« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

五目漁師よ 何故買うの?

昨日(330日)、
アマゾンでポチったシマノのピッカピカのクーラーボックスが届いた。

Dscp137268s_2



何か買おうと悩んでいると、
残り少ない人生だからさっさと買ったら
とけし掛けてくるヨメサン。

確かにそうだけれど、ケチな五目漁師としては

これだけ使ったらもういいだろう、
と必要なのは自分への言いわけ。

ぶら下げ用の取っ手は、すぐにもげた(といっても10年ほど前)。
一度アルミの板をあてて修理したがそれももげた。

Dsp137259s_3


昨年の秋、車の後部荷物スペースがびしょ濡れになった。
底にある水抜き栓部のネジスペーサが割れてしまって
氷締め用にふんだんに入れていた海水が漏れてしまったため。

DIY店などで代用部品を探しまわったが見つからず、
諦めかけたころに
ヨメサンの化粧水が入っていたプラビンの蓋のねじピッチが
ぴったり合うことがわかり、
このネジを生かしてスペーサーを加工、
回りをバスコークで固めなんとか使えるようにはなった。

Dscp137263s




そんなとき欲しかったクーラーボックスをC○○○さんが買った。
(これは朗報)

五目漁師よ 何故買うの?
ハイッ!
C○○○さんが買ったから。
とやっと言いわけの決定打。
(えっ!そんな言いわけ、いいわけ? いいんです。)

早速、ガンつけていたアマゾンでポチろうとすると、
おや待てよ、
突然価格が急上昇している。
しかも他のお店には在庫すらなし。

どうも品薄で入荷待ちの様子。

Canvas_2


そうだろうな、
このクーラボックス(スぺーザーベイシス24L)は
お買い得感あるからな~。

うーん、どうしよう。
で約1カ月待ったある日
突然、アマゾンに4台入庫、
同時に、価格が元に戻ったところでポチッ。

(その3日後の今日現在、今度は価格情報なしでまた購入不可。
価格情報なしということはどこのお店にもないということ?
シマノさんどうしたの?)




えっと!
ここにヒラメの尻尾を少し折り曲げるように入れて、
真鯛やイナダは斜めに入れると55cmまでOKだし・・・と
とらぬなんとかの皮算用。

さて初めての魚は何かな、待ち遠しくて、
海には出られないし仕掛けでも作ろうかと
ハリスが安いタックルベリーに出掛けてみると、
いい竿を見つけてしまった。

Dscp137272s_2


少し前にDAIWAの胴調子の竿を新調したばかりなのに、
この竿(MONライトタックルゲーGSR 165T)、気になる。
何が?
安すぎる。税込2394円、

今度の言いわけは?
泳がせ用の小アジやイワシが回ってきた時に
さっとサビキが落とせるよう万全の準備を整える。
この竿なら仮に一日待機でも邪魔にならないし、
これでいつもとり逃がしていたヒラメもこっちのもの(妄想)。

この竿、冗談抜きにとてもいい竿、
活躍してくれそう。

で、ネットで検索してみると30004000円、
やっぱりね。
得した。




なかなか、タイミングがあいません。
伊東方面はもう赤潮が入ったとか。
カイワリの刺身、押し寿司食べたいですね。
アジが釣れればヒラメも狙いますよ!
ポチッとよろしく!

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2013年3月25日 (月)

伊東の海に春がやって来た??

熱海でも真鶴でも桜は満開

130325_083601s熱海の峠にて

130325_085040s真鶴駅の近く


3月25日、
天気予報は海静かなれども、少し雨かも
と言っている。

週中には予定があるし・・・
なにっ!
週末まで待てと?
そんな息苦しい。


行くなら今日しかない。
で、暖かくなったのでいつもの防寒着を合羽に替えて、
雨覚悟の出発。

夜明け前、大磯から西湘バイパスに入る。
なんだ、降ってないよ。
海面は思っていたよりはざわざわしているけれど、
まあいいか。


早川で西湘バイパスを降り
いつものセブンイレブンで
いつもの弁当を買う。
(朝用には運転しながら食べやすい細長いパンと
運転しながらはちょっと食べにくいおにぎり、
お昼用にはこれまたコマセ付きの手でつまんで食べやすい
助六寿司と一口アンパン4個入り)

さて、ここからは23年前まではくねくねの峠越えだったが、
今は無料になった真鶴道路で一気に峠をショートカット。
真鶴駅交差点手前の青木釣具店で
付け餌のオキアミブロックを買う。
ここのお店は良心的、
このブロック300円、

Dscp137228s_2いつもは余りをカモメにくれてやるが、今日は使わなかったので持ち帰った。

これを使うようになってから手荒れがなくなった。
LLサイズでアマダイや鯛釣りには特に心強い。

熱海辺りに来ると、
おやっ雨か?
仕方ないね、予報が雨だったんだから。
承知だろって!


ところで、“ボート釣り趣味人たけちゃんのブログ”に
コメントで春に向かうボート釣りは気候と一緒で
三貧四豊といっちゃったけど、
なんともごろが悪いね。
もっとうまく言えないかな~。


オッと危ないな、このトラック。
このおにぎり(包みが)剥がしにくいぞ。


それでと、三暇四??、
何かいい言葉ないかな~。
三暇四漁、三暇四忙・・


五目漁師の言いたいことはわかる?
貧弱な語彙では難しいね~
危ないからまたあとで考えるか。


網代あたりで海をチェック。
オヤッ?あれウサギじゃないの?
まさか

もう一度、宇佐美手前の岬から伊東方面を一望して、
やっぱ静かだね、
ウサギたまに跳ねてるけど。OKOK


そして、自宅を出て1時間30分で
いつもお世話になるオーシャン釣具店に到着。
釣り場に面した駐車場に車を止めると、

あれまっ!
ウサギだらけ。
エサと書いたのぼりがばたばたとうるさい。

だめか~、
オヤジさんから言われる前にこちらから、
少し待機かな。

そうだね。まぁ座って!
奥さんがお茶を入れてくれる。
○○さん悠々自適でいいわね
そんなことないですよ。
ヒーヒーしながらボート代くらいはなんとか。
ありゃ~それは・・・。

オヤジさんはお店のパソコンが立ち上がるのを待っている。
Yahooの天気予報を立ち上げるのに10分もかかる。
驚異のXP
立ち上がったころには天気が変わってるかも。

この人パソコン全然わかってないの、
全部息子が面倒みるのよ
と奥さん。

ちょっと見せてもらっていいですか、
ふむふむ確かに・・

マイコンピュータのプロパティを覗こうとして
クリックしても全く反応なし、
30秒ほどして諦めたころに、
くにょくにょと画面が動き出す。
見えた。メモリ256MB
XPだから動かないことはないだろうけど・・、
20GBHDDはほとんど空きがない。

せめてデフラグしようとしたが
画面を開こうとするとまた黙ってしまう。
なんともならず“新しいのを買いましょう!!”

それさあ7年前に買った日立製なんだけど、
買ったとたんに(作るの)止めちゃったの。

(そんなの関係ない)台湾製安いし、
性能も良いですよ。


う~ん、外国製か、大丈夫?
もちろん大丈夫ですよ。

ちらちらと窓の外を眺めながら他愛のない会話が進むが
ウサギは飛びっぱなし。
8時になっても状況が変わらないので諦めて帰ることに。

実は先日(23日は)静岡まで桜を撮りにいったのに
三分咲き、富士山も雲隠れ、
300kmが無駄に、
そして今日もまた失敗140km。
悔しいなぁ。

因みに、
これは今年のカイワリXデー323日(オーシャン釣具店のお客さん)

323写真はオーシャン釣具(伊東)のホームページより借用しました。



そして昨年のXデーは329日(オーシャン釣具店にて五目漁師)

329写真はオーシャン釣具(伊東)のホームページより借用しました。


年に一度くらいかな~、釣らずに戻ってくるって。
最近、天気予報結構頼りにしてるんですけどね。
残念でした。今日もポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月20日 (水)

五目漁師の作る仕掛け、針結びに注意!

クッションゴムの使用を止めてみると
いろいろ気になりだしたことがある。

ここまでがつがつとやられるとは思わなかった。
もう止めてくれと言いたいほど、
竿が引きこまれる、
跳ねる、
振動する。

これを面白いと思うか、
せわしないと思うか、

やばいと思うか

は釣師それぞれ。

そもそもある種のバラシ(ハリス切れではなく針はずれ)
が気になり逆転の発想で
ゴムの使用を止めてみようと思ったが、
あったり前にこれじゃバラシも逆に多いかも
と心配になってきた。

本末転倒の気配もしないではないが、
こりゃたまらんと55調子の柔らかい竿も新調した。
バラシの数も毎回ノートに留めてみることにした。

仕掛けの強度も気になる。
ハリス、針結び、サルカン結び、エダスの出し方や
強度などについては
書籍やメーカーのホームページなどでも紹介されているし、
素晴らしい実験結果を公表しているブログもある。

しかし必ずしも自分の仕掛け作りに
一発で答えを返してくれるわけではない。
ここは自分でもやってみるしかない。

長年の経験から
五目漁師なりのスタンダードはできつつある。
ビシコマセ用の仕掛けを例にとると、こんな感じかな。

Photo_7


先ず、以前から気になっていたサルカン結びから始める。
気になっていたクリンチノットとユニノットの真っ向勝負。

図の様に左側に2か所のユニノット、
右側には2か所のクリンチノット
これを引き合って勝負を決する。

結果は30、予想通りユニノットが強い。

Photo


そうか、海上での仕掛け作りや、
補修では手っ取り早いクリンチノットを多用していたが、
やはりユニノットが強いか。

で、ついでに最強のサルカン結びといわれる
パロマーノットもやってみることにした。
対戦相手はもちろん先ほどの勝者ユニノット。

Photo_10


3
回勝負で終わるつもりが
期せずして2回目にパロマーノットがやられたため試行を追加。
結局7回やって61

やはりパロマーノットが強い。

ただこの結び結構無駄な余長がでるし、
サルカンの反対側をくぐらすために
反対側の輪っかに既に何かが付いているときには使えない。

もともと他の部分に比べてサルカン部は強いから、
ユニノットでもいいか!?が結論。

次は、いよいよ普段多様する各種結びの一気対決。
これで五目漁師が自作する仕掛けの中で
最も弱い部分がわかってしまうという優れもの実験。

で、いよいよ引っ張ろうとしてビビッと閃いた。
仕掛け破断の多くはハリス同士や
ハリスと金具との摩擦によるもの、
ツバをつけながら締めるくらいだから
実験も空気中ではまずいであろう。
ならば、お風呂の中でやってみよう。

かって、エギの沈下スピード実験をやって以来の浴中実験。
あの時はオマタめがけてチン下して来るエギに
恐れをなしたことを覚えている。

今回も、OWNER針のパッケージには
「刺さり、押しきり、貫く驚異の貫通性能!!」
と明記されているカットグレ8号針が
大事なところに絡みつかぬよう
細心の注意を払って実験を開始した。

Imk132348s


五目漁師の予想はビーズを止めるエイトノットが

一番の弱点であろう。

グ~~パチッ!(パクリ)

(ここは瞬間、目をつむってしまう先ほどのリンク先HEPPOさんの
この擬音以外にありません
。)

Photo_3


先ず1回目は予想通りエイトノット部が破断、
しかし2回目、3回目と予想外の外掛け結び。

うーむ。これは意外。
試料は3組しか作っていないのに。
結局、日を変えて全6組を実施。
弱いのは針結びという結果になった。
しかも、外掛けと内掛けが互角に弱い。

これはやるしかない。
外掛けと内掛けの一騎打ち。

Photo_4


当然これもまた浴中実験。
結果は63となんとなく外掛けに軍配があがった。

五目漁師の作る仕掛け、針結びに注意!

結果は意外ではあったが、
これで、もやもやしていた仕掛け作りの迷いがふっきれた。

いやいや逆かな??
どうしよう針結び。





暇なっ!と思われるでしょうが、実は今一人前に
忙しいんです。まあどうせ今は行っても釣れないし、
シーズンインまでにはなんとかしなきゃと日夜頑張ってます。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月17日 (日)

エソの薩摩揚げ

釣に行く時間はなんとかしたものの、
いろいろと忙しくて記事が遅くなってしまった。

一昨日(315日)は伊東へ。
道中、満開の河津桜が
“暖かくなった、今日は釣れるよ”
と期待を持たせる。

前日は相当荒れたのか、
風はないものの海上にはうねりが残っている。
急いで漕ぐと波は被るし、
汗はかくしで
後で寒くなってくるので、
焦る気持ちを押さえながら波間を縫うように
ゆっくり、ゆっくりといつもの40mポイントに向かう。

竿を出すといきなり小アジ、

Dscp137207s



うそ。


実は今日はヒラメをやってみようと
途中、活アジを買ってきた。
これはヒラメに食われる代わりに
五目漁師に食われることになった2尾。

さて、釣りの方はと言えば
右にヒラメの置き竿を睨みながら
コマセシャクリの二刀流。

しかし、海はどん底。
あたりどころか、餌がなくならない。
気配のないヒラメ仕掛けは
早々にロングハリスのマダイ仕掛けに切り替える。

お昼前、懲りずにシャクリ続けた竿にやっとハナダイが1尾
その後は上層で30cm弱の天敵サバ。
河津桜のうそつき。
もうコマセ釣りは諦めた。

迷いを断ち切るために、
今日はほとんど減っていないブロックオキアミと
撒き餌の残りを奉納し、
ヒラメに再挑戦。

やや岸寄りの33mポイントに向けて流し始めると、
キタ―ッ!
いきなり強烈なあたり。
一気にパクリとやったらしい。

ハリス6号、
しかもやつの鋭い歯にあたる部分にはワイヤーを使っている。
強引な引きには強引にこたえる。
これで今日の貧果はご破算だ!

やがて、
最近にしては珍しい濁り気味の水面下に見えてきたのは、
ちっ!、違う!!でかいエソ。
何の疑いもしなかっただけに、
まさかのがっくり。

小骨が多くて食べにくいエソ。
いつもなら帰っていただくが、
これだけ大きいとなんとかしたい。
蒲鉾だね。
悔しさで震えながらも、気を取り直して、クーラーボックスへ

130315_140130s



伊東の海、もうしばらく時間がかかりそう。

今日の釣果は、
ヒラメの泳がせ用に買ったアジも含めてこれだけ。

Dscp137208
(ザル径:47cm、ハナダイ34cm)



これが、エソの薩摩揚げ。

Dscp137215s



野菜の他に山芋を入れたり、
ちりめんじゃこを入れてたり、
ネギを入れたりといろいろやってみた。
エソは小骨がなければ白身の旨い魚、
食いきれないほどの薩摩揚げが出来上がった。




釣り師にエソか~と嫌がられる魚
小骨さえうまく処理できれば旨い魚、
でかいのが釣れたら薩摩揚げお勧めです。
今日もポチっと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年3月 9日 (土)

見よ!! 天を貫くがごとく

先日磯子の遊園地をぶらついた休日に
偶然見つけた。
おや? こんなものがあるんだ。
これこれ、これが欲しかった。

写真上は現在使っている人気の受け太郎。
写真下は今回見つけたDAIWAのROD HOLDER。

Dscp137123s_3

何が違うの?



どうだ!! この角度、
穂先天を貫くがごとく

Dscp137116s_4



そして受太郎、どう? この角度、
穂先水中に没するがごとく

Dscp137113s_4



どうしてこんなこんな簡単なことがわかってくれないの?
といつも腹立たしく思っていた。

五目漁師は結構長い竿を使う
これじゃ軟い竿を掛けると穂先は水没。
何度も改造を考えたがなかなか難しい。

うっしっし、良いもの見つけた。
ボートにうまくつくかな?





これでボートを反対側に傾けて座らなくてもOKです。
以前、受け太郎の溝をやすりで削って
スライド幅を広げたりしたのですがうまくいきませんでした。
手漕ぎボートは意識していないんでしょうか、
他の竿受けも皆受け太郎程度ですね。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月 5日 (火)

もう一つ別の釣果

実は、先日(3月3日)の釣行では
もう一つ別の釣果があった。
これっ。

Dscp137198s(ザル径:42cm)

このビシ天(ビシと天びんが一体構造になっているので、
五目漁師が勝手にこう呼んでいる)を手に入れた。

以前よりビシ天の発明者(製作者)から直接入手していたが、
最近はご本人にお会いすることができず、
弟が電話番号を調べやっと連絡がとれた。

そして、この日、
第三者を通じてヤクの売買でもするかのように、
やっと3つ(内一つは弟用)を手に入れた。
(後で車のワイパーに挟んだ丁寧なメモ書きを
ご本人からいただきました。ありがとうございました。
大事に使わせていただきます。)

で、このビシ天、
釣れない時の魔法のビシ
釣れている時のイケイケビシ
撒き餌が余った時の喰らえビシ

発明者の釣り方によると、
シャクるというよりも竿をあおって止める、
しばらく待ってまたあおり止めて待つ。

この簡単な繰り返しで棚を広く探り釣果を上げていく。
不調の時でもこのビシ天に替えると、
一体今までは何だったの?
と釣れだすことが度々ある。

今年もそろそろアジやカイワリのシーズンを向かえる。
油壺や川奈のイサキも楽しみにしている。
このビシ天があると心強い。

で、先日の釣果は既に完食。
素材が良いとどう食っても旨い。
白身の小魚を集めて、
大名おろしの贅沢なフライドポテト風唐揚げ。
これがお魚??というほど上品なフカフカ感。
五目漁師の貧弱な表現力ではお伝えできないのが残念。
食べてみる?

Dscp137178


ヒメコダイのカルパッチョ

Dscp137159



アマダイの昆布締め

Dscp137193右半分には梅汁をかけてみた

イトヨリ煮

Dscp137175_2この時期アサリがないらしい。しじみのように超小粒



テキスト:釣り魚の食卓、釣り魚でつくるおいしい料理300選他




COZYさんに教わって、

料理撮影の手前に キッチンホイルのレフを置いてみましたが、

難しいですね。ちょっとはましになったかな?

今日もポチりとお願いします。

 

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年3月 4日 (月)

完敗

今日(33日)は久しぶりに弟と福浦へ。

もう10年くらいも前になるが、
そもそも福浦のアマダイ釣りを教えてくれたのは
東京に住む弟であった。

そんな経緯もあって、
この釣りの時だけは兄の私が敬意を表して、
ポイント決めも、
ボート漕ぎも、
シーアンカーの上げ下げも
全て弟にまかせるようにしている。

水温が下がっているので
いつもより深いところを狙ってみようかとの提案にも
ふむふむとスターン側の窪みに置いたクーラーボックスを背もたれに

くつろぎスタイルでついて行く。

海上はこの穏やかさ。
シーアンカーもクラゲのように縦向きになって
ボートに寄り添って来る。

130303_112809s


で、今日の釣果。

Dscp137136s(ザル径:36cm)

弟が目の前で
アマダイの30cm超え、40cm超えを立て続けにあげる中、
私に来るのは小物ばかり。

完敗。



通常なら帰っていただく小魚も100mを上がってくると、
さすがに胃袋や、目玉に支障を来しているため全てお持ち帰りです。
これで最後かな、今シーズンのアマダイ釣り。
本日もポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »