« 完ボ覚悟は無敵の強み | トップページ | いくつかの小物紹介 »

2013年7月28日 (日)

この流れ、五目漁師にはきつ過ぎる

今日(728日)は観音崎に釣行。

昔、近くの走り水では何度かボート釣りをしたことがあるが
観音崎は初めて。

噂に聞くあの潮流の中で、
タイラバをやってみることにした。

本来なら、小潮回りを選ぶべきであったが
今日は夕方に東京湾や相模湾を中心にした
釣ブログで活躍する皆さんのオフ会が
観音崎近くの居酒屋で予定されているため、
参加を兼ねての観音崎行となった。

6時前になかねボートに到着すると、
オヤジさんが今日は何を狙うの?
タイラバで鯛です。

店内には鯛、鯛、鯛、鯛の釣果写真が
あっちにも、こっちにも、
オヤジさんが一枚ずつ説明してくれる。

これがうちのお客さんでよ一番のタイラバの名手だよ
(お客さんと大きな鯛が写っている)。
タイラバでは鯛しか釣れないので今はビシ釣に変更しちゃったけどさっ。
やっぱり、鯛は秋だね、今は釣れるとは言えないね。


いいんです、今日はボウズ覚悟ですから。

こちらは素人がさ2時間でこんな鯛釣って帰ってきちゃったの、
びっくりしたよー・・・


と、話が途切れない。

そしていよいよ7時に出ボート。

何号持って行くの?

タイラバだけど50号くらいかな。道糸は細くしているけど。

そんな軽い重りじゃ行ってみたらわかるけどさー

の忠告を尻目に正面の-50mまで漕ぎ出す。

なんだたいしたことないね、
ところが後でこの誤解に気づく。

アタリが一向にないので他の釣師が集まっている岸側に移動。
ここでアンカーを投入しやがて船が止まると
なんとこれが噂の潮か、オオーッ流れている。

手を突っ込むとあきれてうれしくなるほどの流れ、
手のヒラに遮られた流れがチャプチャプと音をたてている。

そうか、先ほどはアンカーを入れていなかったので
潮と一緒に流され流れに気づかなかったんだ。
海は広いね、大きいね。

これじゃ鯛ラバは難しいのかなと遊んでみることに。

アンカリングしたボートからタイラバを泳がせてみるとこの通り。

どうなんだろういいのか悪いのか、
横の動きは潮に任せて
棚を探るようにゆっくりゆっくり巻き上げればいいのかな。
(どうですか飛竜丸さん)

アンカーをあげれば対水速度は小さくなるので
平和な巻きあげができるものの
あっという間に皆さんとはさようなら

潮上に漕いでは流され、
また漕いでは流され
と もうクッタクタ。
最後の最後まで頑張ってみたものの
残念ながらあたりらしきものは一度もなかった。

秋に出直しかな。



この後、オフ会に参加しました。
いつもブログのコメント欄でのコミニュケーションはあるものの
皆さんとお会いするのは初めて。
いやいや盛り上がりました。

お互いに旧知の仲以上の親しさ。なんですかねこれは。

幹事さん、いろいろ準備をして下さった皆さんありがとうございました。
こんな集まりをバックグランドに一層今後の釣りに、ブログに励みが出ます。

もっとお話ししたかったのですが帰宅の時間となり、残念でした。


今後ともよろしくお願いします。


あきお★あきおさん、K-aoruさん、
今日は海上でご一緒させていただきありがとうございました。
私の方からは写真等でわかっていたのですが、
沖出し前に名乗りそこね申し訳ありませんでした。
観音崎は私にとっては難し過ぎますが、またご一緒させて下さい。

本日もポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 完ボ覚悟は無敵の強み | トップページ | いくつかの小物紹介 »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

タイラバ、自分もやりますが、まだ鯛を釣ったことはありません。
よく来るのはイトヨリ、カサゴ、たしかショゴとかも釣ったようです。
でも大体、朝のうちの薄暗い時だったり、風が弱い流されない時が多いです。
観音崎のように潮の流れが早いところでやったことはありませんが、流され出すとやりにくいですね。
でも周りのカヤックの方を見ていても、最初は釣れていないけど、そのうち鯛とかハタとか大物を上げておられますから、続ければきっと報われると思います。
自分はまだまだ中途半端でそこまでは行きませんが・・・。

オフ会、にぎやかでよかったですね。
お互い釣り好きの人たちの集まりだから話も弾むと思います。
更に釣りが楽しくなりますね。(笑)

投稿: ume | 2013年7月28日 (日) 16時39分

こんにちは。

昨日はオドロキの登場でしたね。

おお~、五目漁師さんだとびっくりでした。

なかなかお話できませんでしたが、それは次回のお楽しみということで。

前釣りは観音崎だったのですね~。

なかなかあそこは手ごわいです。(笑)

投稿: 芋焼酎 | 2013年7月28日 (日) 17時47分

umeさん、こんにちは。

umeさんもいろいろやられてますね。
私は昔から、擬似餌やルアーはゲーム性は高くても
釣果は実餌には所詮勝てないと理解してきています。

ところが、九州の飛竜丸さんという方がタイラバで毎回いい釣果を
あげられるのをみて少しやってみようかなという気持ちになりました。

ただ、観音崎はご覧いただいたように潮の流れがあまりにもきつく
素人には難し過ぎました。
アオリイカのエギングと同じですね、くれば一発で大物だとは思うのですが。

所帯は小さいですが、西伊豆組も一度やりますかね。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月28日 (日) 18時09分

芋焼酎さん、こんにちは。

そうなんですよ、突然の参加でした。
皆さんの顔は大体わかっているつもりだったんですが
ガラガラと戸を開けて入った時には、
違うな、2階かなとちょっとうろたえてしまいました。

芋焼酎さんとも、皆さんとももう少し話がしたかったのですが
みるみる間に時間が過ぎ、もう帰る時間でした。
残念でした。

随分と日焼けしてましたね。
私なんかはHEPPOさんに白いとまでいわれましたが。
また次回よろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月28日 (日) 18時15分

お疲れ様でした^^

凄い流れだったので、仕方ないでしょう。

私らはすごい流れの中、船を流して糸を立てて、やって今氏が、アンカリングしたらどうなるのか、

もうかれこれ7年くらいアンカーを出したことがないので、よくわかりません。

もう少し潮の動きが緩い時に再チャレンジしてください。

でもこれは瞬間で魚がいるかいないか見るだけでも有効ですよ^^

投稿: 飛竜丸 | 2013年7月28日 (日) 22時25分

こんばんは
昨日はお疲れ様でした
五目漁師さんのブログは以前から拝見させて頂いてました
そして昨日、お逢いしお話しが出来て嬉しく楽しかったです

私も最近、観音崎に行くようになりいつも苦戦してます
あの、流れを始めて見たときは驚きました

私はまだまだ分からない事だらけですがこれから宜しくお願いします

投稿: 紋二郎 | 2013年7月28日 (日) 23時27分

五目漁師さん、こんばんは。

えらいこっちゃ会&観音崎釣行と、遠路はるばるお疲れさまでした。

えらいこっちゃ会では、まさか五目漁師さんがいらっしゃるとは思っていなかったのでとてもビックリしちゃいました(^_^;)

あまりお話はできませんでしたが、お会いできてとっても嬉しかったです。

今度はお酒を飲み交わしたいですね(^_^)♪

これからもよろしくお願いします!

投稿: ブライアン | 2013年7月29日 (月) 01時16分

こんにちは!

先日は、エライコッチャ会に登場で大変驚きました!

生で五目漁師さんに拝顔できるとは思いませんでした!

部屋の隅っこにいたのでお話できませんでしたが、8月中にパラシュートアンカーを完成予定です!

出来上がりましたらアップしますので、アドバイスをお願いします。

本当は、料理、漕ぎ方の話もしたかったです(*_*)


私も観音崎で大潮の際に浅場でちょっとだけやりましたが、手強いですね!

8月に再度アタックします!

投稿: AP | 2013年7月29日 (月) 10時28分

五目漁師さんおはようございます。

サプライズゲストとしてご参加頂きありがとうございました。
皆さんの驚く顔を見て幹事側として「フッフッフ」でした(笑)

観音崎は次回リベンジでしょうか?
私も秋くらいにリベンジを考えております。
全然ポイントとかはわかりませんが、ハイエナ作戦で赤いのを狙ってみたいです。

また海か陸かわかりませんがお会いした際にはよろしくお願いします♪
本当にありがとうございました。

投稿: せーじ | 2013年7月29日 (月) 10時35分

こんにちは!のりべんです(^^)

27日は本当に驚きました・・・。

実は言うと、いっぷくのお店の前で、知っている人はたけちゃんさんと芋さん、世妃亜さんで・・・五目漁師さんはいらっしゃらないんだよなあ・・・。何故?と思っておりましたので二重に驚いておりました(笑)

ああゆうサプライズはもっと体験したいですね(^0^)!

川奈、多分魚のご機嫌が良い時は凄いんだろうなあ、と思いました。
そのあたり、ブログに書きたいと思います!

投稿: のりべん | 2013年7月29日 (月) 12時59分

あきおさんの神懸かり的な必然の鯛。釣りキチ先生とたけちゃんさんの釣酒豪&ブログ更新まで休み無くこなす鬼神の気力体力に、本当に驚ろきました。

しかし、そこに遠征釣りが加わる五目漁師さんが1番です!
この釣行記を拝見する限り、疲れは感じ取れません。
流石本物の海の男です!

あの場にいた皆さん同じなのですが、五目漁師さんの少年のような目の輝きが印象に残りました。

日焼けの件ですが、五目漁師さんが白い、と言ったつもりは無いんですよ〜(^^;;。
ただ、僕の中のイメージの五目漁師さんが真っ黒過ぎただけです(^_^;)。

お会いできて本当に嬉しく、光栄でした。
今後も末長くよろしくお願い致します!(^O^)/

投稿: HEPPO | 2013年7月29日 (月) 13時21分

こんにちは
驚きました!!お店に入り、すぐ目の前に見た事のある人が???
ブログや川奈の釣果写真で見ていましたが、あまりに私と同じく漁師焼け
貫禄に圧倒されましたね
聞きたいこと、話したい事沢山ありましたが、席の都合で残念でした
次回一緒に釣る時に、ゆっくりと話したいです
又、今回観音崎とは、こちらの方がより残念です
分かっていれば、仕事も休んで行きたかったですね
観音崎の流れにどう釣ろうか、釣れるのか半年掛かりました
潮の干満、大潮など、一か所場所を決めて釣り続け
釣れなかったですね
始めて真鯛やワラサが釣れた時は、ボート屋さんから釣り仲間
全員に喜んで頂きました
嬉しかったですね
今は少し分かり、潮の状況で釣る場所は分かるようになりました
しかし、釣れない時は、何も釣れない場所です
なかねの釣り人、全員が観音崎は場所と潮が8割
腕は2割と言っていますね
次回、楽しみにしています

投稿: ボート釣り趣味人たけ | 2013年7月29日 (月) 17時13分

飛竜丸さん、こんんちは。

アンカリングしてボートを止めた途端に感じていた以上の流れでした。
-25m位でも糸は60m以上も出てしまいます。

後半はアンカリングをやめて流しましたが今度は漕ぐのがきつかったですね。
どっちがいい釣りができるのかまだわかりません。

店にはタイラバで釣り上げた人の写真もありましたので
うまくやれば釣れるんでしょうが少なくとも潮止まりの前後が勝負になると思います。

問題はそのとき魚がどんな反応するかですね。

折角いただいたタイラバも重たいのを二つロスしてしまいました。
申し訳ありません。

秋のシーズンにもう一度やってみます。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 19時21分

紋二郎さん、こんにちは。

先日はどうもありがとうございました。
賑やかな中ゆっくりお話ができませんでしたが、
今後ともよろしくお願いします。

観音崎、今のところ私の手に負えるポイントではなさそうです。
私は普段は東伊豆方面が主ですが、紋二郎さんのようにここで慣らせば
真鶴や伊東方面は池の鯉釣りです。

いつも戦場じゃなしにのんびりとした釣りがやってみたくなった時には
伊豆方面でのビシ天釣りご案内しますよ。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 19時27分

ブライアンさん、こんにちは。

先日は、どうもありがとうございました。

余りに賑やかでゆっくりとお話ができませんでしたが、
写真ではいつも長靴か指先しか見せてくれない奥様にもお会いでき、
なるいほどとブライアンさんに勝る釣果も納得できました。
(魚も美人好き、ブライアンさん頑張っても勝てないですよ、漕ぎましょう)

それにしても、あの激流は私の手に負えるところではありません。

今度こそはとあそこを立て続けに攻めるお二人は根っからの戦師ですね。
私はのんびりとした平和ムードが好きですとめげています。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 19時41分

APさん、こんにちは。

先日はお疲れさんでした。
APさんは芋焼酎さんとマゴチ狙いでしたか。
つりの浜浦は私も昔キスつりで二三度行ったことがありますよ。

場所はあまり離れていないのに観音崎の流れは凄いですね。
平和な東伊豆で釣りを楽しむ私は降参です。

あの日、実はシーアンカーも持って行ったのですが
あのパワーのある流れの中ではまったく不必要でした。

APさんがシーアンカーを手にするとまさに鬼に金棒ですね。
出来上がったらまた見せて下さい。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 20時05分

せーじさん、こんにちは。

がらがらっと戸を開けた時に
皆さん私の顔見てしらーとしていたので間違った、ヤバイと思いました。

まさに私にとってサプライズでした。

役者不足で申し訳ありませんでした。

でも楽しかったですね。
釣りを続ける楽しみがまた一つ増えました。

せーじさんは観音崎はまだでしたか、
あそこは尋常の釣り師では無理ですね。
私は完璧に降参です。

再来年の秋ころにまだ生きていたらリベンジです。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 20時08分

のりべんさん、こんにちは。

お互いに皆さんと初顔合わせできて良かったですね。

次の日の釣行予定がなければもっと話したいんだけど
と後ろ髪引かれるような気持ちで帰られたんじゃないですか。

我々東伊豆組にとってはなかなかない機会ですから、
進めて下さった釣りキチ先生、大吟醸さん、せーじさん、
世妃亜さん、他皆さんに大感謝です。

川奈、残念でしたね。
私もあそこに行くとお尻が軽くなり、移動を繰り返してしまいます。
ポイント、魚種が多いだけに一通りなめたあとで的を絞って釣ることが
釣果あげるキーになりそうfです。

ヒメコが釣れたということは、
深場も行かれたということでしょうか?

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 20時21分

HEPPOさん、こんにちは。

少年ときましたか。うれしいような悲しいような。

年齢の隔たりなしに若い人達と一緒に楽しめるなんて幸せですね。
たけちゃんの何を言われようがあのにこにこ顔がそれを物語ってると思いませんか。
言葉は怒っていても顔はいつもほころんでいます。
あっ私は言葉も顔もそうですが。

私にとっては実は東伊豆よりも大津や観音崎の方が余程近いんですよ。
向こうに行ってしまうとなんとなくあの静けさが好きで今ははまっていますが、
HEPPOさんと一緒に並んで一人入れ食いもやってみたいですし、
またその時にはよろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 20時28分

たけさん、こんばんは。

いやいやもう少しゆっくりお話させていただきたかったですね。

正直、皆さんの中で私のイメージが一番違ったのがたけさんでした。
あの満面のにこにこ顔はブログからは全く想像ができませんでした。

その一方でイメージ通り、たけさんの海を覗く興味の強さと、
真摯な取り組みに感心させられました。

私は陸上でもそうですが方向音痴なんですよ。
たけさんのように計算した釣りができず気合と呪いの釣りです。
釣れない時は海に向かって怒鳴ったり、お願いしたりです。

私の場合は釣りは魚のご機嫌が8割、1.5割が腕で残りがえさや仕掛けです。

ただこの仕掛けですが、私の持っている竿もビシも観音崎では使えないですね。
もちろん釣り方も全然スタイルが違います。

半年の試行錯誤の結果とはいえ
何気に出かけてフンと釣って帰ってくるさすがですね、やってみたいです。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月29日 (月) 21時06分

こんちゃ(^-^)/

先日は、遠路はるばる御足労頂きありがとうございます。
戸を開けた瞬間解らずに申し訳ありませんでした。

今回は挨拶だけでしたが、次回ゆっくりとお話させてください。
弟は外浦(下田手前)がホームグランドです。
嘉福丸←検索するとホームページでます。

いつか、川名♪伊東でご一緒したいですね!
またよろしくお願いいたします!!

投稿: 大吟醸 | 2013年7月30日 (火) 01時44分

五目漁師さんおはようございます

先日のえらいこっちゃ会へ、遠くから参加お疲れさまでした

お店に入られて、お顔を見た瞬間?? どこかでお会いした方?

遡ること3時間ほど前に観音崎のボート店でお話しをした方だ!と気が付きました

私は人生初の赤い魚を上げたばかりで興奮気味で失礼いたしました

宴席では遠くの席にいましたので声もかけられず・・・

また、お話しをさせていただけると嬉しいです

これからもよろしくお願いいたします

投稿: ハギ | 2013年7月30日 (火) 04時11分

大吟醸さん、おはようございます。

先日は本当にありがとうございました。
あれだけの釣り師の集い、そうはないと思います。
お互いに初顔合わせが多い中でなんでしょうかあの賑わいは。

大吟醸さんのお人柄のなせる技に感服です。

もっと居座りたかったのですが
次の日に遠路の運転が控えていましたのでお先に失礼しました。

外浦の嘉福丸みましたよ。
魚の宝庫らしく今はイサキが釣れているようですね。
金目などもやってらっしゃるのでしょうか。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月30日 (火) 08時01分

ハギさん、おはようございます。
私も海岸で鯛を見せていただいたときにはメンバーの方とは知らず失礼しました。
でも、いい型の鯛でした、ハギさんも大満足そうでしたし、もう止められませんね.

ブログ見せていただきましたら、タイの釣果が3になっていました。
もしかしたら次の日もまた観音崎でしたか?

私はあの日は朝からずっとタイラバ一本でしたが
まったくアタリらしきものはありませんでした。

タイラバは初めてでしたのできっと何か間違ったことをやってるんだと思います。
まさに今回のハギさんと同様、一尾でも釣れば要領がわかるのですが。
そこからがスタートですね。

私は普段は東伊豆が中心ですが今年は東京湾側でも楽しんでみたいと予定しています。
またお会いしましたらよろしくお願いします。

投稿: 五目漁師 | 2013年7月30日 (火) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/57878910

この記事へのトラックバック一覧です: この流れ、五目漁師にはきつ過ぎる:

« 完ボ覚悟は無敵の強み | トップページ | いくつかの小物紹介 »