« 完敗 | トップページ | 見よ!! 天を貫くがごとく »

2013年3月 5日 (火)

もう一つ別の釣果

実は、先日(3月3日)の釣行では
もう一つ別の釣果があった。
これっ。

Dscp137198s(ザル径:42cm)

このビシ天(ビシと天びんが一体構造になっているので、
五目漁師が勝手にこう呼んでいる)を手に入れた。

以前よりビシ天の発明者(製作者)から直接入手していたが、
最近はご本人にお会いすることができず、
弟が電話番号を調べやっと連絡がとれた。

そして、この日、
第三者を通じてヤクの売買でもするかのように、
やっと3つ(内一つは弟用)を手に入れた。
(後で車のワイパーに挟んだ丁寧なメモ書きを
ご本人からいただきました。ありがとうございました。
大事に使わせていただきます。)

で、このビシ天、
釣れない時の魔法のビシ
釣れている時のイケイケビシ
撒き餌が余った時の喰らえビシ

発明者の釣り方によると、
シャクるというよりも竿をあおって止める、
しばらく待ってまたあおり止めて待つ。

この簡単な繰り返しで棚を広く探り釣果を上げていく。
不調の時でもこのビシ天に替えると、
一体今までは何だったの?
と釣れだすことが度々ある。

今年もそろそろアジやカイワリのシーズンを向かえる。
油壺や川奈のイサキも楽しみにしている。
このビシ天があると心強い。

で、先日の釣果は既に完食。
素材が良いとどう食っても旨い。
白身の小魚を集めて、
大名おろしの贅沢なフライドポテト風唐揚げ。
これがお魚??というほど上品なフカフカ感。
五目漁師の貧弱な表現力ではお伝えできないのが残念。
食べてみる?

Dscp137178


ヒメコダイのカルパッチョ

Dscp137159



アマダイの昆布締め

Dscp137193右半分には梅汁をかけてみた

イトヨリ煮

Dscp137175_2この時期アサリがないらしい。しじみのように超小粒



テキスト:釣り魚の食卓、釣り魚でつくるおいしい料理300選他




COZYさんに教わって、

料理撮影の手前に キッチンホイルのレフを置いてみましたが、

難しいですね。ちょっとはましになったかな?

今日もポチりとお願いします。

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« 完敗 | トップページ | 見よ!! 天を貫くがごとく »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

ビシ天、わかったようでわからない構造のようです。
左側のカゴとかおもりとかはわかるのだけど、ナンテンの近くのおもりが何処にくるのだろ??
とにかく、釣れるのであれば面白いと思うのですが・・・。
頭の悪い私には謎です。(笑)

投稿: ume | 2013年3月 5日 (火) 22時48分

五目漁師さん、こんにちは!
私への温かいコメントありがとうございました!感動しました!
ビシ天の事を真剣に読んでたら・・・びっくり!
ヒメコダイのカルパッチョなんて割烹のメニュー写真みたいですね!
レフ板効果バッチシですよ!さすがですね〜。。。
・・・しかし何ですか、この料理のハイクオリティー。
写真以前に料理が凄すぎです!
釣った魚をこんな調理できたらな〜。刺身と煮付け以外は、
五目漁師さんに教えてもらったカツオ飯しかできません(泣)
また今度何かレシピ教えて下さいませ。

投稿: COZY | 2013年3月 6日 (水) 00時24分

umeさん、おはようございます。

あれは南天の実ですよ。

実は使っている私もよくわかっていません。
撒き餌を入れるときには外側のの筒を上方にカパッと抜いて
内側の筒に入れます。
外側の筒はかぶせてあるだけなので、上に抜けていかないための
錘だと思いますよ。結構固いのでなくっても大丈夫だと思うのですがね。

これ本当によく釣れるのですが、撒き餌が
いっぱい要ります。
構造上巻き上げたのをもう一度落とすのは苦手ですので
一回の巻取りで餌が全部なくなる程度に撒きますよ。

投稿: 五目漁師 | 2013年3月 6日 (水) 00時53分

COZYさん、おはようございます。

いつも私のままごとをお褒めいただきありがとうございます。
そんなに感心されてもテキストの通りつくっただけですよ、
ということで最後にテキスト名を入れることにしました。
(なーんだ、これ真似ただけなのと言われる前に)

今回ヨメサンに20cm角程度の段ボール紙にアルミホイルを張った
レフを持ってもらったのですが、どうしてもカメラがレフの明かりを
さえぎってしまい、こう?いやもう少し右、こう?いやもう少し上・・・
と難しいですね。苦労した割には効果は今一つでした。

投稿: 五目漁師 | 2013年3月 6日 (水) 01時10分

こんばんは!のりべんです。

ビシ天の記事、嬉しいです!じっくり読ませて頂きました(^-^)

『あおって止める、あおって止めて待つ』ですか…!
なるほど、その方が大きい煙幕に漂う演出がより自然に出来る、という事なんでしょうか?
のりべんが持っているのは底がぱかっと開くタイプなので、一回あおっただけでみんな出ちゃうよな…と思いました(^_^;)

おニューのビシ天…カイワリのシーズンがますます待ち遠しくなっちゃいますね(^-^)

今度お会いするところは伊東のように思います!またお会い出来るのを楽しみにしております(^-^)

投稿: のりべん | 2013年3月 7日 (木) 18時40分

のりべんさん、こんばんは。
ビシ天、強い見方ですが、撒きえがたくさんいるので最後の手段です。
朝から使っていると昼過ぎには6kは使ってしみますよ。

いよいよ暖かくなってきました。底の水温が上がるにはもう少しかかりますが
カイワリのXデーはいつごろになりますかね。昨年は3月Eでした。
今年は河津桜が一週間遅れらしいです。カイワリも同じかもです。
伊東でお会いする日を楽しみにしていますよ。

投稿: 五目漁師 | 2013年3月 8日 (金) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/56889000

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つ別の釣果:

« 完敗 | トップページ | 見よ!! 天を貫くがごとく »