ぎて135号線を左にそれ、
狭いトンネルを抜けると川奈湾が一望できる。
時刻は5時15分。

おっと、一番乗りのつもりだったのに
もう日蓮像の手前を沖に向かって漕ぐボートが目に入る。

はやっ!。
ここは相変わらず段取りが良い。
1秒でも早く出て、1秒でも遅くまで釣っていたい五目漁師も
ボート乗り場に着くと直ぐに出廷名簿を記載、荷物を積み込んで
67分後には岸払いする。

この間、アオリイカの調子が少し悪くなったとか、
ムギイカに代ってマルイカが釣れているなどの
最新の釣果情報や釣り場をマスターからお聞きする。

ここもコマセ釣りはなんと表現すればいいのかわからない
(空いた口が塞がらないってやつかな)ほどの小サバの群れ
とマスターは言う。

やっぱりな。

いつもに比べると緑っぽく、
透明度が悪い気がする海面を漕ぎ出した五目漁師は
港の出口を右に回り込み
ダイバーズブイの外側でエギングを始める。

今回初めてシマノの
SephiaBB R S803MLを遠投用に使ってみたが
ファーストガイドの位置が悪いのか
円錐状に出て行くPE0.8号がここで不自然な干渉を受けてしまい
エギが失速してしまう。
そこで仕方なく予備に持ってきた従来の廉価竿と交換。
こちらの方が余程調子がよい。
(もちろん使っているPEやリールとの相性があるかもしれない)

さて、アオリイカの方はと言えば
一向にアタリがない、
と言っても
アタリの数=釣れる数=一日0回も珍しくない が
アオリイカ釣りの釣果方程式なので
この時点で気にすることではない。

私よりも少し前から隣でやっているお兄さんは
小型ながら既に一パイあげているし、
ここいら辺にいるには違いないと投げ続ける。

8
時半、
辛抱しきれなくなりイルカ浜側の日蓮像寄りに場所移動。

10
時、
やっぱり駄目か~
と元のダイバーズポイント側の岩礁帯に戻る。

ずっとここで粘り続けているお兄さんに聞くと、
1キロクラスを追加したとか。

なんとなくそわそわする五目漁師は
11時、
ちょっくらマルイカの様子でもみようかと
湾中央の平根ポイントに向けて移動する。

しかし今日は魚探をレンタルしなかったために
根の位置がわからない。
いい加減に23回スッテを落としてみるが
場所的に確信が持てないためやっぱやーめた。

で、11時半
もう一度イルカ浜側に移動する。

そして、
1時が過ぎ、
2時が過ぎても一向にアタリはなし。

もう時間がない。
今日は完ボと覚悟はしたものの、
この辺りから一投一投、一シャクリ、一シャクリ
目をつぶって念力をいや念仏を唱えながら力が入る。

神様!仏様!
釣らせて下さい!
オリャー!どりゃー!
この野郎!釣れんかい!
来い!来い!

たまに根掛かりしたり、
海藻にかかったとわかってもキター!
と勘違したくなる始末。

そして225分、
沖あがり予定の5分前。

おやっ?
巻き取ったエギに何か付いている。

Img00946s



イカの足だ。
念仏を唱える勢いが余ってシャクリが強すぎたかな?

いずれにしても本日初めての釣果

今日はこれで終わりにしよう。
まあいいかっ とブログ用の記念撮影をし、
口に運ぶ。
さすが、塩がきいているな。

待てよ、ひょっとしたらマルイカがいるかもしれない。
こんなものを撮ったり、
食ったりしている場合ではない!

昼前にこんなこともあろうかと
出したままにしていたスッテのついた竿を慌てて入れ、
エギの落下点辺りでボートをゆっくりと漕ぐ。

するとグン、
乗った。やった。
これで完ボを逃れた。

2
時半だ、もう少しやりたい。
3時までに着岸要)

またスッテを入れる、
しばらくするとまたアタリ、
欲が出る。4ハイは欲しい。

やがて3バイ目もあがり。
そして最後の一パイをボートのヘリでバラして切りがついた。

結局、5分遅刻してしまった。
ごめんなさい。

おかげで、土壇場でなんとか完ボは逃れたものの
目的のアオリイカは釣れず、
本日の貧果はこれ。

Ims142855s(ザル径:39cm)




マスター曰く、
アオリイイカの第一陣の産卵が終わり、
次の群れ待ちだね、とか。

 






今思えばもっと早く念仏を唱えれば良かったのにと残念です。
一発勝負のアオリイカは最後までやってみないとわからないし
切り替えるタイミングは難しいですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« どこもサバ祭りなのにサバを買うはめに | トップページ | 即席カルテットの川奈釣行 »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

最初に釣れたイカの足は、マルイカの足でしょ!
私も足だけが上がって来たことがありました。
マルイカは生でも、煮ても、焼いても美味しい烏賊ですね。
今回は数が少なかったので、イカソーメンにしました。

魚探がない時は山立てで釣りますが、
GPSプロッターtぽほぼ同じ精度でポイントに入れます。

投稿: 釣吉 | 2014年6月 5日 (木) 18時35分

釣吉さん、こんにちは。

早いコメントでびっくりしました。

手漕ぎボートではなかなかイカを探して釣るわけにはいきません。
いつも偶然期待ですが
この日なら最初から専門に狙えばもう少しあがったと思います。

川奈はボート屋さんが各ポイントの山立て写真まで準備してくれているのですが
この日は浅場のアオリイカが目的でしたのでそれも持っていませんでした。

我が家では食味の点ではアオリイカよりもマルイカの方が人気があります。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 5日 (木) 18時46分

こんばんは!のりべんです(^-^)

いやいやついにはご釣果がイカの足か、と思いきや
このマルイカ3杯!逆転弾!素晴らしいです!

マルは食したことはないですが、アオリよりも美味しいんでは?
と思います。やりましたね〜。

やはり友さんが仰るようにマルイカが居るんですね。
こちらも!といきたい処ですが、週末、かなり微妙になってきました。
やはり今回も浮けないのか…悲しいです。

追伸ー今日一代決心して川奈観光ボートさんにて
ある注文をしました!
(といえば何か分かってしまいそうですが)
つい熱くなり、事もあろうかとあの友さんに
厚かましいお願いをしてしまい、
慌てて5分前に修正のメッセージをしたところです。
うう、釣りのこととはいえ、
冷静にならないとイカンですね(^^;;

投稿: のりべん | 2014年6月 5日 (木) 19時10分

こんばんは。

お疲れ様でした~!
マルイカ、美味しいですよね。
イカはやらなかった私が、気まぐれで乗ってみたマルイカ船、たった5杯の釣果でしたが、
あまりの美味にそれからマルイカの季節を心待ちにするようになりました。

去年は大津のI丸の船は、とうとうマルイカを看板に上げることはなかったので、
一度も行けませんでした。
今年は今のところ、城ヶ島沖までは来てるようですが、どうなりますかね~?

福浦のムギも気になってます。

カイワリのリベンジの後、挑戦してみようかなと思ってます。

投稿: 腰痛持ち | 2014年6月 5日 (木) 22時19分

のりべんさん、こんばんは。

マルイカは柔らかくてトロっとして本当に美味しいですよ。
イカの中で一番かもしれません。

川奈では毎年アオリイカ狙いでマルイカが掛ってきます。
私は釣ったことがありませんが晩夏になると弁慶と言われる
40cmを越えるような大物もあがるみたいです。

Elite4HDIでも注文されたんでしょうか、
何を間違えられたのかわかりませんが
楽しみですね。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 5日 (木) 23時12分

腰痛持ちさん、こんばんは。

アオリイカの大きさ、スミイカの身の厚さにはかないませんが
マルイカはトロッとして甘みがあって本当に美味しいですね。

最初からここでスッテを出しておれば10~20くらいはいけたかもしれません。
型もそこそこいいのでよく引きます。

福浦私も気になっているのですが例の駐車場の件が面倒そうですね。
きっちりとやってくれれば無料だしいいのですけど
あの調子ですから、行き当たりばったりで
おいおいとか言いたくなりそうな気配がして心配ですね。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 5日 (木) 23時25分

ブログを読んで、まさにイカ釣りそのまんまだなぁと思いました。
イカ釣り、釣れないですよね。自分はこの一日棒に振る勇気と根気がありません。
朝のチョイ、帰りのチョイ、そんなので釣れたこともありますが、やはりここまでやらないと駄目ですね。
シマノの新しい竿はあまり良くなかったのですか?

マルイカはうまそうです。まだ釣ったことはありません。今度釣り方教えてください。

投稿: ume | 2014年6月 6日 (金) 04時52分

おはようございます・お誕生日おめでとうございます。

マルイカ、釣れてよかったです。
なかなか簡単ではないですね~。
読んでいてもドキドキです。

とはいえ、毎回かならず釣ってくるのがなんだかんだいってもすごいな~と思いました。

そうそう、日曜日はどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: 芋焼酎 | 2014年6月 6日 (金) 05時05分

umeさん、おはようございます。

そうですね、ヤリイカやマルイカは乗り合いに乗れば釣れますが
ボートでは難しいですね。

それでも川奈は恐るべきです。
今年に入ってからヤリイカ、ムギイカ、マルイカをまぐれにしても
釣りました。

確かに、週末釣り師だと天気が良ければ万々歳、
釣れるかどうかわからないイカになんてかまってられないですね。

p.s. 明日は駄目ですかね?
追加p.s. シマノのエギング竿昨年の秋に買いましたので、今まではエギシャクリに使っていました。
遠投に使ったのは今回が初めてでしたが本文の通りです。
多分リールの組合せとかが悪いのだと思います。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 6日 (金) 06時21分

芋焼酎さん、おはようございます。

ありがとうございます、また一つカウントダウンが進みました。
えらいこっちゃです。
この電光掲示板なんとかならないかなぁ。

どうも、イカ釣りを悪者にしているのはアオリイカですね。
この釣りは本当に博打です。
一日一パイで上等ですからこの日だって最後まで(あと5分)やっておれば
とれたかもしれません。
前触れは一切ありませんから最後の1秒までわからない。
という気持ちでやってます。

今回はスッテを持っていったというのがアオリイカ釣りとしては敗因ですね。
結果どちらが良かったかはわかりませんが。

p.s. 実はかなり日曜日の川奈行を意識して書いたつもりです。
アオリイカは中途半端にやるなら止めた方がいいようです。
代わりにスッテを持って行きましょうこれなら傍らでやれます。
天気も好転してきましたし楽しみです。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 6日 (金) 06時51分

おはようございます
ドキュメントの番組を見ているようです
釣り師と海、イカとの戦い、イカを追い求めて!!
念仏を唱える当りは最高の盛り上がりですね
イカの足を釣った処で終わりかと思ったら
その先にドラマがあった
出来過ぎですね
私なら足で終わりです
終盤、最後の追い込む気持ちは、釣り師共通ですが
釣れる可能性は数パーセントの確率です
素晴らしいですね

投稿: ボート釣り趣味人たけ | 2014年6月 6日 (金) 09時19分

この野郎!釣れんかい!
来い!来い!

と書かれている前後の文章も私の事?ってほど当てはまってますよ
アタリがないと何かちょっと引っ掛かった物さえ 来た! って思うしね
4ハイ欲しいと思っていた最後の1ハイがバラシとは悔しいやら悲しいやらですね

投稿: マリン・ブルー | 2014年6月 6日 (金) 17時57分

たけさん、こんばんは。

今日は、知り合いが銀座ののCANONギャラリーで富士山写真の個展をやっているので
見に行ってきました。
その人もたけさんです。

ボートのイカは毎度のことですが前触れがないだけにいきなり無から有です。
祈るしかないですね。

今回はエギに付いたイカのあしに気づいたのがラッキーでした。

川奈は特にたけさんのように海の中が見える人にとっては面白いところです。
いつも迷いが大きくて釣果は今一つですが最も可能性がある海ではないでしょうか。

私などまぐればかりで今年に入ってから狙ったアオリイカはゼロなのに
ヤリ、ムギ、マル三種のイカが釣れてしまいました。
次に狙うと釣れないんですよね。

週末はananさん達と再度川奈の予定です。
マルイカ狙ってみますかね。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 6日 (金) 18時22分

マリン・ブルーさん、こんばんは。

釣師は皆さん一緒ですね。
なんでこんなに夢中にと思ってしまいます。

とにかく時間が欲しかったですね。
朝の5時過ぎからやっていて、最後の20分。
なんで今更時間切れなの?と言いたかったです。
この時だったらもう一度スッテを落とせば掛かってくるのはわかってますからね。

完ボを逃れてホットしながらも悔しい沖あがりです。

投稿: 五目漁師 | 2014年6月 6日 (金) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/59763801

この記事へのトラックバック一覧です: 本日初めての釣果はイカのあし:

« どこもサバ祭りなのにサバを買うはめに | トップページ | 即席カルテットの川奈釣行 »