« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月28日 (水)

タイノエを釣る

今日(11月27日)は伊東釣行を決行。

決行?

そう、前日は大荒れの天気。
雨がやんだ後も自宅の窓を開けると
ごうごうと海の音が聞こえてくる。
でも、いろいろあって今日行かないと
またしばらく(といっても3、4日)チャンスがない。
で、今日から冬支度に身をかためて決行。

(網代あたりだったかな?)初島に朝日が昇る。

Dscp126305_2

もう少し行くと、大島と陽光。

Dscp126310_2

実は、間違って今朝は予定より30分も早く家を出てしまった。
道すがら、余裕でこんな景色を眺めるのもなかなかいい。

今日伊東の海に漕ぎ出たのは私一人。
狙いは先日大釣りがあったというカイワリ。

しかし、来ない。 何もこない。
で、付け餌のチェックに仕掛けをあげてみると
本日の最初に釣れてきたのがこれ。

Dscp126329_4

なんと、タイノエではないか。
驚くことに、胴体にしっかりとグレ8号針が突き刺さっている。

むー??? あり得ない。
ひょっとしてタイの口の中から?
それにしても何の手ごたえもなかった。

約30分後にあがったのが
下の釣果写真に写る小さい方のハナダイ(約30cm)。
こいつかな~?

それにしても釣れない。
午前中にハナダイがもう一枚あがったものの、
たまにくるのは、底近くではフグ
中層ではソーダ、
あのカイワリはどこに行ったの?

釣れなくても久しぶりの海原、やっぱりいいねっ!
(と、やせ我慢)

行きは強めの山越しの西風、帰りはかなり強めの北東風で、
ボート漕ぎは方向修正のためにたまにオールを使う程度、
楽だった。五目漁師の読みが冴えたのはこれだけ。

さて、タイノエ以外の本日の釣果はこれ。

Dscp126354_4クーラーボックスの底の水抜き栓が壊れて水漏れ。
帰りはボート屋のオヤジさんがビニール袋に魚を氷詰めにしてくれた。
助かった。ありがとうございました。
見栄えのしない貧果をその氷を使って盛り上げようとしたが・・・



そして、ヨメサンも私も刺身は少し飽き気味なので
レモンと白ネギを使ってサラダ風に。 いける。

Dscp126375_3先日の醤油漬け唐辛子も活躍


見栄えは良くないがキノコのオリーブオイル蒸し。

Dscp126362_2



きっちり防寒、その気で冬支度していったら汗がでました。
まだまだ行けますよ。サバやソーダも少なくなり静かな海でした。
今日もポチっとお願いします。

   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

続きを読む "タイノエを釣る"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

釣り魚料理の添え物や刺身のつまに

先日、松本の方に出かけた際、道の駅で生の唐辛子を見つけた。
一袋、たっぷりと入って100円。
発見した途端、アジの南蛮漬けが目に浮かび
あてもないのに買ってしまった。

買った時には気にしなかったが、やはり生はなま。
数日後にヨメサンから
“早く釣ってこないとカビがきそうよっ!”

なんて、言われても
天気は良くないし、
行ったところで気まぐれな小アジ
釣れるとは限らない。

しかたがないから、とりあえず醤油漬けにして
小アジが釣れるまで保存してみることにした。

Dscp126293s

こんなものもある。
ステーキなどの肉料理の添え物によく使われるクレソン。
独特の匂いがするがムニエルやフライなら魚にだって良く合うし、
刺身のつまにもなる。
もともと、富士山麓の湧き水などで育つため
コップの中でも生き生きと成長してくれる。

Dscp126280s

これは、パセリ。
一度にたくさんはいらないし、所詮飾り物。
毎回スーパーで買うにはもったいないしで、
これも庭のポットで育てている。(ヨメサンが)
葉を摘んだ後で再び青々としてくると
そろそろ釣りに行きなさいのお告げだと思っている。
(この写真を見る限り、すぐにでも行かないと!)

Dscp126262s

同じように、これはバジル。
春から初夏にかけてはつやつやとした緑色をしていたが
さすがにこの季節になると元気がない。

Dscp126269s

山椒も春先には次々に新芽を吹き、
若い葉をカツオ飯や棒寿司の添え物としてよく使ったが
今は冬支度に入ってしまった。

Dscp126273s


南天の葉は一年中青いので
これからの季節にも活躍してくれそう。
(あや~、この季節 魚も釣れないか。)

Dscp126257s


こちらは、乾燥したものをブイヤベースなど
地中海風魚煮込み料理によく使う月桂樹(ローリエ)
生のままでも使えないことはないらしい。

Dscp126265s

他に、変わったところではハーブのヤロウ。
これも刺身などの添え物(食べない)に使えそう。

Dscp126276s

そして、トリはこれ。
例え、今冬に大雪が降って庭の草木が全て雪に埋まったとしても
これは大丈夫。
100均でいつも釣果写真を撮る際に使うザルと一緒に買ってきたが
未だ出番がない。

Dscp126296




ネタがない。困った、困った。釣りに行かねば。
ポチッとよろしくお願いします。

   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

ついでに貧果の五目漁師をお仕置き。あちっ!

先の釣行でアオリイカの代わりに釣れてきたタコ。
どう料理するかな? なんて聞くまでもない。

私もヨメサンも元関西人、とくれば何はさておき
これしかない

Canvasついでに、貧果の五目漁師をお仕置き。 あちっ!


見よっ この手返しを!
久しぶりにもかかわらず、体で覚えた技は衰えていない。

Dscp126252s

タコ 大き過ぎたかな。
茹で方もまずいのか、モーリタニア産に比べるとちょっとかたい。

Dscp126245s
食べきれず、唐揚げにもしてみた。

Dscp126256s



タコの違いか、茹で方のせいか自前のタコはいつもかたい。
誰かコツを知りませんか?
今日もポチっとよろしくお願いします。

   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

五目を追うものは一目をも得ず

今日(11月15日)は満を持しての川奈釣行。
一番の狙いはアオリイカ、そしてうまく行けば五目釣りを達成。

なんて、考えていたのに惨憺たる結果に終わった。

五目漁師の弱み、アオリイカ釣り。
春のデカアオリのシーズンに相当な修行をやったのに、
秋アオリの釣り方はまた違う。

今のイカは比較的深場に潜むらしく、
いわゆるティップランとかいう深場で抱きつくイカに合わせる釣り。

川奈のポイントは水深が25m~40mもある。
ボートが風で流されるとたちまち道糸が斜めになってしまい
(五目漁師のようなへたくそでは)底立ちがとれなくなってしまう。

このために細い道糸(0.4号~0.8号)と重いエギが必須となる。
そこで、新たに平塚のカメヤでカメヤオリジナルのTIP RIDER40gと
従来のエギの頭部にかぶせて重たくする15gの専用シンカーを新調して臨んだ。

Dscp126204sカメヤオリジナルのTIP RIDER 40g

Dscp126198s_3標準のエギ20g程度の頭部にかぶせるシンカー
頭部の輪っか部分が狭苦しくなり、いつも使っているクリップサルカンが使えない。
本体もシンカーも同じメーカーなのに付属で付いてくるクリップも
実質的に使えないので要注意。何やってるの!?



この世の中に実存しない化け物を模した鯛ラバがそうであるように、
従来のエギに比べると少し容姿が悪い。

最近のエギは色合いといい、光り具合といい本当に良くできている。
いかにも釣れそう。
でも、誰かが言っていた。
お客さんが買いたくなるようなものをデザインしているだけで
イカには関係ないですよ!

・・・・と御託を並べて、釣果から目をそらそうとするが、しかたない
今日の貧果はこれっ!

Dscp126221s_2

(ザル径:36cm)

ヒラメの泳がせ釣り用に釣った小アジもここでは貴重な釣果。
そしてイカの代わりに釣れたのはなんとタコ。
狙った時には釣れずに今になって釣れてきた。

時間切れ寸前、ガツン!
ヤッタ! ヤッタ! 結構重たいよ!

と、-35mから時間をかけてニンマリ顔で上げてきた。
もちろん、その間ヤッタヤッタの独り言が続く。

引きごたえもイカと同じようなものだし、色も似ているから玉網どりする寸前まで
私を騙し続けた。

今日はまさに計画倒れ。
昨晩は眠れなかったほどイメトレも完璧だったがために
気持がはやるばかりで、どれもこれも中途半端な釣りになってしまった。

早朝は少し風があったためアオリイカはすぐに諦め
小アジを釣ってヒラメの泳がせ釣り。

少し風がおさまってくるや、ヒラメは駄目かと早めに見切り(粘りがないだけ)をつけ
もう一度、アオリポイントへ引き返す。
ここでは折角だからとカワハギもやってみたし、
更に岸側に移動してカサゴ釣りもやるにはやった。

これが最後と再度アオリイカのポイントに戻り、ここでタコ

予定していたことは、一通り全部やった。
やけくそ(密かにヒラマサを釣って起死回生狙い)で
30cmのサバを浮きづりで泳がせてもみたが
結局、五目を追うもの一目をも得ずを地で行く結果になってしまった。

で我が家では釣ったその日に食す恒例のお刺身。
今思うとタコもいれればよかった。

Dscp126229s

すぐにもリベンジしたいところですね。
今日もポチっと応援よろしく。

   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

五目釣り達成のチャンスがやってきた

五目漁師の五目釣り達成のチャンスがやってきた。
五目リストに挙げた中でもネックになるのが
イカまたはタコ。

そのイカ(アオリイカ)が今、川奈で釣れている。
以前から、
“狙った五目釣り”が達成できそうな手漕ぎボート釣り場は
川奈だと思っている。

そこで、可能性を探るために
今年の釣果をかき集めて
刺身五目リストを満たしてみた。

先ず、メイン(マダイ34cm以上またはヒラメ50cm以上)は
この時のマダイが35cmでかろうじてOK
(先日のヒラメは54cmしかなかったため、基準を満たせず)

Pfx127706s_6五目リストNo.1 2012年4月15日、伊東、マダイ35cm


次、アジ系(マアジ30cm以上、またはカイワリ24cm以上)は
この時のカイワリが25cmでOK。 
因みに、この時には、
他にマアジ33cmとイナダ48cmもリストの一部を満たしている。

Dscp125499s_3五目リストNo.2 & No.5 2012年7月22日、伊東、
カイワリ25cm、マアジ33cm、イナダ48cm


次、薄造り、洗い系は
正月の寒空の中で唯一に釣ったホウボウ37cmでOK

Pfx127453s_5五目リストNo.3 2012年1月2日、伊東、ホウボウ37cm

そして次は問題のイカまたはタコ。
今年から道具を揃えた最初の釣行でビギナーズラックのアオリイカが
堂々の800g~1.3kg

Dscp125078s五目リストNo.4 2012年5月11日、葉山、アオリイカ800g~1.3kg

そして、最後のアジ以外の青物系及びその他は
上記7月22日の写真に含まれるイナダ48cmが基準を満たしている。

とりあえず今年の釣果でリストは満たせたものの
これだけの種類の魚を一日で揃えるのはなかなか難しい。

午前中にタイやヒラメが釣れた時には意識的に狙いにかかるが、
慌ててみてもどうしようもないのがイカにタコ。

イナダやアジはなんとかなりそうな夏には
一番難しいタコを先ず釣って、と考え
伊東で朝一から何度かタコ釣り仕掛けを落としてみたが
今年はイイダコすら掛ってこなかった。

今なら、五目漁師が苦手とするイカが狙える。

イカが釣れれば

続いて、その場で25cmのカワハギをゲット

次は、急いで定置網のそばに移動して
小アジを釣ってその場でヒラメを狙う
川奈のカイワリは小さいので、ここでついでに30cmのアジもゲット

お次は、岸寄りに移動してカサゴ28cm以上をゲット

これでめでたく五目達成。
ウーン、やっぱり難しそう!


ヒラメは時の運なので釣れなければしかたないにしても、
果たしてヨメサンのリクエストが過激なアオリイカが釣れる中で
小アジ釣りに回れるだろうか?

川奈湾の中とはいえ、それぞれの場所もおもいっきり離れている。
うーん、あらためて難しいっ!!

とりあえず、五目用の餌
(エギ、アミコマセ、オキアミ、サバの切り身、予備にアサリの缶詰)と
竿類
(エギング竿、小アジサビキ用、カワハギ用、カサゴとヒラメ用の
4本はきついなー、なんとか3本にしたい・・・)
は準備して明後日あたりに出かけるとしよう。
どうなることやら。



五目釣り、難しいですねー。
皆さんの応援よろしく!

   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

只今北海道は阿寒湖畔に宿泊中

ヨメサンが見つけた激安ツアーで、
只今北海道は阿寒湖畔のホテルに宿泊中。
往復の飛行機のチケットとホテルの宿泊券をゲットすれば
あとは何の干渉もないし、どんな面倒もみてくれない放し飼いツアー。

紅葉シーズンは終わり、あとは寒い冬に向かうだけの阿寒に何故?
誰もがそう聞きたくなるからこそ
こんな激安ツアーがあると思えば納得できる。

三日目の今日は残念ながら朝から雨。
しかたなく、このあたりでは鮮魚市場として有名な
釧路の和商市場に出かけてみた。

Dscp126190s

ヨメサンは土産の物色、
五目漁師はお魚さんとのご対面が目的。

普段なかなかお目にかかれない
珍しい釧路産のめんめ(きんき)、はっかくやおひょうに並び
千葉産の金目鯛や岐阜産の鮎、豊後水道産のアジも並ぶ。

Dscp126192s

さて、旅行目的はこれ。

例年、夏に丹頂やえぞ鹿を狙って道東をドライブしているが
秋シーズンは今回が初めて。
(夏場は)つがい毎に数キロメートル四方の縄張りを形成し
他のつがいを決して受け入れることがない排他的な根性は
一体どこにいってしまったのか、
いるいる、歓談中の丹頂のグループ。

Dsn12a8136s

Dsn12a8217s

Dsn12a8379sm

旅行中も海の様子が気になります。

次は川奈でアオリイカ狙いかな。

今日もポチッとよろしく。

   ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

釣り師なら水中を覗いてみたい

釣り師なら、自分が今釣っているポイントの水中、
つまり自分の仕掛けの回りが、
一体どんな様子になっているのか
覗いてみたいと思っているに違いない。

私は使ったことがないが、
最近の優れた魚探は海底の凸凹具合や
砂か岩かなどといった底質はもとより、
魚の種類まで色分けして表示してくれるらしい。

尤も、名人になると根にあたる潮の様子、
それに抗って泳ぎまわる魚の様子までイメージしながら
釣果をあげていく。

実際にどうなっているかは別として、
それができない釣り人とは事実として釣果に差をつける。

五目漁師も常に仕掛けの周りの様子をイメージして釣っている。

数尾のカワハギが逆さになって
砂の中に隠れたゴカイなどをついばんでいる、
その少し上を時折サーッとアジの群れが流れて行く。
小柄の鯛やカイワリは潮がきつい時には
潮上に向かって口をパクパクしながら水中のプランクトンを捕食し、
中層にはそれを見守るように
大鯛が潮の流れなど無視して悠々と単独で泳ぎまわっている。

そこに仕掛けが投入される。
突然、雲のように撒き餌が湧き上がる、
荒れ狂ったように群がる魚、
怒涛の捕食活動、
あっという間にそれらは喰いつくされ、
最後に残ったオキアミにいよいよ突進・・・

これは釣れている時の五目漁師の水中イメージ。

釣れない時は~というと、

上窓から漏れる撒き餌がすじを引きながら
ビシが勢いよく海底に落下して行く。
岩であればゴツン!
砂であればストン!
そして、私がよく行く伊東の場合にはボソッ!
とビシの半分くらいが(たぶん)泥の中に突き刺さる。

そのあとに続いて太いハリスに引っ張られるように
くるくると回転しながらエダスとモトスに掛けられたオキアミが
順に降りてくる。
具合が悪い時には落下中にオキアミが外れてしまって
どちらか一方の仕掛けは既に空針になってしまっている。

で、魚は? シーン、いない。

いや、いる。

魚たちは突然の落下物に一応はびっくりするものの
そっぽを向いたままで気にしちゃーいない。
あるいは、撒き餌を一通り喰いつくすと晴れた視界の中で
不自然に跳ねているオキアミに興味しんしん近づいては来るが、
バレバレで決して喰いつこうとはしない。

私の場合は釣れているか、釣れていないか、
結果論としての水中イメージであって
名人のようにイメージが先にあり、
それに合わせた釣りができているわけではない。

最近はご無沙汰しているが私はダイバーでもある。
タンクの数にして150本も潜ったからには、
魚の水中生活ぶりはある程度この目で観察してきた。

不思議なもので釣りとダイビングは同時進行していたが、
ダイビング中にはこれは旨そう、釣って食べてやろうという
五目漁師の狩漁精神は全く鳴りを潜めてしまい、
お魚君とお友達になって一緒に泳ぎ回ったり、
写真を撮らしていただいたりと自然を愛しむ心と、
美しい別世界に感激する気持ちになりきっている。

そこで、撮り溜めた写真の中から今あらためて
五目漁師の釣りと関係の深い魚の水中シーンを探してみた。

南の島を中心に潜っていたこともあり
残念ながらアジや鯛、カワハギなど
釣りの対象魚が映っている写真は
ほとんど見つけることができなかったが、

先ずは底に目をやると、
これは岩の上でじっとしているカサゴ、

Img031hp_2


こちらは砂の上をひらひらと優雅に泳ぐミノカサゴ、

Img028hp


砂に身を潜めこの体勢から一気に獲物に飛びつくイネゴチ?、

Img038hp


普段は岩の陰に身を潜めているが外にはい出してきたウツボ、

Img045hp


そしてこれが孵って一年で数キロに成長するアオリイカの卵、

Img040hp


中層には小アジの群れ、

Mp1017hp


餌取りのスズメダイ、

Mp1014hp


同じくネンブツダイ、

Img047hp


上層にはこの日はたまたま浮いてきたウスバハギ、

Mp1006hp


イナダやカツオに追われ逃げ惑う様子はナブラと言われるイカナゴの群れ。

Mp1011hp


最後、これはおまけ、
ボルネオの近くシパダン島で撮ったギンガメアジの群れ、
こんなところに仕掛けを入れたらどうなるの?!

Mp1176hp




できることなら、名人の仕掛けの横で撮ってみたいですね。

南の島で撮った写真はたくさんありますが、

この手の写真は探すのに苦労しました。

で、本日もポチッとよろしくお願いします。

     ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »