« いいことづくしの完ボ | トップページ | NSに対抗してみたものの »

2013年2月18日 (月)

オリンピック東京大会に”釣り”を!

都が中心に東京に招致を目指す2020年五輪から
あのレスリングが除外(敗者復活は残されているが)され、
代わってゴルフと7人制ラグビーが加わるらしい。

スポンサー収入が得られない、
TVの視聴率が低いなど
商業的な面での劣勢が理由の一つとして挙げられたのは残念。

だったら“釣り”を加えようではないか!

2020年、
ここは東京大会から新たに設けられた
“手漕ぎボート釣り”の会場。

今日は少し荒れ模様ではあるが
審判団によってゲームはできると判断された。

海上には1から16までの番号が打たれたブイが
碁盤の目状に浮かんでいる。

Photo

ブイとブイの間隔は丁度100m
4つのブイで囲まれた9つの正方形の各エリアに
それぞれ2艇のボートがアンカリングし対抗で釣り合う。
各エリアには選手艇の他に審判艇が浮かんでいる。

全てのエリアを統括する主審のホイッスル共に
9つのエリアで一斉に仕掛けが投入され
ゲームはスタートする。

潮や風の影響をできる限り小さくすることと、
ボート漕ぎやアンカリングの技量を
勝敗の要因に取り込むために1ラウンドを30分とし、
ラウンドの終わりを告げるホイッスルがなると、
各選手は碁盤の目をうろうろしながら
次に決められた所定のエリアに移動しなければならない。

対抗相手との勝敗は合計5ラウンドが終了後、
公正なる検量を経て5ラウンドの総合釣果で決まる。

(ここからは決選トーナメントの実況)

各組の勝者がトーナメントを勝ち進み、
やがて碁盤の目の中央エリアで
金メダルをかけた決選の時を迎えた。

2ラウンドの後半、
今両者には時合いが訪れ、
配点こそ低いものの次々に中型のマアジをあげいる。

そんな中、オット!
審判が日本選手の五目漁師に向かって
黄色の旗を挙げた。

ゲームスタート後に風がぶれて
五目漁師のボートがエリア外に出たと判断された。

五目漁師は口をとがらせ何やら抗議しているが、
聞き入れられろうはずがない。
あまりしつこく抗議を続け赤旗が挙がると即座に失格、
そこらあたりは老練な五目漁師、
さすがに心得ている。

そしてゲームはいよいよ最終ラウンドの中盤にさしかかる・・・・
オット!
またしても五目漁師に黄旗が上がる。

掛けた五目漁師の天敵ゴマサバの処理にてこずり、
すぐ近くで釣る相手の仕掛けに絡ませてしまった。
この減点は大きい。

浦島太郎スタイルを近代風にアレンジした
ゴアテックスの羽織と
速乾性の生地で仕立てたふん○○という
日本選手のユニフォームに身を固めた
五目漁師の形勢が不利の中、
最終ラウンドも終盤へと進んで行く。

ここで配点の大きいマダイやワラサをあげれば
まだまだ逆転のチャンスは残されている・・・

競技種目としてはこの他に、
乗合船の右舷と左舷に分かれて釣り合う国別団体部門、
ルアーフィッシングの部、
サーフフィッシングの部、
深海釣りの部と
バライティに富んでいる。

これならスポンサーの心配もTV視聴率の心配もないのでは?!




退屈なので、悪乗りしてみました。

釣り師は釣ってなんぼですからね。

今週中の状況次第で、釣れない海に漕ぎだしたいと思っています。

いつも応援ありがとうございます。今日もポチっとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« いいことづくしの完ボ | トップページ | NSに対抗してみたものの »

ライフスタイル」カテゴリの記事

コメント

釣りがオリンピック競技になったらどうなるんでしょうね。
F-1レースのエンジンが何時間しか持たない設計になっているように、竿なんか究極的に軽く作られて予選と本選しか持たない強度だったり、リールも空気みたいな軽さだとか、0.5号のPEでマグロ釣るとか・・・。(笑)餌だってオキアミじゃなくスーパーオキアミで集魚効果抜群・・・、訳わからん世界・・・。(笑)

投稿: ume | 2013年2月18日 (月) 07時56分

また電車内で声出して笑うところでしたよ(笑)面白いですね。
思わず絵が浮かびました。種目として採用されたら嬉しいなー。バスフィッシングやフライフィッシングの方に先を越されそうですね。海の方が観客は何が上がってくるかのドキドキ感がありますよね。

投稿: COZY | 2013年2月18日 (月) 09時25分

こんにちは
大変面白いですね!!!
直ぐ参加します
そうなると、地区予選ですね
範囲を決めての一発勝負
参加者全員同時スタート
楽しくなりますね、アンカーは滅茶苦茶
仕掛けも絡み、合戦のようです
そこで勝ち上がる
忙しい釣りになりそうですね

投稿: ボート釣り趣味人たけ | 2013年2月18日 (月) 16時51分

こんばんは!のりべんです。

オリンピックは録画を取らずに生中継視聴派ですが、
釣りの日程だけ録画&現地に行っちゃいます!
その時は大漁旗を振りかざし、
五目漁師さんを、応援しますよ〜(^o^)

それと福浦のカマスですが、
土曜日の夕方に行き、インタビューしたところ、
一時期に比べるとだいぶ少なくなったとのことでした。
夕方でしたが15分ほどやっても反応が無く、
(12月末は夕まずめも釣れたとの事)
海水のみ持ち帰りでした。

投稿: のりべん | 2013年2月18日 (月) 19時46分

んなの!スポーツ競技かよ?みたいなのもあるくらいですから、

五目釣り師さんの構想もなかなかのものです^^

実況に思わず手に汗握ってしまいましたが、文筆の妙ですね。

最近つくづく思います。

更新しないといけないのに写真や題材がない…

文だけで勝負できればな~^^;

投稿: 飛竜丸 | 2013年2月18日 (月) 21時00分

umeさん、こんばんは。
F1や宇宙開発、それ自体は我々にとっては遠く縁のないものですが、
そこで使われた技術や素材がベースとなって一級品の商品が生まれてきますね。

何万円もする竿を使って釣っている傍で、手釣りで数倍の釣果を上げる釣り師も
います。道具ってなんなのってところもありますね。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月18日 (月) 22時28分

COZYさん、こんばんは。
いつも電車の中で見ていただきありがとうございます。
週末は釣りに行かず、ついつい悪乗りをしてしまいました。

おっしゃる通りバスやフライフィッシングの方々の方がスマートだし
誘致のためのロビー活動もうまそうですね。
こりゃ負けておられません。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月18日 (月) 22時38分

たけさん、参加ですか。楽しみですね。

ボート漕ぎやアンカリング、コマセワークに手返しといった実力が発揮される部分と
それでも最後には魚の方の気まぐれが釣果を左右するというところが
釣りのおもしろさですね。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月18日 (月) 23時23分

のりべんさん、こんばんは。

録画の話まででてきますか。
いきなり現実味を帯びてきました。
そうか現地で応援ですか、観客席をどうするか忘れていました。

カマス情報ありがとうございます。
結局一度で終わってしまいましたが
あの後で、仕掛けを買ったり、自作もしてみようと
流線針やフラッシャーを揃えたりしましたので
気になっていました。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月18日 (月) 23時34分

飛竜丸さん、こんばんは。

悪乗りですよっ!
今回一番苦労したのは、絵です。
ボートのクリップアートを探しましたがいいのが見つからず
有料の絵を見ながら、結局自分で描きましたよ~。

ブログがあるのはまさにデジカメのお陰ですね。
フィルムカメラじゃお金もかかるし、記事が一週間後になってしまいます。

投稿: 五目漁師 | 2013年2月18日 (月) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/56782919

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピック東京大会に”釣り”を!:

« いいことづくしの完ボ | トップページ | NSに対抗してみたものの »