« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月27日 (木)

六角錘の場合はPEラインの号数が効果てきめん

昨年の夏、
初めての観音崎で鯛ラバを落としてみたが、
川のように流れる潮に舌を巻いて退散したのは
私の老巧化した頭でさえも記憶に新しい。

五目漁師が現在ボート釣りのホームとしている
伊東や川奈では潮流で苦労することはあまりなかったが、
一体どれほどの重さのビシや、
どれほどの細さのラインを使えばよいのか
見当をつけるために
潮流速度(対ボート)に対する
道糸の斜め角度を計算してみた。

その結果は、
サニービシ80号を使っても
PEライン2号では観音崎では決して珍しくない
1ノットの潮流のもとで25度、
2ノットでは50度以上にもなることがわかった。

うーん、

これ果たしてあっているのかどうかわからないが
折角苦労して計算に漕ぎ着けたので
今回はこれを中深場のアマダイ釣りやオニカサゴ釣りに
応用してみることにした。

と言っても変わったのはサニービシを
写真のような鉛の六角錘にしただけ。

Dscn7898



同じ間違いを繰り返すのか!
と言われるかもしれないが計算方法は同じである。

今回は道糸の長さを横軸にし、
六角錘の号数とPEラインの号数をパラメターにして
グラフにしてみた。

もちろん対象は観音崎のような激流ではない

例えば、今ボート釣り仲間の中で
アマダイ釣りのブームになっている福浦の潮流は
大潮の時でさえ数10cm/sec程度であるため
15cm/sec30cm/sec2通りの潮流に対して計算した。

結果はこの通り。

015m_2

03m

Photo



漁師とはいいつつも
魚との対話こそが釣りの楽しみだ
と思っている五目漁師は
-100mでもできれば30号ですませたい。

サニービシの場合と比較すると
六角錘の抗力が小さいために
道糸の太さによる影響が大きく現れ、
PEの号数を落とすことによる効果が
てきめんであることがわかった。

そろそろ2号巻の中深場用リールでも準備するかな。







中深場釣りは流し釣りです。
シーアンカーの準備は必須ですが、
ここでの潮流は対ボート速度ですから
実際には風の影響で当然これ以上の流速に
なることが多いです。

前回は、皆様から貴重なコメントをたくさんいただきました。
計算の詳細は本文中のリンク先からダウンロードできますので
今回も是非ご意見やこんなもの役に立たないよ!
といったご批判もいただければありがたく
よろしくお願いします。


先日から、北海道旅行中の写真の整理に集中しています。
お陰で昨日のような釣り日和も
散らかった部屋の中に閉じこもったきりでしたが、
そろそろですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

網走湖でワカサギ釣り

本日(2月21日)は網走湖に釣行。

一昨日になってやっと道東全域に居座った吹雪がおさまった。

こんな地吹雪の中の運転は初めて。

Cas144970s_2道路上部両端の矢印でやっと道路端だけがわかる。



一つ間違えば雪に埋もれ身動きがとれなくなる怖い体験。
主要道路の通行規制で回り道したり、
道路パトロールの車に先導されて走ったりで
吹雪に阻まれた3日間であったが
20日になってやっと平和な朝がやってきた。

Img00602(朝はやっぱりこれ。今日も車内に残したペットボトの紅茶はこの通り。)




吹雪の後の昨日、今朝と
今度は思いがけず幸運に恵まれ
結構いい写真も撮れて余裕ができたため
今日はワカサギ釣りを楽しむことにした。

お兄さん、いいところに穴開けてよね!

Cias145059s



(ヨメサンが)氷、大丈夫?
(お兄さん)50cmありますからね。
グイーングイーンと約10cmの穴を2つ開けてくれる。

元キス釣り名人のヨメサンの腕が鳴る。

Cas145101sさすがに(キスと同じ体型の)細長い魚を釣るのはうまい。


Cas145111s道糸が凍りつく




五目漁師が穴を塞ごうとする氷の膜を気にしたり、
凍りつく道糸を気にしている間に
あれよあれよと釣果をあげている。

そして、約1時間半、
二人合わせて41尾。

Cas145108s



管理小屋で小麦粉をまぶしてもらい、

Cas145114s



油で揚げて、出来上がり。

Cas145123s





うまい!


そして道東の冬の動物。
こんな写真も撮れた。

Dsn147032s野付半島のナラワラを駆けるシカの群れ

 

Dsn146998sキタキツネも現れる



Dsn146670s久しぶりの青空を舞うオオワシ

 

Dsn147461s氷上のオオワシ




Ims146858s珍しい湖上の丹頂



ワカサギ釣り、遊漁料、竿、仕掛け、餌、穴あけ、チェアー、天ぷら
一式二人分で4100円でした。
釣りたて、ホクホクの旨い天ぷら食ってもと取りました。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (31) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

大津釣行?

本日(2月15日)は大津に釣行。

Cimg4820s_2鶴居村にある大津つり公園の看板



うそ、2月12日より釧路に来ている。
釧路、根室、羅臼、網走を回り
丹頂やオオワシの写真を撮る撮影旅行。

撮影旅行は釣行よりも厳しい。
毎朝4時に起きてスタッドレス四駆のレンタカーで
釣りポイントならぬ撮影ポイントに駆けつける。

昨晩から車中に置き去りにしたペットボトルの紅茶はこの通り
しばらく暖房を効かして走らないと飲むことができない。

Cimg4836s_2



今朝の行き先は釧路湿原の北側に位置する
鶴居村の雪裡川に掛かる音羽橋。

丹頂は外敵から身を守るために
気温に比べると温かい川中に一本足で立ったまま眠るらしい。
そんな丹頂の明け方のねぐらを
この音羽橋から撮ることができる。

外気が-20度近辺迄下がる早朝には
回りの木々は霧氷で覆われ、
川から立ち上る水蒸気が朝日に照らされて
幻想的な景色(けあらし)の中に丹頂が佇む。

Dsn_5344as_2(黒い豆粒が丹頂)



こちらは、青空を背に、

Dsn_4494as_2



そしてアマダイ色に焼けた夕日の中を
昼間の餌場からねぐらに向けて帰っていく丹頂。

Dsn_3177as_2



昨日は釧路から往復約5時間をかけて帯広に遠征し
こんな可愛らしいエゾリスも撮ってきた。

Dsn_4973s_2



そして、釧路市内にある昨年見つけた
釣具の釣り人という変わった名前のお店は
今年も健在であった。

Img00565s_3



店内には所狭しとびっしりと釣り道具や仕掛けが並ぶ、
ししゃも釣り用のサビキやチカ釣り仕掛け、
氷に穴を開けるドリルなど
北海道ならではの珍しい仕掛けや道具類がおもしろい。




明日は根室に向う予定です。
関東の雪が道東にもやってくるらしく、
苦しい雪中ドライブになりそうです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

仕上げにグサッ、グサッと竿を突き刺してみせると

昨日(210日)は福浦に釣行。


雪降りの丁度良い時に孫がやってきた。
私でさえ茅ヶ崎に住み着いてこの方記憶がないほどの大雪。
生まれて初めての雪景色にきょとんとしている。

アマ子ちゃん雪だるまを作ってやろうかっ!
明日は美味しい魚釣ってくるからねと言いながら、
仕上げにグサッ、グサッと竿を突き刺してみせると
満面の笑みになった。

Canvas2



この雪がなければ一昨日川奈でアオリイカ狙いの予定であったが、
一日遅れのお陰で
スケジュールが合ったCさんと待ち合わせをし
福浦のアマダイ釣りになった。

少し飽き気味のアマダイではあるが
今一番確実な釣り物であろうか。

福浦は駐車場から(帰りは)心臓破りの坂道を降りて行くと
狭い入江に3軒の貸しボート屋さんが並んでいるが、
他の2軒には人の気配がなく
本日の出ボートはどうやら我々の2ハイのみらしい。

あれどうしたの?
今日休めば4日連休になるのに皆さん休まないのかな?
寒いし、雪も降ったしまあいいかっ!
と心の中でどうでもいい納得をして
少し天気が心配気なCさんと丁度7時に岸払い。

しかし、五目漁師は23漕ぎしたところで
オール支持部のネジが緩んでいることに気付き応急修理に戻る、
するとCさんも“俺のも”と戻ってくる。

最近はお客が少ないせいか
ボートの整備が十分とはいえない。
沖に出る前に
シーアンカーやアカ汲み用のバケツなどの備品と共に
こんなところや浸水がないかなどを
自身で念入りにチェックした方がよい。

さて、今度こそ出発。

途中、まだこの場所が2回目というCさんに
アマダイ以外の釣りポイントなどを説明しながら
(と言っても五目漁師ももう10年以上もここでは
アマダイ釣り以外の釣りはご無沙汰している)

Dscn024825s1_22002年福浦のカワハギ釣り。 当時はデカカワハギがよく釣れた。



定置網の西側を回り込んで沖に出ると、
丁度よい北西の風が吹いている。

ポイントを探りながらこの風に乗っていけば
(私の好きな)いつものアマダイポイントに向かいますから
とボートを流し始める。

五目漁師の1尾目は小型のオニカサゴ、
定置網の東側端沖を越えたあたりから
小型ではあるがポツリポツリとアマダイが釣れ始める。

やがて二つ針の仕掛けに連でアマダイが掛かってきた時点で
Cさんに“アマダイいますよ”と声を掛け、
自身は更に東側のポイントを模索するため
にシーアンカーを入れて風に乗せて行く。

天気予報では9時ごろから晴れとなっていたのに
約束が違うじゃないか!
小雨が降り続き、
熱海の方は薄い霧のような雨雲が垂れ込んだまま回復の様子はない。

たまに遊漁船の姿を見かけるものの
広い海原の向こうの方に
探せばやっとわかる豆粒のようにCさんが浮かんでいる。

大丈夫かな?

深場(-100m)から-70mぐらいまでをいろいろ探ってみたが、
今日は-90m辺りが良さそうだ。

ここの沖あがりは早い。
そろそろ、その1時が近づいてきたためCさんを訪ね釣果を聞くと、
やったね35cmを筆頭に束釣りに近いアマダイの釣果。

いつもながら相手が釣れると自分が釣った以上に嬉しい五目漁師。
ボート間では開催中のオリンピック選手たちのように
熱いハグも握手もできないが
よかった、よかった。

で、私の釣果は31cmを筆頭に同じようなもの。

Cimg4764s



こんな時期に手漕ぎボートで釣行の度、
この程度の釣果が期待できる福浦のアマダイの魚影の濃さは
あらためて関東随一のビッグポイントであろうかと思い知る。





自宅到着後ヨメサンを釣れて買い物に行き、
待ち時間に釣り雑誌“つり丸”を見ていると、
佐島のアマダイはこの辺りでは超人気で築地ではキロ15000円、
こんなアマダイの握りは1カン2000円はするとの記事を見て、
同じ相模湾のアマダイ、
今日は握り握り!
でついでにオニカサゴもヒメコダイも握ってみた。
ヨメサンはアマダイ、娘はオニカサゴが美味いと、
五目漁師はこんなの外で食えるもんなら食ってみろとご満悦顔。
(残念ながら今日は料理写真がない)



明日から北海道に旅行です。
昨年もそうでしたが、氷点下25℃に慣れておけば
寒さ対策も心構えもバッチリ、冬場の釣りなんてなんのそのです。

本日もポチットよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

さて、次は何にするかな?

入れ食いの海の中を覗いてみた。
丁度イサキの群れがやってきた。
水面近くには青物もイワシの群れも見える。

Img00501川奈日蓮像前の高根にて
(うそ、江ノ島水族館大水槽)




こんなところに仕掛けを入れようものなら・・・

お~っ、想像するだけで、
脳みそが
指先が、
腕がピクピク、
お尻がヒクヒクしてくる。



さて現実に戻って、
次は何にするかな?

アマダイはちと飽きたし、

アジのリベンジをしなきゃいかんが
サビキもろくに落とせない私がこんな時に大津に行ったところで
悲惨な目に合うだけだし・・・。

そうそう、昨年から不発続きのヒラメの宿題も残ったまんま。
やっぱりここはアジの泳がせで意地でもヒラメ狙いかな。

そう言えば、前回の川奈ではこの泳がせに、
まぐれで気まぐれなヤリイカがきたが、
あれって専門に狙えないのかなー?

Img00544s川奈の-30mで泳がせのアジに抱きついたヤリイカ



待てよ、ヤリイカはわからないが、
アオリイカなら専門に狙ってもおかしくはない。
しかし、今ごろはきっと深いだろうな。
-30m? いや-40m?
中オモリをつけてシャクってみるかな。

川奈だったらカワハギはどうだろう?
久しく狙ったことはないし。
あっカワハギだったら福浦もいいかも、
でもあそこはアンカリングできないからなー。

そう言えば冷凍庫にまだサバタンがあったな。
潮が良ければ川奈の深場でオニ狙いっていう手もある、
これなら外道でホウボウやカサゴのお客さんも期待できるし・・・。

今度の週末、潮回りは長潮か、
あまり関係ないとは思うけれどどうかな~?

伊東?
うーん、今は本当に何も釣れていない。
(貸しボート屋の)オーシャンのオヤジさんは
自ら出陣の度にマダイを釣っているけど、
あの人置き竿でタイ釣るの上手いからなー、
自分が行ってもカイワリ12尾ってところかな。

うーん、どうしよう??

と、私肥満なんで、いや暇なんで
いろいろ考えているが一向に焦点が定まらない。


で、とりあえず残っている料理写真でも貼り付けるか。

オニカサゴとカレイのポワレ、ビネガソース、

Cas144628s



オニカサゴのアラで潮汁。
アラっ欲張って中身を入れすぎたかな?

Cas144643s



もう冷蔵庫も冷凍庫も空っぽ、
なんか釣ってこなくっちゃ。





3
月中旬ころまではこんな調子で苦しい釣りが続きそうですね。
皆さんどうしますか?
いいお話、いい釣り教えて下さい。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

アマダイ釣り(ブログ仲間でヒートアップ)

昨日(21日)は福浦に釣行。

手漕ぎボートでアマダイがよく釣れるというので、
ブログ仲間でヒートアップし
なんと私を含め8ハイがエトーボートから出陣した。

なもんで、
普段は暇なボート屋さんはてんてこ舞い、
嬉しい悲鳴がしまいには投げやりの大声に。

さっさと自分たちで準備して出て行ってくれ!
怒っているのか、頼んでいるのかわからない始末。

わっせわっせと
他のお客さんにも手伝ってもらって
7時にはなんとか全員が沖出しに成功。

とりあえずは私から皆さんに
ポイントの概略を説明させて頂き、
後は勝手に釣りましょうと
波なし、美風(ありゃこの言葉いいね使っちゃおう)の
またとない海上コンディションの中を
ぷかぷかと各艇それぞれにアマダイ釣りをスタート!

しばらくすると、

アマダイ来たっ!

俺はオニ。

まだ一匹も。

42cmがあがった。

・・・

とメールが飛び交い出す。


五目漁師の指は仕掛け作りの時以外は動かない。
たまに電話で応戦するのみ。

後半に様子を伺うと
メーリングセンターとしてご活躍のお一人を残して
皆さんアマダイをゲット。

私を除いてこのお一人以外はここは初めて。
それでも、さすがにボート釣りの強者揃い。

あがってみると
トップはお見事アマダイ11+デカヒメコダイ多数。
大物賞は立派な42cm
他にオニカサゴも釣れているし、
メーリングセンターのお方も結局最後に追い上げで型を揃えて、
皆さん上出来の釣果。

良かった、良かった。
またやりましょう。

ボート屋のオヤジさんも
今度はシロアマダイポイントを案内するからねと、
最後は笑顔で送ってくれた。

で、私の釣果は本日はよく健闘し、中の中。

Cimg4565s今日は大きいヒメコダイ(22cm)が混ざる。(ザル径:42cm)




最近はヨメサンも私も
刺し身よりもバライティに富むカルパッチョがお気に入り。
で、釣った日のカルパッチョ三昧。

Cimg4611s

アマダイのチーズ風味、ヒメコダイの中華風味、
同じくヒメコダイのレモン風味、ウッカリカサゴのバジル風味。
旨い、旨い、旨い、旨い、優劣付けがたいが
ヨメサンは今日はカサゴが一番と。





京懐石にお似合いのアマダイはイタリアンソテーに。

Cimg4615s



アマダイボーズなしでアフターフィッシングの会話も気兼ねなく楽しめました。
良かった。それにしても皆さん好きで上手です。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (28) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »