« 交渉成功! でもそれがために・・・ | トップページ | 観音崎のモンスター退治でもちきりの中 »

2013年4月17日 (水)

カイワリとカイワレの梅肉添え

次なるターゲットや釣スタイルに思いを馳せながら
仕掛け作りや道具の手入れをする、

そして準備の出来栄えにかかわらず
海のご機嫌次第で一喜一憂する当日の釣り、

そしてそして自宅に凱旋してからの料理と食事。

これで3回楽しめる。

どんな趣味でも、
準備があって、決行日があって、後始末はあるが
釣の3ステージにはどれもこれも優劣つけがたい楽しさがある。

今回はその3ステージ目の楽しみにヨメサンが加わった、
というか乗っ取られた。

釣魚料理本を片手に無用なページ繰りの繰り返し、
やっと調味料などの在り処は覚えてきたものの
狭い台所を無意味に右往左往する釣師。

そんな五目漁師を見るに見かねて
ヨメサンがカイワリ三昧の料理に腕をふるってくれた。

料理本のページを繰るかわりに、
紙切れに書いた自分のメモを見ながら
手慣れた料理や創作料理がどんどん進む。
お皿の数もどんどん増えて行く。

ほほーと感心している間もなく、
五目漁師の役目はさっさとブログに使うための写真撮り。

はいっ出来上がり
であれだけの魚が二日で終わり。
二人の胃袋はカイワリでパンパン。

先ずは、カイワリとカイワレの梅肉添え

Dscp137349s


お次は、カイワリとボート店の奥様からいただいたたけのこの
木の芽白みそ和え

Dscp137351s


お次は、カイワリとそら豆の春巻き

Dscp137390s


お次は、カイワリサンド

Dscp137368s


お次は、カイワリとたけのこご飯

Dsn139166s


お次は、カイワリの塩焼き

Photo_2



そして、お次はこれは小さいイトヨリの甘酢あんかけ

Dscp137396s


これに当日のカイワリのカルパッチョとムニエルを加えて、
9品、カイワリならではの応用範囲の広さもさることながら
二日で完食には我ながら驚き。

で、またすぐに釣ってこなくっちゃ。

 

今のカイワリ、刺身はトロリ、焼いては脂がポタリポタリ
と最高ですよ。
で、今日もポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 交渉成功! でもそれがために・・・ | トップページ | 観音崎のモンスター退治でもちきりの中 »

釣り魚料理」カテゴリの記事

コメント

奥さんの腕も凄いですが、写真もいいですね。
食べてみたいと思える写真、自分も撮りたいです。
しかし、自分の釣果だとあんかけだけか刺身追加で終わりそうです。(笑)
そういえば最近釣りに行っていないところから、変な習慣が身に付きました。
上多賀に小さな魚屋があるのですが、ここへ行くのが楽しみなのです。
3月は子持ちヤリイカを買って煮付、今回は真鯛の刺身と少しだけど楽しんでいます。
旬の魚の食べ方も教えてくれるので楽しみです。
こういうところの魚はやはりうまいですね。

投稿: ume | 2013年4月18日 (木) 05時16分

umeさん、こんにちは。

私もスーパーにヨメサンを連れて行くと必ず鮮魚を見に行きますよ。
と言っても、姿の魚はアジと鯛、それにスルメイカくらいです。
そのあとはさっさと戻って車の中で待機です。


先日初めてカイアワリをみました。
長崎産、釣れくるのと同じくらいの大きさでしたが
一尾580円でした。よっしゃ!という感じです。

あの値札見ていると、やっぱりアジ、サバくらいしか買えないですね。
魚は肉などに比べると高すぎます。

今週末、土曜日はいいかもしれませんね。
umeさんの釣行記楽しみにしてますよ~。

投稿: 五目漁師 | 2013年4月18日 (木) 18時20分

こんにちは。

いや~旨そうな料理のオンパレードです。
個人的には、「カイワリとカイワレ」という駄洒落料理が心にとても響きました。

こってりしたカイワリとさっぱりしたカイワレの組み合わせはけっこう名コンビなのではないかと思いました。(^^♪

投稿: 芋焼酎 | 2013年4月18日 (木) 19時01分

芋焼酎さん、こんばんは。

性格が真面目なヨメサンにしては珍しく上出来の駄洒落です。

特に今回のカイワレは脂のりのりでしたので、よく合いました。

いやーよく吹きますね。
また外がピューピューとうるさいです。
でも今度の土曜日は久しぶりによさそうですね。

私の方は次は、カサゴとかイサキとかに目先を変えてみようかな
と思っています。

投稿: 五目漁師 | 2013年4月18日 (木) 22時58分

素晴らしいです
夫婦で見とれています

おとなしかった家内が
あなたと違い、皿も切り方も、盛り付けもと
煩いです
最後に、家内に何の魚か知っているのか
聞きますと、知らないと
魚を見ていませんね???
カイワリと教えてもカイワレです
大根と一緒ですね

投稿: ボート釣り趣味人たけ | 2013年4月18日 (木) 23時00分

たけさん、おはようございます。

なんとなく寝苦しく、
そろそろ明るくなるころだから起きちゃえ!
と布団から出たらまだ2時でした。2時間しか寝ていません。
もう眠れそうにないので、パソコンも叩き起こしたところです。

奥様に見られてしまいましたか。お恥ずかしい限りです。
きっと暇そうな夫婦と思われたでしょう。
ヨメサンは私が釣ってきた日は料理から解放され、
私が助けを求めると応じてくれる程度ですが
この日はカイワリをみて自分なりのイメージが浮かんだらしく
腕をふるってくれました。

昨晩よりずっと、観音崎の大物が気になっています。
天気は良くないようですが、なんとか出られるといいですね。
最近にない楽しみです。

投稿: 五目漁師 | 2013年4月19日 (金) 02時36分

こんばんは!のりべんです。

カイワリにカイワレですか!
いやあ、ダジャレもそうですが辛味が効いて
カイワリの脂に合いそうだなあと思いました。
イイですね!(^o^)

あとカイワリの塩焼き、脂がポタポタですか!
この刺身も、カルパッチョも食べたい…。
釣りに行かないとお味を忘れてしまいそうです>_<

本当にいつに出れるのやらですが、
仕方ないのでまた明日(今日でした)
雨が止んでいたら海水汲みに福浦ですね(^_^;)

投稿: のりべん | 2013年4月21日 (日) 00時42分

のりべんさん、おはようございます。

今回に限っては週末だけではなく週中も殆どだめでしたね。
週末は風だけでは気が済まず、低温と雨のおまけつきでしたが、
本当にどうかしています。

油壺では昨日、NSで真鯛があがっていますし
大津ではアジにイシモチが釣れ続いていますし
(私の知り合いが17日に半日でクーラ満タンだったそうです。)、
観音崎には幻の大物と、話題がいっぱいです。
東伊豆も頑張らなくっちゃですね。

福浦、まだ今日も寒そうですから
お子様と一緒だったら気をつけて下さいね。

投稿: 五目漁師 | 2013年4月21日 (日) 06時26分

いやー何度も申しあげたように、私はこの平らったい鯵系の刺身の赤身の

あの官能的なピンクに惚れています。(きっぱり!)

なのになかなか出会えません。なので食する機会がこのところ6年ばかりないのであります。

羨ましい限りです。・・・・ψ(`∇´)ψじゅるっ!

投稿: 飛竜丸 | 2013年4月21日 (日) 21時08分

飛竜丸さん、こんばんは。

鯛と鯵、いつでも交換OKですよ。
船、乗り替えるとますます鯵、サバからは遠ざかりますね。
高級魚たくさん釣ってください。

私の近所のスーパーは何故か長崎産のお魚がいっぱいです。
近くに海があるのに、鯛も鯵もメバルもカワハギも
皆長崎から運んでいるようです。情けなやです。

最後のじゅるっ!は意味不明です。

投稿: 五目漁師 | 2013年4月21日 (日) 22時55分

五目漁師さん、こんにちは。

まさにカイワリのフルコースのようですね♪
こ、これはもう堪りません(^q^)ジュル

お酒が飲みたくなりました(苦笑)

しかし素晴らしい料理の数々ですよね♪

写真もとても綺麗ですし、またこの盛り付けなどとても素人さんには見えないんですが、五目漁師さんはお店か何かやられてるんですか??

これだけお店で食べたらいいお値段になるんだろうなぁと考えながら見てました。

というか目が釘付けでした(笑)

うーーん、本当に素晴らしいですね(^o^)!

先日自分で刺身を盛りつけてみたんですけど、これがもう笑うことしか出来ないような仕上がりになってしまいまして(汗)

少し五目漁師さんのブログを見て勉強させて頂きますぅ(^o^;)

投稿: ブライアン | 2013年4月24日 (水) 15時38分

ブライアンさん、こんばんは。

決して、私(五目漁師)の狙いではないのですが、
カイワリしか釣れなかったのでカイワリのフルコースになってしまいました。


釣り魚料理に限ってはいつも私がテキスト片手に、腕を振るう(いや、腕を震わせる)のですが
今回はヨメサンにポジションをとられてしまいました。

料理の基本がない私の場合は丁寧に丁寧にテキストの文字を追いながら時間をかけて作るので
いつも釣りの日は食事が10時になってしまいます。

実は私の方は以前よりブライアンさんの料理を見させていただき、
一品一品の料理にひそむセンスのようなものが真似できないかと
参考にさせていただいているんですよ。

料理は主婦がやるものと思っていましたが、
やってみるとこれは芸術感覚と技術の両輪でなせるものとわかってきました。
釣り師ならではの新鮮な高級魚を使ってやるわけですから
やりがいがありますね。


投稿: 五目漁師 | 2013年4月25日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/57190112

この記事へのトラックバック一覧です: カイワリとカイワレの梅肉添え:

« 交渉成功! でもそれがために・・・ | トップページ | 観音崎のモンスター退治でもちきりの中 »