« 釣りって素晴らしい | トップページ | ただいま一夜干しのカマスを解凍中 »

2014年1月13日 (月)

釣りって素晴らしい(その2)

今日(112日)は東伊豆の釣り師、のりべんさんのお声がけで
網代漁港から出る仕立船に乗った。

総勢9名のアマダイ五目。

少し前の風予報ではやばいと思っていた風も
この通り、昨日に引き続き絶好の釣り日和に恵まれる。

Img00520s



アマダイ釣は初めてだから一匹来ればそれで満足
と声を大にしながらも
実はツ抜けを、
実は50cmクラスを狙って準備にとりかかる面々。
(あっそれは自分のことか!)

Img00521s



しかし五目漁師は釣り座を決めるくじ引きで
8”を引いたのが運の尽き、
いや隣に底物釣りの名手A氏が来たのが運の尽き。

釣るは釣るは、
一流し目から、最終流しまで
釣りっぱなしのA氏にあてられた五目漁師は
オニカサゴ1、レンコダイ1、ヒメコダイ1、トラギス1,腐った空き缶1
でなんとか5目達成、面目躍如したものの
なんとゼロアマダイ

Img00530sこれでも撮っとけ!とA氏が支えてくれる





そんな中でも本気の収穫が一つあった。
以前から試して見たかったサバタン(オニカサゴ)と
オキアミ(アマダイ)の二股仕掛け。

数投目でまずはサバタンにオニが来る(写真なし)、

その後今度はオキアミにアマダイと言いたかったが
トラギスが。

Img00526sトラギスを掛けたオキアミ針の下にぶら下がっているのがオニ用の針につけたサバタン



やった成功。
これはいける実用新案も夢ではない。

しかし、密かに勝ち誇ったこの気持ちも直ぐに打ち砕かれる。

一つ置いてミヨシ側に陣取るaさんが
オキアミでオニカサゴをしかも2尾。

なんだサバタンなんかいらないのか~?!

昨日はaさんとの福浦釣行、
aさんが生まれて初めて上げた最初のアマダイに
二人して喜んだ。

そのaさんが今日はオニカサゴを2尾上げる。

そしてアマダイ釣りが初めてという底物釣り師Aさんが
私の隣で次第に高まる周囲のため息視線をよそに
ツ抜け寸前のアマダイをあげる。

午後二時、
海に突き落とされることもなく
無事に陸にあがった二人の釣果を覗き込みながら
皆が自分事のように喜ぶ合う。

釣りって素晴らしい。

で、今日の釣果がない五目漁師には
連荘の釣行で捌ききれなかった前日の獲物がある。

ヒメコダイとカレイの唐揚げ

Cas144435s



ヒメコダイとチーズのサラダ

Cas144441s肝心のヒメコダイが隠れて見えない




そして本日のりべんさんからお土産にいただいた
同ファームの夏みかんと自家製のマーマレードを使った
アマダイの夏みかんソース煮

Cas144426s



爽やかな酸味の中に
トッピングしたマーマレードの甘みがジュワーと広がる
絶妙のマッチング。
のりべんさんありがとうございました。







賑やかでした。たまにはいいですね。
皆さんありがとうございました。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 釣りって素晴らしい | トップページ | ただいま一夜干しのカマスを解凍中 »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!

AP改めましてKYです(笑)!!

大先輩と周りの溜め息を差し置いてやってしまいました(^_^;)

実は、前日にananさんが五目漁師さんの誘い方をジョナサンと飲み屋で二回に渡って説明して下さいました!

加えてある方のブログで、シロギスやカレイは横の誘い、甘鯛は縦の誘いと書かれていたので、イメージトレーニングして臨みました。

翌日、五目漁師さんとananさんの誘いを見て、内心は焦ってたんです。

私のイメージとストロークは同じですが、頭上まで竿を上げてから止めてないでおろしているではありませんか(@_@)

どうしよう?

誘い方を真似るべきか?

釣れはしましたが、終始、これで良いのか?
今、水深何m?
頭上で10秒、下ろして30秒の間の取り方で合ってるの?

今、何秒待った?

と笑顔で話しながらも内心は余裕が全くない、緊張した釣りでした(^_^;)


お陰で他人様の思惑は全く気付かずに自分の釣りに集中できました(笑)!!

次回からは、仕立て船に乗せて貰えないと思います(^_^;)

福浦のボート釣り案内の件、宜しくお願い申し上げます\(^ー^)/

出来れば腰痛持ちさんや釣一郎さん、ananさん、芋さんも都合が合えば一緒に行きたいです。

日程を確認してみますね!

まとめて宜しくお願い申し上げます(^w^)
失礼致します!

投稿: AP | 2014年1月13日 (月) 12時08分

APさん、こんにちは。

昨日はお疲れさんでした。
福浦での穂先の上げ下げは私としては誘いではなしに棚合わせのつもりです。
ボートを積極的に流しますので都度棚を合わせます。

昨日は私が最初にちょっと愚痴ってましたように、ボートはぴたっと止めていました
ですから、コマセ釣などでもよくやる食わせのタイミンとタイミングを取る棚が
キモだったのかなと勝手に思っています。

所変われば魚も釣り方も変わる。まさにこれですね。興味がつきません。

福浦に行かれる際には是非誘って下さい。
楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 12時31分

幸運の8番を引かれたのかと思いましたが、残念でしたね。
釣果の差はボートと釣り船の釣り方の違いでしょうか?

私のボートに釣り船に乗っている釣り仲間が同船したことがありますが、
私は好漁でしたが、ゲストはとうとうボーズだったことがあります。

また、私が釣り船に乗った時はまったく反対で、私はボーズで釣友は鯛の好漁でした。

投稿: 釣吉 | 2014年1月13日 (月) 13時11分

五目漁師さん、こんにちは!
 
釣り仲間との仕立て船、楽しそうですね。
反面、普段は独りでボート釣りをしているわけですから、勝手の違いがあるのでしょうか?
 
独りでじっくり釣りのパターンを確立するボート釣りと、釣り以外の共感も多い仕立て船。
どっちも魅力的です。
 
僕個人としては、釣果云々ではなく、ボートの方が好みかなあ。

投稿: ぐっちゃん | 2014年1月13日 (月) 13時16分

五目漁師さん、こんにちは。

2日間連続釣行お疲れさまでした。

前日はボート、当日は仕立船とアマダイ三昧な2日間でしたね♪

ご自分ではアマダイを釣らず、APさんに釣らせてしまう五目漁師さんの心意気に心を打たれました(^o^;)

本当に楽しい釣りだったようで良かったですね♪

投稿: ブライアン | 2014年1月13日 (月) 14時31分

五目漁師さんこんにちは。

10番引いたのに7番に座った人が居たんですか?(笑)

昨日はお疲れ様でした!
よく考えたら1週間で2回もお会いできました♪
しかも一緒に釣りが出来たのは本当に嬉しいです。
また是非お願いします!

私もしょっちゅう魚を掛けてた割にはアマダイは1でした。
負け惜しみではなくヒメコはとても美味しかったです♪
次回があるなら是非参加したいですね。

またボートでも是非お願いします。
大津の可能性もありますね。
カイワリも釣ってみたいし。。。

今年は更に楽しみがいっぱいです!

投稿: せーじ | 2014年1月13日 (月) 15時25分

五目漁師さん、こんにちわ
楽しい釣りでしたね。
皆さんとの釣りがこんなに面白いものだとは思いもしませんでした。
五目漁師さんはタモ取り役もあったりでお疲れ様でした。(笑)
ボートでもありますが、遊漁船だともっと顕著になりますね。
まだ腕のいいAPさんだけだったからいいのですが、大昔、全員釣れていて2人位だけ釣れない時の自分だった時は泣きそうな時がありました。(笑)

いつもは一人での釣り、これは手漕ぎの皆さんも同じでしょうけど、皆と釣ると会話が楽しいですね。
またよろしくお願いします。(笑)

投稿: ume | 2014年1月13日 (月) 16時20分

こんにちは。
昨日は大変お世話になりました。

背中のほうで五目猟師さんがオニカサゴ上げたときはうらやましかったです。
さらに空き缶を上げたときは、ブログネタとしては最高に美味しいところを持っていくな~と大変うらやましかったです。

アマダイ釣り、次回はボートでやってみたいと思いますのでどうぞそのときはよろしくお願いします。

投稿: 芋焼酎 | 2014年1月13日 (月) 16時20分

釣吉さん、こんにちは。

手漕ぎボートは風を利用して意識的に流して釣ります。
風がないときには漕いで流します。

昨日の仕立ては船長のすごい技でピタッと止まっていました。
錘を底に着けて道糸をたるませても張ることはありませんでした。

私のイメージでは止めてしまうとアマダイもオニも釣れないと思っていましたので、
愚痴っていたくらいです。

でも隣の釣り師は釣ってました。
アマダイの巣で待って釣るか、
ボートを流してアマダイを迎えに行くかの誘いの差だったような気もします。

これだから釣りは止められません。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 17時31分

ぐっちゃん、こんにちは。

私も仕立てに乗ったのは初めてでした。

乗り合いは、仕掛けが絡まったりするとお互いに嫌な思いをするので
もう10年以上も乗ってませんが
今回は仲間内でしたので仕掛け同士がグチャグチャに絡まっても
釣り師同士はノートラブル、楽しくやれました。

仲間内でできるんだから、乗り合いでもできるはずなんですがね。
それが・・・です。

百戦錬磨の船頭さんがポイントに入ってくれるのを楽ちんとするか、
一つ興味が減ったとするか
ここが乗り合いと、オウンボートや手漕ぎとの違いですかね。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 17時44分

ブライアンさん、こんにちは。

おー、そういう慰め方がありましたか。
その優しいお心遣いに私の方こそ心を打たれます。

先日の大津も、今回も
今年は賑やかな釣りに恵まれています。
その分クーラボックスの方は閑散としています。

今年は観音崎でも頑張りますからね。
よろしく。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 17時51分

せーじさん、こんにちは。

えっ、10番だったんですか、
まぁ、お陰で底物釣り師の凄腕が隣で見られましたし
大変勉強になりました。

ヒメコダイあまり大きくならない魚ですが美味しかったでしょう。
私も大好きなんですよ。

次回と言わず、是非貸しボートでも福浦や伊東を今年は楽しんで下さい。
いつも言うんですが、油壷や大津方面に比べると帰りの車は
伊豆方面の方が楽だと思っているんですが。
どうでしょうか?

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 18時02分

umeさん、こんにちは。

いやいや楽しかったですね。
こんなクソジジイを別け隔てなく一人前に扱っていただきありがたいことです。

私もumeさん以外は皆さんお顔を見るのは初めてではなかったですが
普段はブログのコメント欄だけの行き来ですから
不思議なもんですね。

のりべんさんはメンバー集めや連絡、お天気の心配と
気苦労も大変だったと思いますが、
たまにはこんな楽しみもいいですね。

umeさんとはお互いに顔も割れましたし
今後ますますよろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 18時14分

芋焼酎さん、こんにちは。

お疲れさんでした。
芋さんが変態仕掛けでアマダイを釣るところを見られなかったのが
唯一の心残りです。

あの缶、針掛かりしたところがぼろぼろになって
アジの唇以上にやばかったです。
上がった途端に外れました。

APさん自身が支えてくれるところなんか、
氏も役者としか言いようがありません。

ボートでアマダイやる時には是非声かけて下さい。
楽しみにしています。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 18時21分


五目漁師さん、こんばんは♪
うわっ!めちゃ楽しそう!
イイですね~。
みんな楽しかったんだろうな~。
釣友最高!とよくわかります。

ヒメコダイって姿揚げするんですね。
食べた事ない釣魚が沢山あります(笑)

投稿: COZY | 2014年1月13日 (月) 19時34分

こんばんは!のりべんです(^-^)
昨日は大変お疲れ様でした〜。

『実はつ抜けを、50cm以上を』こちらも狙っていましたが…(笑)
場所が変れば誘い方も変わる。そうですね!今回は本当に新鮮でしたよ〜。

のりべんと言えば皆さんと釣行中殆ど話せなかったのが心残りです。
実は言うと釣りパターンを見つけたら前の方に行こう、とずーーと思っておりました。
うーーん、幹事失格ですね(泣)

今度はまた福浦ですか?のりべんは1月いっぱいは試験関係で釣りはお休みする予定です。五目漁師さんのご釣果、楽しみにしておりますよ〜(^o^)

投稿: のりべん | 2014年1月13日 (月) 20時25分

こんばんは。

空き缶って本当に釣れちゃうんですね!
まるで4コマ漫画の実写版を見ているかのようです。

KYさん(笑)が支える空き缶の写真とそのキャプション最高です!
高笑いと舌打ちが同時に聞こえてきます(笑)

でも私はこういう瞬間に立ち会いたいたら釣りをしているのかもしれません。

心和む釣行記ありがとうございました。
次回のサバ短、楽しみししております。

投稿: ぴー太郎 | 2014年1月13日 (月) 22時05分

COZYさん、こんばんは。

ヒメコダイ、あまり大きくならないらしいのですが美味しい魚です。
しかもこいつがいるところにはアマダイがいると言われる嬉しい魚なんですよ。

小さいから面倒ですが刺し身や揚げ物なんでもOKです。
写真のように切れ目を入れて骨をむき出しにして2度揚げすると
頭からがぶりっといけます。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 22時53分

のりべんさん、こんばんは。

幹事役、本当に大変だったと思いますが
おかげさまで楽しくやらせていただきました。
ありがとうございました。

お土産にいただいた夏みかんは今晩で完食の予定。
マーマレードももう瓶の底にわずかになってしまいました。
おいしいですね。

福浦のアマダイ残しておきますから
何の試験かわかりませんが頑張って下さい。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 23時03分

ぴー太郎さん、こんばんは。

あたりがあったので大きくシャクりました。
それを見ていたAさん、何かきましたか?
うん。(五目漁師)
皆さん五目さんにやっと何か来ましたよ!
この空き缶、100mの底からゆっくりゆっくり上げてきました。
これでも撮っとけ!

4コマ完成です。

心がやさぐれる瞬間でした。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月13日 (月) 23時25分

五目漁師さん こんにちは^^

甘鯛って難しいですね 相方によれば絶対数が少ないからってw

12日私たちも甘鯛狙いで三重に浮かんできましたが
渋い渋い><
結局イトヨリ25センチクラスが2匹にお化けみたいな60センチクラスが一匹
の釣果でした;;;

三重の海でこんな渋い釣果は初めてでしたが、相方の60クラスとのバトルを
ボートの前席で見ていると、こっちまで力が入りますw
「がんばれ!」とこっちもドキドキしてきます
そう  釣りってプロセスもあるのですよね
心の中では、ほんの少し「いいな・・・・」なんて思ったりするけどw
一緒に釣っている人を応援し、共に喜ぶ事が出来るのも
素晴らしいことなのだと思います^^

年の初めから素敵なブログにコメントさせていただける事も
感謝です^^

※イトヨリの尻尾の細い部分って
どこまで測ればよいのかいつも迷いますw

投稿: 釣り婆ぁ | 2014年1月14日 (火) 13時55分

隣が上手い人で次々に釣り上げられると自分を見失っちゃいませんか?
なんで? 何が違う? そんな事ばかり考えてしまってね~

投稿: マリン・ブルー | 2014年1月14日 (火) 16時08分

こんばんは^^

日曜日はお疲れ様でした^^


KYさんを黙らせるのは五目漁師さんしか!と思ってましたが缶なんか釣るから余計大騒ぎになってしまったではないですかwww


僕は魚相手なんで釣れる釣れないはあまり気にしないですが最高に楽しい釣行でしたよ!!

遊漁船であんな楽しいのは初めてですよ。
いつもは接待が多いですが仲間内でもつりが初めてとか船酔い者続出とかで100%楽しいってわけではないんですがのりべん会は100%楽しかったです。


でも本音言うと、アマダイの引きって楽しいですね。
後1匹欲しかったです。
やりたい料理もあったんで。


また次回です。 できればご一緒したいです。
アマダイ釣りの基本みたいなのをまた晩飯でも食べながら教えて頂けませんか。

投稿: 世妃亜 | 2014年1月14日 (火) 17時48分

釣り婆ぁさん、こんばんは。

私が知っている限り手漕ぎボートで狙ってアマダイが釣れるところって福浦だけなんですよ。
伊東でも川奈でもたまに釣れてきますがアマダイ狙いはやらないですね。

それにしても60cmのイトヨリとはでかいです。
とりあえず“イトヨリ 日本記録”でググってみると51.4cmでした。
(あてになる記録ではないと思いますが)

私の場合はイトヨリに限っては尾びれの下側の端までを測っています。

性格の悪い私でも、釣りに関してはなぜか人が釣ると嬉しいんですよ。
まだまだ見えないうちから覗きこんで、
バラすなバラすな、ゆっくりゆっくり、やったー です。

釣り婆ぁさんが私の前でアマダイ掛けたら、
飛び込んで支えてでも応援しますよ。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月14日 (火) 21時42分

マリンブルーさん、こんばんは。

この日はブログ仲間の仕立てでアマダイ釣り初めての人も多く(実は隣のAさんも初めて)
正直自分が釣れるよりも嬉しかったです。

乗り合いだとそうはいかないですね。

いま少し見ましたが、初釣りはキンメだったんですね。
あとでじっくり見させていただきます。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月14日 (火) 21時53分

世妃亜さん、こんばんは。

そのKYさん、私がヘビヘビとか言って腐った缶を上げた時には黙りましたよ。(絶句)

私も正直に自分で釣り上げるよりも回りが釣るのが嬉しくて、嬉しくて楽しかったです。
一体なんですかね、私に丁寧なお言葉でコメントやメールをくれるananさんと
船上でヒヒヒッと掛け合うananさんのギャップは。

仕立ては初めてでしたが、同じ船でも乗り合いとえらい違いでした。

アマダイ釣りの基本ですか?
わかりました。世妃亜さんにだけは絶対に釣れない基本を教えましょう。
それさえやらなければきっと釣れますよ。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月14日 (火) 22時14分

仕立てでしたか^^

わたくしの数少ない遊漁船経験でも4回くらいやりました。

仲間内みたいで安心感あるし、楽しいですね。

でも、釣果を競うとなると皆手返しに必死になります。

遊漁船でいろいろ経験しましたが、社会主義的配分をする船長や、

資本主義的分配を良しとしながらも、きっちりお土産持たせてくれる船長などいましたね。

九州の遊漁船の船長は気が荒くてやってられライ面もありました。

それが今の私のスタイルを生んだんだと思います。

投稿: 飛竜丸 | 2014年1月15日 (水) 22時38分

飛竜丸さん、こんばんは。

仕掛け作りから始まって、料理して食べ終わるまで。
釣りのどの部分を楽しむか。

船長が釣れる場所まで連れてってくれて落として下さい、上げて下さい。
魚と勝負の私にとっては今回は釣りというよりもお祭りです。
たまにはいいですねこんなのも。

飛竜丸さんもテニス仲間と乗るときにはいつも船長ですが
目印がない海上でピタッと海底に対して船を止めてます。
それがいいかどうかは別として、凄腕でした。

投稿: 五目漁師 | 2014年1月16日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/58936138

この記事へのトラックバック一覧です: 釣りって素晴らしい(その2):

« 釣りって素晴らしい | トップページ | ただいま一夜干しのカマスを解凍中 »