« ストッキング男に変身 | トップページ | 覚悟の上で週末あたりに出陣か »

2012年7月17日 (火)

触りたくない魚のオンパレード

今日(716日)は都内に住む実弟と川奈へ。
狙いは、弟のたってのリクエストにこたえてカサゴ。

根つきの魚ゆえ
時合いなど関係なく攻めれば釣れるはずと、
根周りの巣穴を探りながらボートを流して行くが
一向にあたりがない。
カサゴならぬ岩に噛まれて次々におもりをロスト。

やがて、心配していた風があがってくると
ボートの流れが激しくなり、カサゴの巣穴巡りも困難な状況になってくる。

アンカーを入れてしまうと釣果があがらないのがカサゴ釣りの難しさ。
仕方なく少し沖の根でカワハギ含みの作戦に変更する。

ここで、試しに使ってみたオキアミの取られ方で
カワハギの仕業と察した弟は
仕掛けを専用仕掛けに替えて数尾の良型をあげる。


一方、サバの身餌で粘る五目漁師に
ここで本格的なあたりが


先ずは、
ウン?何かな?  
→  ギャー! ウツボ。

Ca380026_4今回と同型のウツボ(これは以前に撮ったもの)


そして、次。

海の中を覗き込み、鯛、鯛!(弟)
こんな仕掛けに鯛?(五目漁師)
→ ヒエー 
あがってきたのは体調40cmのミノカサゴ

Dscp125470shp_2ボート上で優雅なミノをカットされてすっきりしたミノカサゴ
でかい。ダイビングでもこんなでかいのは見たことがない。
(結局この日は40cmクラスが3尾もあがった)


そして、次。

オオッ結構引く。 何これ?
→ 怖エー! へび。

120716_114132ウツボの種類かアナゴの種類かはどうでもよい、
要するに見かけは蛇。


なんと、五目漁師のカサゴ仕掛けは、
触りたくない魚のオンパレード。

ギャー!、ヒエーッ!、怖エーッ! 

漁師として恥ずかしくも、
その度に、ついつい出てしまう悲鳴は
幸いにも、
折からの強風が海の彼方にかき消してくれる。
あの忌々しい風に
このときだけは感謝。

で、今回の釣果の写真はこちら
(写真は弟)

 

貧果の要因1:今思えば少し海中に仕掛けを放っておくと

         道糸に丁度春濁りの際に海中に浮遊する
         ヘドロのようなどろどろとしたものが付着してきた。
         弟が浮いてきたミノカサゴをタイと間違えたりと、
         海中は見かけ以上に濁っていたのかもしれない。


貧果の要因2:岸払い直後からあがってきた西の風。
         
仕方なくアンカリングしロープを
         順に延ばして行ったりもしてみたが、
         カサゴ探しのエリアがごく限られてしまった。




ミノカサゴは釣ったのも、食すのも初めて。

先ずは弟から送ってもらったカワハギの刺身と
小ぶりのミノカサゴとカサゴの唐揚げ。

Dsc03515_2カワハギの刺身

Dsc03517ミノカサゴ、少し柔らかめで純白の身は旨かったらしい。

今回もポチッとよろしく

     ↓

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

|

« ストッキング男に変身 | トップページ | 覚悟の上で週末あたりに出陣か »

ボート釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/586241/55219592

この記事へのトラックバック一覧です: 触りたくない魚のオンパレード:

« ストッキング男に変身 | トップページ | 覚悟の上で週末あたりに出陣か »