« こうなれば、近付いてきた魚は全部釣るぞ! | トップページ | いいことづくしの完ボ »

2013年2月 6日 (水)

ゴムなしは快適至極

今年に入ってからクッションゴムなしの釣りを続けている。
といっても、このところアマダイ釣りオンリー。
この釣りで、ゴムの適否が判断できるとは思っていないが、
少なくとも“適”の方は実感した。

掛ける前のムズムズ感、
掛けた後の穂先に伝わってくる直接的なピクピク感は
快適至極

そもそも、
アジやカイワリ釣りで経験したある種のバラシが気になり
クッションゴムの利用をちょっと止めてみようかと思った。

その、アジやカイワリのシーズンがもうすぐやってくる。

当然のことながら、
別種のバラシが増えることは予測できるが、
多少の差なら釣果を犠牲にしても
十分お釣りがくる釣り味をとって
当面はゴムなしで行こうと考えている。

で、気になるのはアジ、カイワリの軟い唇切れの次に
ハリスの結び目、
特にサルカンとハリスの結び目の強度が気になっている。
(エダスの結び目など、弱い部分は他にもあるが迷いはない)


自宅での仕掛け作りの際には
破断に強いと言われているユニノットであるが、
ボート上で焦りながらの場合には
クリンチノットにしてしまうことが多い。

ユニノットは慌てている時には少々面倒だし、
糸が少し縮れてしまうし、
切って捨ててしまう余長部分も長い。

クリンチノットではだめなのか?
確かめてみることにした。

(次回に続き)

(*当初の記事でクリンチノットとユニノットが逆になっていました。
申し訳ありません修正しました。(2月9日))




で、先日の釣果は(またテキストに従順に)
アマダイのシェビッシュ

Dscp136946s塩、胡椒しレモン汁に漬けておいたアマダイの身が引き締まり
アマダイらしからぬ歯ごたえ。うまい。



アマダイと言えば、酒蒸し。
少し趣向を変えて、焼き酒蒸しはポン酢をかけて。

Dscp136967sアマダイ独特な上品な風味。他の魚とは一線を画する。


小物を集めて唐揚げに。小さいので姿のまんま。

Dscp136990s

他に、イトヨリの刺身、アマダイのとろろ昆布和えも旨かった。


さて、サルカン結び結果が楽しみ。
皆さんどんな結びやってるのかな?
教えて下さい。
話変わりますが、PE0.8号になると、ユニノットもクリンチノットも3回巻きくらいでは
すっぽ抜けますよ。驚いたことに、端に結び目を作ってすっぽ抜け対策をやっても
ずるずると結び目が移動しすっぽ抜けです。リーダを通して結ぶしか手はなしです。
で、いつも応援ありがとうございます。今回もポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« こうなれば、近付いてきた魚は全部釣るぞ! | トップページ | いいことづくしの完ボ »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

五目漁師さん、こんにちは!
イナダなどに強烈に引っ張られた時は、クッション有り無しではロッドワークは変わってくるのでしょうか? あとボート釣り始めた頃は針結びで下向くと、げろげーろでした(笑)

投稿: COZY | 2013年2月 7日 (木) 00時32分

COZYさん、おはようございます。

大物シーズンにはクッションゴムは手放せないかもです。

オートマチック車とマニュアル車の違いみたいなもんですかね。
竿の操作で追いつかない部分をゴムが自動でやってくれる。
その分、面白さには欠けるんじゃないでしょうか。

COZYさんがNSに入れ込んでいるように、
要は、人それぞれに魚との勝負をいかに楽しむかでしょうか。
もちろんゴムを使うのも勝負をかけた釣り師の一つの知恵ですから
それはそれでいいと思いますよ。

昔はたまに餌まきしたこともありましたが、感度低下ですかね
最近はありませんね。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月 7日 (木) 01時14分

おはようございます!のりべんです(^-^)

のりべんですが、『地獄結び(無敵結び?)』だったと思います。参考書の名前は何か忘れてしまったのですが、素早くかつ強度が高いということで重宝しています。(今のところ、そこでのすっぽ抜けは0です。)正式名称がわかりましたら改めてご連絡しますね(^-^)

今週末のアマダイはゴムなしでもやって見ます!

投稿: のりべん | 2013年2月 7日 (木) 08時36分

サルカンとハリスですか、あまり凝ったことしていません、オニカサゴなどでよく使う深海結びが多いですね。
簡単だし寸法決めやすいし早いのが好きです。でも細いのには向かないのかな?
PE0.8号は自分も使っていますが、先糸付けるのでその部分はノーネームノットっていったかな?
それでやってます。
固いフロロともうまくつながります。
リーダーとサルカンはチチワだったりすることが多いですね。
結びはいろいろあるのでこれからポチポチ覚える段階といったところでしょうか?
仕掛けづくり、やりだすとこれも面白いですね。黙々とやってる間は無心ですね。(笑)
のりべんさんの地獄結びってネイルノット??
フライでリーダーとライン結ぶのに使うやつかな?
専用の溝付き工具?を使ったりします。

投稿: ume | 2013年2月 7日 (木) 21時16分

のりべんさん、こんばんは。

ありゃ皆さんいろいろな結び方なんですね。
サルカンはクリンチかユニノットかなと勝手に思っていました。

地獄結びって難しそうです。サルカンにどう応用するのでしょうか。

週末は福浦ですか?
私は行ければ川奈に行ってみようかと思っています。
でも、今は深場がかしこそうですね。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月 8日 (金) 00時01分

深海結び、これなら簡単そうでいいですね。

私も1号以下のPEにはリーダをつけます。
FGノットです。

最近のPEは絡まないように、滑りが良くなっていますが、
そのせいで直接サルカンにつけたりするとすっぽ抜けますね。

仕掛け作りは楽しいのですが釣りに行かないと溜まってしまい
次のを作りたいんだけど~となってしまいますね。


そうそう、仕掛けではありませんが
長年ディンギーに乗っていましたので
ロープワークは結構いけますよ。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月 8日 (金) 00時18分

こんにちは。

たぶんですが、ハリスをブッチ切る鯛の類とか、その他瞬発力のある青物以外なら、あまりクッションゴムの利点はないような気がします。

五目漁師さんの場合、必ず釣果を持ちかえる&五目を釣るのが目的でしょうから、感覚が鈍ってしまうクッションゴムは百害あって利点なしかもしれません。

ただ、私の場合、何度も大物に逃げられ、その度に心に傷を負ってしまうので、ここぞという時はクッションゴムのお世話にならざるを得ない感じです。

サルカンとハリスは結び方で強度がだいぶ違いますが、私は心配してません(ちなみに自作は全てダブルクリンチですが、ここで切れたことはないです)。問題は仕掛け内の枝スの結び目がどうしても瞬間的な引っ張りで切れてしまうことがあるので、結び目がなく、しかも絡まない方法を考えてます。

投稿: かれいふぁん | 2013年2月 9日 (土) 12時23分

かれいふぁんさんこんにちは。
あれつ、今日は海の上じゃなくってご自宅ですか?

エダスは一番いいのは、鯛なら一本針でしょうかね。
あとはあみつけですが面倒ですしね。
ハリスの号数を1号あげるっていう手もありますね。

すみません、本文のクリンチノットとユニノットが逆になってました。
ダブルにはしないのですがクリンチノットはよく使ってますよ。
サルカンの径が小さい場合にはたまにダブルにしますが
面倒ですよね。ボート上で慌てるとどうしても一番簡単な結びに
なってしまいます。

明日は本当にボウズ覚悟のアオリイカです。
一年で一生を終えるアオリイカは春の産卵に向けて、
今どこかで一所懸命、餌を食って大きくなろうとしているはずなので
いれば釣れるのではと。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月 9日 (土) 14時02分

川奈のアオリイカ、大漁でしたでしょうか^^

私は揺れるボート上でも素早く結べるクリンチですね。

特にタイラバの場合、輪に通してぶら下げて左指で6回くるくるねじって通して、締めて10秒以内でできます。

枝スの編みつけは苦手だし、結び目が大袈裟なので、名前は知りませんが、枝ス側はエイトノット、にして、

モトスの途中からループを引っ張り出して一重結びにしてエダスを差し込み締めるだけ。

これで大ヒラメもバンバンあげました^^

金属天秤の先につけるタイプのゴムは無用だと思います。

バネ下荷重(かご)をパスするために、プラスチックチューブ天秤を貫通したタイプなら使う意味はあると思います。

投稿: 飛竜丸 | 2013年2月 9日 (土) 18時15分

飛竜丸さん、こんばんは。
川奈は明日ですよ。写真仲間と少し飲んで帰ってきたところで
今から準備です。イカはど素人、しかもこの時期ですのでボーズ覚悟です。

飛竜丸さんのゴム無用論、心強いですね。
そうそう思っていたんですよ、タイラバや一つテンヤではどうして使わないのと、
それにあの化け物みたいなものに喰いついてくるんだから
私はハリスの太さもあまり気にしていないんですよ。
ただ、付け餌の動きが不自然になって喰いつきが悪くなるかなぁくらいです。

本文間違っていましたが、私も慌てている時にはクリンチノットなんですよ。
強度的に問題ありの実験結果がありましたので自分で確かめようと思っています。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月 9日 (土) 23時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/56712374

この記事へのトラックバック一覧です: ゴムなしは快適至極:

« こうなれば、近付いてきた魚は全部釣るぞ! | トップページ | いいことづくしの完ボ »