2020年9月20日 (日)

手に負えないやつ

 

 

昨日(919日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

行先を福浦の中深場と迷ったが、
このところ調子がよい一方で
バラシが多く悔しさも残る伊東にした。

世間的には4連休の初日という
待ちに待った日であるが、
五目漁師的には365日連休の内の
ただの1日に過ぎない。

わざわざ、わかりきった混雑の中に
突っ込むこともないが、
この日を逃すと
連休明けの天気は
今のところあまりよくなさそうなので
今日になった。

浜で準備をしていると
地元の2馬力艇の方(s師)も
同じポイントを目指すとのこと。

オヤジさんからは、
後で私が知っているはずの~さんも来られるので
ポイントの案内をよろしくと頼まれる。

ブログをやっていると
~さんと本名で言われてもはて? と
なかなか思い出せない。

とりあえず電話で連絡し合うことで
先に出発する。
1dsxp205580snef

少し寄り道しながらポイントに着くと
結構岸側にボートを流す潮があるが
なんとか釣りにはなりそうだ。

早速ジグを入れその2投目だった。

中層で強いアタリ。
やったね! と思ったが意外と引きが強い。

オイオイオイちょっと待ってくれ!
応戦するが、少しずつ負けている。

アッ!
早々にしてジグまま持って行かれる。

5号のリーダーには少し傷跡が残っているが
噛み切られたのだろうか?
根ずれだろうか?

実はこのジグはGさんから
イワシベイトなら良く釣れますよ
とプレゼントされたもの。
2dsxp205516s

2096日の記事から)

昨日もメールで期待は大鯛(?)ですよ
と言われているので
鯛の本物をお土産にと思い
真っ先に登場させたのが裏目にでてしまった。

Gさん、こんな風に魚がよくかかるジグでした。
ごめんなさい。

これでは
前回と同じ失敗の繰り返しではないか!

慌ててジグとリーダーの間に
ワイヤーを入れるという
サバ並みの脳みそに呆れ果ててしまう。

そうこうしている間に
予報では一日静かなはずだったのに
少し風が出てくる。

ここは背は低いが根が点在しているので
ボートが流れ出すと
根掛かりが心配で釣りにくい。

しばらくは待機かなとホバーリングしていると
s師の2馬力艇と
手漕ぎボートがやって来る。

なんだ、~さんというのはi さんだったのか。
お久しぶり! 

i さんと言えば
正面沖のカイワリポイントに水中カメラを入れ
カイワリやハナダイの群れが
アミコマセにむさぼりついているにもかかわらず
針の付いたオキアミには
決して寄り付かないという
衝撃的な動画を
見せていただいたのを思い出す。

その時以来、
この下にはカイワリは居るぞ、
“食わせるか無視されるかは
釣り師の工夫次第”
を念頭に釣ることにしているが
未だに食いっ気があるかないかの
向こうまかせの釣りから抜け出せないでいる。

さて、次第に強まる北東風の中、
五目漁師はホバーリングで待機、
s氏とi さんはジギングを始めるが
ポイントに入っても
直ぐに岸側に流されてしまい
釣りにくそうだ。

やがて、1時間もすると
次第にその風も収まってくる。

根を避けて少し沖に出た五目漁師には
ホウボウ、シイラ(リリース)
3dsxp205581s

イナダ(リリース)。

i さんは早々に諦めて
カイワリポイントに向かわれたようだ。
(きっとあの時の動画から練られた
秘策があるに違いない。)

風が収まったポイントでは
例のオオアジ(44cm)が
やっと掛かってくれる。
4dsxp205588s

その直後だった
s氏の竿が弓なりになりながら
穂先が海面に没している。

s師は腰を上げて
海面を覗き込みながら応戦されているが
道糸の出が止まらない。

止まらないよーっ!

五目漁師がきっとオオアジですよ
と声を掛けると、

いや、そんなもんじゃないよっ!
と返ってくる。

リールのハンドルは回っているが
一向に巻けていないようだ。

アッ! 
痛恨のバラシ。

既に結構な数のイナダを
上げられていらっしゃるようだが
悔しさは隠せない。

リーダーの中ほどで切られ
ザラザラになっていたらしい。

その直後に今度は五目漁師にアタリ。

そんなに大きくはなさそうだが
この首振りはほぼ真鯛に間違いない。

ガッツンガッツンと竿を叩きながら
少しずつ上がってきていたが中層で

アッ!
針外れだ。

この後、ポイントではアタリが少なくなったので
少し沖(-45m)に出て
タイラバとジグを交互に入れていると、
ジグにアタリ。

強烈な引き込みに応戦するが
ずるずると道糸が引き出される。

今度こそとるぞ!
と気合を入れるが負け気味の応戦が続く。

アッ!
またもや途中バラシ。

うーん、こいつは上がらないのでは
と次第に自信がなくなってくる。

そこでジギングリールのドラグを締め直す。
いつもは強めでも1.5g程度であるが、
これで恐らく2kgくらいはあるだろう。

一方的に持っていかれるくらいなら
一か八かで力づくの勝負をしよう。

しばらくするとその時がやって来た。

コツン、グイーン。
来たぞ!

今度こそと思いつつ
勝負に入ったのも束の間、
一気に
硬め設定のドラグが引き出され始めると
もう止まらない

ジジジジ・・・一直線に
猛スピードで20m以上も走ったであろうか。

アッ!
手も足も出せないままにまたもやバラシ。

今度は、こわごわと使っていた
虎の子の緑金TGベイトごと
持っていかれしまう。

今までタイラバでは
4号ハリスで時間はかかっても
ワラサやブリクラスを何度も上げているのに
一体どうしたことか
手に負えないやつだ。

遊ばせて弱らせるという
間を持たせてくれない。
一瞬にして勝負が決してしまう。

釣果を楽しみにしてくれている
オヤジさんから電話があったので
状況をお話すると、
早速手元のリーダーを
6号に結び直されたらしい。
是非正体を暴いて欲しい。

で、今日の釣果は結局
五目漁師の分相応と言わんばかりに
小物ばかりが残ってしまったこれ。
Cas203506s

おっと、立派なハタ(38cm)
網代でまたもや大釣りをされた
Mさんからの頂き物。

カヤックなら引かれた分
足漕ぎで追っていくと
根ずれ対策もできそうだ。
是非仇を!

そのハタのカルパッチョ。
6cas203512s

  前回に引き続き
オオアジの唐揚げエスニックソースかけ。
7cas203521s

これは巨大なアジが釣れた時の
我が家での正しい食べ方になりそうだ。

次の日にホウボウの和風カルパッチョ、
8cas203532s

ホウボウとカサゴの唐揚げ甘酢あんかけ、
9cas203522s

ハタの納豆昆布蒸し。
10cas203537s




この日は、ボートが流れない時の対策の一つにと思い、
キャスティングタイラバをやってみました。
ネット上の動画で見る限り簡単そうでしたが
実際にやってみると底どりが難しいし
スピニングリールによるただ巻きでは
釣れる気分になりませんでした。

さて、何はともあれ、奴の正体を知りたいです。
ヒラマサ?カンパチ?サワラ?
本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (11)

2020年9月15日 (火)

サバ、フグほぼほぼフリーのルアー釣りが面白い

 

 

昨日(914日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

いつもなら次の釣りはどこにしようかと
迷うところであるが今回は迷いなし。

前回手元バラシが続いたタチウオの他にも
どうやら大物が潜んでいそうな気がする
湾右寄りのポイントが気になる。

心配は予報によると無風と暑さ。

これに備えて、
一旦は足漕ぎセットを準備したが、
無風時にはもう一度前回うまくいかなかった
マゴチを狙ってみることにして
道具を入れ替える。

だが、しかし、現地に着いてみると
予報とは逆の北東風が入り
海上は白波が立ちかけているではないか。

伊東や(特に)川奈は北東風が入ると
海面が騒々しくなる。

たまたま、お隣の網代から出られる
知り合いの釣り師からも
待機中のメールが入ってくる。

普通ならボート屋さんに
静まるまで もう少し待ってみよう 
と言われるところだが、
これくらいの風なら大丈夫だよと煽られる形で
(当然、この後はどんどん回復に
向かうことを読んでの話であるが
五目漁師もごもっともと考えて)
9時前に岸離れする。
1dsxp205550s

海上はまだ少し騒々しいが、
先ずは正面沖でタチウオ狙いのジギング
(反応なし)をやった後に
前回タチウオを掛けたポイントに向かう。

道中、特に目ぼしそうな魚影は
見当たらなかったが、
ここに来ると一気にベイト反応が現れる。

いるいる。

早速SLJジグを入れると
直ぐに強烈なアタリ。

少し軽めにセットしていたドラグが
止まらないので
締め直したがバラシ。

なんだろう?

続いて直ぐに同じ引き込みもバラシ。

どうやら、ドラグはほどほどに緩めておいて
寧ろポンピングで
自分の意志で引きをいなしながら
上げてきた方が良さそうだ。

相手はあのオオアジと確信してきたので
バラシも余り気にならない。

今日は、こんなジグサビキ仕掛けも
準備してきた。
Cimg3404s
右が2本針ジグサビキ仕掛け
上段はジグの上部に入れるワイヤー
下段が新調したタッチー用ジグ


このポイントは、そもそもは
中アジが群れるポイントと認識しているので
ジグに掛からないそのアジを釣ってやろう
という魂胆だ。

ジグの上部にこの仕掛けを付けて入れると
直ぐに掛かってきたのは小さいカサゴ。
3dsxp205552s

フムフム、期待通りの用は果たしているようだ。

しかしここで、ワンテンポ遅れて
五目漁師の脳みそがアラームを発する。

爺さんよ、間違ってこいつに
タチウオがじゃれついたらどうするの?
下にぶら下がっているジグもろとも
切って落とされるよ!

そうだそうだ、わしの考えが甘かった。

で、直ぐにここで
この仕掛けを使うのは止めにする。

そして、散々バラしてきたオオアジ(42cm)が
やっと釣り上がる。
4dsxp205557s

やっぱりな。

このアジ、引きが強烈で釣る分には申し分ないが
ほっぺが落ちるほど美味しくもないので
多くは要らない。

次は、これは引きが違うぞと思ったら
イナワラ(52cm)、
5dsxp205559s

この魚も1尾あれば十分。

そして、
またアジと続く。
6dsxp205561s

お次、
これはひょっとしてタッチー?
と思った引きはまたまたバラシ。

ハリスがザラザラになって
愛用のジグごと持っていかれる。

最近値上がりと品不足ぎみの
アミコマセが不要のルアー釣りはいいが、
ここに来る度に
アミコマセ4k相当分以上に値するジグを
盗られるのでは金たまらない。
(五目漁師流にはキンタマラナイと読む)

そこで遅ればせながら
今回は忘れずに持って来たワイヤーを
ジグの上部に入れ、
ジグもタチウオ専用のものに入れ替える。
7dsxp205565s

ただ、これらのせいかどうかは分からないが
この後はすっかりとアタリがなくなってしまう。

念のために、ワイヤーを外し
ジグもイワシに変更する。

すると
(これもそのせいかどうかは分からないが)
早速ゴツゴツとしたアタリ。

この首振りはひょっとして?
と思った通り、
上がってきたのは食べごろサイズの真鯛。(40cm
8dsxp205567s

こんなところで意外ではあったが嬉しい。

お次は、珍しく本日初めてのサバ。
実はこのジグはGさんから
先の誕生日プレゼントにいただいたもの。

そういえばGさんは
五目漁師が撮るサバ写真の
ファンだったことを思い出し
お見せできる良い写真を撮ろうとするが
こんな時に限ってサバ野郎が
思うようなポーズをとってくれない。

Gさんこれくらいでどうかな?
Dsxp205574s

(あまり長くかけたので
サバ君も疲れてしまった様子でもう
動いてくれなくなった)

さて、もう12時になってしまったので
今度はマリンタウン側に移動して
大マダイ、ハタやそれにアマダイを狙う。

新しく作ったタイラバのラバー部を
とっかえひっかえ場所移動を繰り返すが
結局、今日のタイラバには
一度もアタリはなし。

最後は正面沖でもう一度ジグに戻ると
一投目で良型のホウボウ。
Dsxp205576s

朝からここでコマセ釣りを
やっておられた方の話を聞くと
午前中は良かったが
正午のチャイムを聞くと同時に
静かになってしまったとのこと。

と言いながら目の前で上がったのはカイワリ。
数も結構揃えていらっしゃったようだ。

そろそろ型も良くなり
シーズンインの兆しもあるので、
次回あたりから
コマセ釣りに戻ろうかなと考えている。

で、本日の釣果はこれ。
Cas203442s

期待したタッチーはなかったが
このポイントで真鯛が釣れたのは嬉しい。

次の日に、変わり映えしないが
真鯛、ホウボウ、アジ、ワラサ、カサゴの
刺身盛り。
Cas203469s

ホウボウのカルパッチョバジルソース
Cas203473s

42cmの巨大アジ唐揚げサワーソースかけ
Cas203486s


そして、これは前々日辺りになるが・・・

釣り魚を捌くのとその料理は
五目漁師の役目。
レシピを片手に大騒ぎしている五目漁師を
たまに助けてはくれるが
基本ヨメサンは手を出さない。

へたくそなのは分かってはいるが
やりかけたことで
他人にとやかく言われるのを
煩がることがわかっているからだ。

そのヨメサンが珍しく勝手に作ったこれは
冷凍保存していた真鯛をふんだんに使った
クリームスパゲッティ。
Cas203438s

五目漁師がそうやすやすとは使えないイクラを
ちゃっかりと飾ったりはしているが
さすがにただで歳は食っていない。

おかげさまで気になっていた鯛もこれで完食。

 

調子がいい時には餌釣りよりも
よほどアタリが多いジギングやタイラバ

何といっても
帰っていただく小型が釣れないのがいいですね。

今日はオヤジさん自らが同じポイントで好釣でした。
さすがです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2020年9月10日 (木)

Gさんのカツオを食す

 

 

Gさんといってもお爺さんのことではない。
釣りがもう少しうまくなれば
文句なしのナイスガイだ。

そのGさんが珍しく魚が釣れたというので
江の島からの帰りに
我が家に寄って届けてくれた。

氷詰めにしたクーラーボックスから
取り出したのは
釣れたての丸々とした本ガツオ。

カツオは新鮮が一番の魚。
直ぐに捌いてしまいたかったので
折角だったのに写真も撮らずに
あっ! と気づいた時にはもうこんな姿に。
1cimg3372s

血合いを取り除き贅沢にいただく。
2cimg3374s

半分はバーナーで炙って先ずは土佐作りに
3cimg3376s


4cimg3386s

  残りは次の日にカツオ飯でいただいた。
5cas203398s

Gさん、サンキュー、美味しかった。

この日は丁度
冷凍保存していたマダイを解凍していたので
こちらは焼いてこんな風に。
6cias203391s 

これは先日のタチウオの天ぷら
Cas203425s

とアンチョビソースでいただくムニエル。
Cas203419s

冷凍庫にはもう少し魚が残っているが
次の釣行に向けて今日も釣り具屋で暇つぶし。

自宅に一番近い上州屋には
行っても欲しいものがあった試しがないので
大概は平塚のカメヤかキャスティングまで
足を延ばすことにしている。

今回は、前回の伊東釣行で盗られてしまった
タチウオ用のジグなどを補給した。
9cimg3402s

魚影が濃くアジなども同居するポイントなので
ルミックスサンダー(シラスタイプ)を使って
ジグサビキも準備してみた。
10cimg3405s

タイラバも効果のほどはよくわからないが
新色や新スタイルのものを色々と作ってみた。
12cimg3410s

どうなんだろう、
釣り具屋に行くと
次々に目移りして買うのを諦めてしまうほど
多種、多様、多色のタイラバが並んでいる。

どれもこれも見るからに釣れそうだが、
これだけあるということは
逆に言えば
結局、魚の好みなど
わかってはいないということだろう。

そこで、こんな葬式ムードが漂うものと、
幸せムードが漂う色合いのものを作ってみた。
11cimg3412s

これで同じように釣れれば
少なくとも色など何でもよい、どうでもよい
という証明になるだろうか?

なんて言いながら、
五目漁師は実は相当な凝り性。

タイラバのネクタイなどデザインし始めると
もう少し幅を、
いや長さを、
いやいや単純に幅とか長さではなく
ここは腰のくびれが・・・、
ここは微妙に非対称の方が良さそうだ・・・、
うーんOK
と、出来上がったものをじろじろ眺めながら
もう真剣に考え込んでしまったり、
微調整したり。

エクセルで型紙を作っておけば
長さや、太さ、縦横比などは
自在に変えられるので便利だ。
S

コマセ釣り用の仕掛け作りも楽しいが、
タイラバのラバー部自作は
更にオリジナリティが発揮できるので
あれもこれもと作り出すと
気づいた頃には山のようにたまってくる。

 

新鮮なカツオは美味しいですね。
スーパーのカツオが食べられなくなってしまいます。

明日行けるかなと思っていたら
雨模様になってしまったので止めです。
もう一度伊東ですね。
怒涛のバラシのリベンジです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

2020年9月 6日 (日)

へたくそめが怒涛のバラシ

 

 

昨日(95日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

非常に強い台風が九州に接近している。
台風は水温の高い海面から供給される
水蒸気をエネルギーにして発達し、
水温が27℃以下になると
勢力が弱まるとされている。

因みに、本日の伊東の海面水温は
なんと29℃。

幸いにして関東には
今のところ風の影響はないが
明後日からはずっと雨が続く予報のため
今日を逃すと次はいつになるやらわからない。

今回は無風の海になりそうな気配もあるので
例の別注竿掛けの出番も考えたが
グッドアイデアを思いつく。

無風になった時には
やりたいと思っていた
超浅場でのマゴチ狙いをやってみよう。

今やらなきゃいつやるのというくらい
旬のマゴチ。

キスを釣って泳がせるのも面倒なので
やったことはないが
ワームを投げ込んで
しゃくってみることにする。
これなら投げ釣りなので無風は寧ろ歓迎だ。

1dsxp205514s

さて、7時丁度に漕ぎ出たところで、
老体が乾ききらない内に
早め早めのアクエリアスと思ったが、

あれっ、しまった!

自宅の冷凍庫に凍らせておいた
500cc×3本のペットボトルを
忘れてきたことに気付く。

直ぐにオヤジさんにお願いの電話を入れると
丁度海岸に向かうところなので
持って行くよー!

2dsxp205511s

無事に冷たい飲み物をゲット。
他にエスカップと缶コーヒーのサービス付だ。
ありがとうございました。

さて、海上は案の定無風に近いが、
先ずは正面沖で、
前回カヤック釣り師が上げた
太刀魚を狙ってみる。

シャクシャクシャク・・・
15分程やってみたが
サバが掛かったのみで
釣れる予感がしないので
直ぐに諦めて南側に移動する。

前回大アジを釣ったポイントだ。
今日も魚影が濃い。

早速、ジグを入れると
直ぐにアタリ。

いい引きだったが、これは中層でバラシ。

続けて、また直ぐにアタリ。
猛スピードで食い上げてくる。
巻け巻け、競走だ、どうせサバだろう。

いや? おや?
なんと見えたのはタチウオではないか。

慌ててしまって無造作にボートに放り上げる。

昨年からずっと欲しかった伊東のタチウオ。
(丁度100cm、指4本といったところだ。)
3dsxp205516s

 
ここに居るとは聞いていたが、
やっとお目にかかることができた。

そして、ここでジグのアシストフックがないことに気付き、
 先ほどのバラシの正体も判明する。
4dsxp205517s

タチウオとわかったので
タチウオ専用の刺さりの良いバーブレス錨フックを
前後に付けたジグに交換する。

そして落とすとまた直ぐに掛かってくる。
5dsxp205518s


うひょー タチウオの入れ食いモードだ。

しかしここから怒涛のバラシが始まる。

次はは途中バラシ(引き方からして多分タチウオ)、

そして次は上がってきたタッチーをしめしめと見ながら
ボートのどこに上げようかと考えている間に
船べりバラシ、

次は玉網で掬おうとしたところ再びバラシ。
慎重になってしまったとはいえ
タチウオに玉網なんか使わねーだろう。
へたくそめ。

お次、また直ぐに掛かるが
今度は途中でフッと軽くなる。
ジグの上部でハリスを切られている。

新たなジグを付け直して入れると
6dsxp205523s


7dsxp205532s

サバにソーダが続いた後に
グイーンと強烈なアタリ。

今度は明らかに引きが違う。
ドラグが出ていく。
ひょっとしてドラゴン?

前回はここで大物を根ずれで逃がしているので
クククッとドラグが出だすと
やむなくサミングで抗戦する。

しかし、汗だくの末に
10数分もかかってやっと見えてきたのは
ワラサのスレ掛かりではないか。

なんだ、ワラサか。 チッ!
期待外れで気が緩んでしまったせいもあり
玉網どりに失敗してさようなら。

錨の2本が伸びており、
バーブレス針だったことも思い出す。

連続バラシにげんなりしながら
再びジグを落とすと
今度はタッチーの確かなアタリだ。

しかしフッ!
再びジグのまま持っていかれる。

間にサバとソーダを挟んだものの
なんと5連続バラシだ。

今までタチウオ釣りでこんなにバラしたことも
ジグを持っていかれたこともないのに。

これで手元に
タチウオ用のジグがなくなってしまったので
後ろ髪(五目漁師のてっぺんには
もはや引かれる髪はないが後ろには
なんとか引けるだけの髪が残っている)
を引かれながらも
一旦はここをお終いにして
真鯛狙いに場所移動する。

水深4550m
試しにブレード付きのこんな自作タイラバを
使ってみるものの
  例によって無風のために釣れる気がしない。
8cas203331ss
実は、このタイラバは失敗であることが分かった。
海面で泳がせてみるといかにも釣れそうに
ブレードが回転しながら優雅に泳いでくれるが、
何故か深みから上がってきた時には
いつもブレードがTGヘッドの上に
温泉でのっけるタオルのようにチョコンと乗っかっている。
改良の余地ありだな

一方、脳裏には
怒涛のタチウ+ワラサバラシの
無念さが尾を引いている。

シーハンター仕立てのフックでは
どうせまた切られるのは覚悟の上で
もう一度先のポイントに戻ってみることにする。

魚探を見る限り海中の様子は変わっていない。

少し重ためのジグを入れて
しばらくシャクっているとアタリだ。

どうやらタチウオではなさそうだ。
先のワラサほどではないがドラグが引き出される。

慎重に時間を掛けて上がってきたのは
丸々と太ったイナワラ(55cm)。
9dsxp205527s

久々のネットインで拍手をしたくなる。

その後はサバが続きタッチーの姿は見られない。
そろそろ11時になるが無風ではタイラバは厳しいので
予定通り、ここでキス釣りの浅場に戻って
マゴチ狙いをやってみよう。

始めての釣りなので要領がわからないが
こんな感じだろうか。
ネットで見た動画を思い出しながら
シャクってテンションフォール、
シャクってテンションフォール(のつもり)を
繰り返す。

しかし深場好きの五目漁師にとって
水深78mではなんとも釣れる気がしない。
10dsxp205538s 
釣れてくるのは小さいエソ。
マゴチがいれば釣れそうな気もするが

11dsxp205539s
どちらが魚かわからないくらいワームと同サイズのエソ

結局へたくそに付けたワームが外れて
ヘッドだけが上がってきたのを機に諦める。
12dsxp205541s

さて、困った。
昼過ぎにはと期待していた風が
一向に吹いてくる様子はないが、
仕方なくマリンタウン側の沖で
再度タイラバを始める。
13dsxp205543s

一つのタイラバに2尾掛かり。
サバにもできない芸当だ。
この後、50cmはあろうかと思う
とんでもなく大きいトラフグも掛かってくる。

海底はフラットなので、
タイラバを沈めたまま
ボートを漕いで引きずっていると
やっと良型のウッカリン(35cm)
掛かってくれる。
14dsxp205546s

更に無風の暑さの中で
2時間はアタリナッシング。

そろそろ沖上がりの時間だ。
所々でジグを落としながら浜に向かっていると
久しぶりのアタリだ。

よく引くがブルブルと穂先に振動が伝わってくる。
サバだな。
しかし見えてきたのは35cmほどのメジマグロ。
慌てて玉網を手にとったが
手元で針外れのおまけ付き。

最後の最後まで
バラシのオンパレードに終わってしまった。

で今日の釣果はこれ。
Cas203334s

釣った魚よりも
はるかにバラした魚が多い無念の釣りになった。

ウッカリン、タチウオ、イナワラの刺身や昆布締め。
Cas203349s


タチウオの和風ムニエル
Cas203362s 

イナワラ大根
Cas203368s

 

 

 東伊豆ではなかなか狙い魚にならないという
タチウオが釣れたのは嬉しいです。
今までに何度か釣ってはいますが
今回は時期になればここで釣れるという感じの釣れ方でした。
バラシは余計でしたが、それなりの準備をすればもう少し釣れそうです。
ドラゴンクラスも上がっていますから楽しみです。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (12)

2020年8月31日 (月)

炎天下の中深場

 

 

昨日(830日)は
福浦(エトーボート)に釣行。

東伊豆の今時はあっちもこっちも
サバで賑わっているようだ。

炎天下の中深場は初めてだが、
前回の伊東で
暑さが辛抱できないほどではなかったので
アカムツ欲しさに押し切られ
出掛けてみることに。

(歳をとると体の感覚が鈍くなるらしいが
昔からどちらかというと
寒いのは敬遠するが
暑いのはあまり気にしない五目漁師)

500ccのペットボトルを3本、
それに氷代わりに凍らせてきた
2リットルの真水もある。

荷物といえば、クーラーボックスの中には
他に2kの氷、

タックルボックスの中に
15Ahのバッテリーや
例の足釣り用の道具一式、

金物入れのバケツには
深場用の錘などで
今日は特別に重い。

おまけにマスクでは
いつもなら平気でこなす下り坂でさえ
ヒーヒー、ゼーゼー、フグァフグァ。

念入りにチェックして
臭っさいボートに乗り込み、
じっちゃんに頑張って!
と押し出されるころには
貴重なアクエリアスを
もう1本の半分ほども消費している。

いつもの通り、暗闇の入り江で準備し、
明るくなるのを待って沖に向かう。
1dsxp205493s

快晴、無風。
涼しくはないが、
辛抱できないほどの暑さでもない。


前日に同じく福浦で深場を目指した
仲間のiさんからは
底から上まで全部サバと聞いているので
サバ野郎には細心の注意を払う。

魚探を注視しながら
フムフムこれがサバかな?
だとするとここでは難しそうだ。

ただ、落ち込みの潮裏までは回ってなさそうだし
深場に向かって少しずつサバ帯
(サバ帯か他の魚の帯なのかはわからないが)
の幅が狭くなっている。

フムフム、ここら辺りでどうだろうか。

先ずは、別注竿掛けをセットして第1投目。
2dsxp205502s

ユメカサゴ(30cm)
3dsxp205501s

着底と同時に4連続で小魚ながら
オキメバルなどが掛かってくる。

極端にアタリが少なかった前回と違って
今日は魚の活性は高そうだ。

これなら狙いのアカムツも
時間の問題かもしれない。

ふと見ると、
近くで釣っておられた2馬力艇のお兄さんが
何やらあげている。

なんとキンメの3連掛かり。

ご本人は型がね~と不満そうだが
文句ないんじゃないの!

丁度その頃(8時前くらいだったかな)から
急に上潮が流れ出す。
4dsxp205508s

海面は無風、釣り堀風なのに
実はボートはどんどんと熱海方面に流れている。

120号の錘を着けた道糸が
どんどんと斜めってしまう。

別注竿掛けのお陰で
仕掛けを落としていく時には
ボートを漕いで斜め度を改善できるが
さすがに釣り始めると
底どりやアワセのために
竿を手持ちしないわけにはいかない。

120号でこの深さ(180250m)、
しかも相手が小魚では
食った瞬間を察知しないと
その後は巻き上げを開始するまで
掛かっているかどうかは分からない。

一流しと巻き上げの間に
ボートは300400mも流されてしまう。

五目漁師は基本、ガンつけたポイントに
一流し毎に戻るようにしているが
この流れに逆らって
漕ぎ戻るのに10数分も掛かってしまう。

2馬力艇のお兄さんも流れるのは同じで
ハエーッ! とか独り言が聞こえてくるが
戻りは楽勝。

いいなーと思っていると、声を掛けられる。

メダイは要りませんか? 
もうクーラーボックスに入らないし
もう1尾でかいのがいるので、
60cmはありそうな大物を見せてくれる。

えっ! どこで釣りました?

すぐそこですよ。

鳴かず飛ばずの五目漁師は
ありがたく頂戴する。

さすがの彼も赤いのはまだらしい。

その後、やっとクロムツの
連掛けがあったものの
5dsxp205509s

流れがきつくなってからは
ポイント回帰への守り一辺倒で
なかなか攻勢に回ることができず
残念ながら11時に沖上がり。

一見静かな海面にも関わらず上潮の速さに
してやられた釣りになってしまった。

で、今日の釣果はこれ。
Cas203293s

悔しいが一番目立つメダイ(45cm)
頂きもの。

そのメダイの半身を
バジルソースのカルパッチョに、
Cas203299s

ユメカサゴをアクアパッツァに。
Cas203306s 

小魚の一部を天ぷらに。
Cas203316s

クロムツは煮つけ
Cas203321s 

ユメカサゴの昆布締めを明太子で和える。
Cas203311s


 

お兄さんの落ち着いた竿さばきに感心しました。
釣る人はやはり格好がいいですね。
同時にこのポイントの可能性に期待が膨らみます。
じっちゃんが今中古の2馬力を整備中とのこと、
そう言われても ? は残ります。
動力艇なら何はともあれあてになる救援艇が必須ですね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (10)

2020年8月26日 (水)

繰り返してきたボがやっと報われる

 

 

昨日(825日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

一昨日、もう恒例となった
(という言葉がぴったりする)
気象予報士の受験を終えたところで
ドンピシャの釣り日和。

閉じこもり中に
たまりに溜まった妄想の爆発もあるし、
例の足釣り竿掛けも試してみたいし、
色々工夫した自作タイラバの調子も
見てみたい。

暑さも一息ついたようで、
早朝は秋風さえ感じる。
1dsxp205447s

寂しっ!
夏大好きの五目漁師が
昔から一番嫌いな季節だ。

先ずは、ヒラメはいないかな? 
とマリンタウン側のアジポイントに向かう。

最近はとんとアジの姿を見なくなったが
海底は賑やかだ。

ベイトの群れに突っ込むように
タイラバを落とすと
ガツン!
(そうそうこの表現が良いかな、
実は本日感じたことであるが
タイラバのアタリと言えば
来た来た・・・掛かるかな?
とネクタイやスカートに触れたり、
齧ったりする前触れを感じる
ビリビリアタリ

有無を言わずガツン!
と一発で掛かる
ガツンアタリがある。

潮の加減やご機嫌の差であろうか
今日のアタリはこの後の全てが
このガツンアタリであった。)

で、上がってきたのはハナダイ(31cm)
2dsxp205448s

次の流しで、再びガツン!

グイングイングーと重みを感じる引き方に
ひょっとしてヒラメ?
とも思ったがハタ(35cm)。
3dsxp205451s

ここのポイントは広くはないので
少しずつ沖に向かう。

いつもの正面(カイワリポイント)に来た時に
足漕ぎカヌーの釣り師が
たまたまタチウオを釣り上げるところを
目撃する。

やっぱり居るな。
ただあまり大きくなかったようなので
この場は取りあえず見送り
4045mラインを流しながら
伊東港側に移動する。

もういつのことか忘れてしまっているが
魚探に自分で入れた
ポイントマークが入っているので
そこに行ってみると
突然山のようなベイトの群れだ。

過去に入れたマークも
まんざらではなさそうだ。

早速タイラバを入れて巻き巻きを始めると
ガツン!
しかし、これはバラシ。

次の一投でまた、ガツン!
きっとサバだろうな、
おや? 違うかも。

上がってきたのは化けものの様なデカアジ
(45cm)
4dsxp205458s

(カメラのレンズが汚れていたらしく
この後の写真にぼかしが入りいらいらするが
隠しているわけではない。)


昔、伊東で
50cm超の大アジを釣ったことがあるが
それに次ぐ大きさだ。

アジならタイラバよりも
メタルジグの方が良さそうだ。

もう一本の竿には
例の足釣り竿掛けのお試しのために
既にFM800をセットしているので
電源コードを繋がないままで
ジグを付けて落としていく。

するとまた直ぐにガツン!
(ジグなので当たり前ではあるが)
上がってきたのは再びデカアジ。

こんなでかいアジが単独さんではなく
どうやら群れているようだ。

振り返ると先ほどのカヤック釣り師も
同じアジを上げていらっしゃる。

そして、ジグの2投目、
またしてもガツン! 

しかし、今度は違う。
上がって来ない。
ハンドルを巻いてもドラグが滑るだけで
殆ど巻けない。
これは朝から大物だぞ。

仕方がないので
ポンピングで少しずつ勝負するが
歯が立たず
少し巻いたと思ったら
それ以上に引き出される。

FM800PE1.5
リーダー5号なので
当然タイラバのリール以上に
ドラグは締め込んでいるが
このままでは負けてしまう
と心配した時だった。

フッ! と軽くなった。
上がってきたのは
ジグの上部辺りに
負けた証の根擦れ痕が残ったリーダーだ。

残念、この時にはワラサかブリクラスかな
と思ったが、
この後で真鯛を掛けた際に
強さの度合いは違うにしても
この時の引きと全く同じ感じがしたので
これも真鯛だったのかもしれない。

アジでも、仮にワラサでも
もうこれ以上この手の魚は要らないので
真鯛を目指して
マリンタウン側に場所移動することにする。

その前に、
例の足釣り竿掛けのお試しをやっておきたい。

でこんな風にセットする。
5dsxp205470s

ふむふむ、うまくいきそうだ。
自宅の練習では左足でボタン操作をしていたが
セットしてみると右足の方がやりやすい。

それはそうと、
思っていた以上にオールを持つ手に近いので
これなら手操作でも全く問題はなさそうだ。

何れにしても今後は
流し釣りの右腕として活躍してくれそうで
心強い。

今日は魚探用のバッテリしか
持ってきていないので
後で余裕があればサバでも釣ってみよう。

さて、時々タイラバを落としながら
マリンタウン側へのポイント移動を続けるが、
9時半を回った頃からは
全くアタリが遠のいてしまう。

近頃タイラバデビューされたオヤジさんとも
途中ミーティングするが
遅れて出てこられただけに
早朝の良い時に出くわされなかったのは残念。

五目漁師はアタリが恋しくなり
再び反対側の朝のポイント
(直線距離にして1.2km)に戻ることにする。

しかし、戻ってみると
これは一体どうしたことか、
山のように盛り上がっていたあのベイトの姿は
今や皆無で
丸裸にされた背の低いこぶが
ひっそりと佇んでいるだけだ。

これではタイラバを落とす気にもならず、
折角戻って来たのに
もう一度引き返すしかない。

もちろん、面白そうな海底を見つけると
その都度タイラバを落としつつではあるが。

単独さんの真鯛の場合には
まずは狙いの深さを決めて
ベイトというよりも単独魚らしき魚影や
根らしいものを見つけると
タイラバを落としていく。

水深45m。
北東の風と
沖に向かって払い出す潮の流れの方向が
逆になっているが
丁度いい加減に道糸が斜める。

すると、ガツン!グイ~ン
超久しぶりのアタリだ。

道糸が引き出されると
朝のことがあるだけに、
逃げるなよ、バラすなよ・・・
といつも以上に心配になる。

そして、やがてひらひらと浮いてきたのは
待望の真鯛(61cm)。
6dsxp205476s

やったね。
これでなんとか格好は付いたので、
あとはオヤジさんの近くで
コマセに集まっているサバを
足釣り竿掛けで実釣してみよう。

SLJジグを
五目漁師オリジナルのただ巻き(?)で
電動巻き上げしていると
穂先がピクピクと反応する。

慌てて竿を手に取ろうとしたが
竿が上手く竿掛けから外れず
サバはバラシ。
少し慣れないとね。

で、今日の釣果はこれ。
7cas203243s

久し振りに釣ったハタをカルパッチョに。
8cas203259s

ハナダイを焼きトマトを使ったポワレに。
9cas203257s

次の日にアジと真鯛の刺身盛り合わせ。
10cas203269s




電動による自動リトリーブは別として

普段の流し釣りでもこんなのがあれば便利だろうな
とずっと思っていたものがやっとできました。
荷物にはなりますが
今使っているタックルバックにはすっぽりと収まりますので
重宝しそうです。
次は、福浦の中深場で使ってみたいと思っています。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2020年8月16日 (日)

足漕ぎカヤックが羨ましい

 

 

若い頃に小型船舶の免許をとったが
船が欲しいとはあまり思わなかった。
(あれで楽しいが釣りができるとは
思わなかったので)とやせ我慢。

今は広い海上を縦横無尽の
足漕ぎカヤックの釣りが羨ましい。

あと10年若ければなぁ。

昔は本体重量が50kg(総重量80kg強)
以上もある14フィートの
プレーニングディンギーを一人で
ワンボックスカーのルーフに積んで
自宅とあっちこっちの海岸や湖岸との間を
往復していたが
この歳ではもうそんな体力も気力も・・・
いやいや今ならそれはまだなんとかなりそうだが
先がないのは確かだ。

沖流しの釣り、
特にタイラバで真鯛や根魚を狙う
“点”の釣りでは釣果の多くの部分が
ボートの流れ方次第と言える。
と五目漁師は思っている。

タイラバではほとんどの場合において
魚が掛かってくるのは
タイラバを底まで落として
最初の巻き巻きで、
2回目はたまに、
そして3回目の巻き巻きで掛かることは
もう殆どない。

そこに食いっ気のある魚が居れば
一発で掛かってくるし、
居なければコマセで寄せるわけではないので
タイラバの一人踊りになってしまう。

適当な風でボートが流れ、
斜め引きができれば
真鯛の遊泳層を少しでも長く曳けるし、
着底地点がフォールの都度
多少は移動するために
3回目や4回目の巻き巻きも
有効打になる可能性が高まる。

タイラバやジギングでは
両手を竿とリールで使ってしまうために
巻き巻きしながらボートを漕ぐことができない。

無風でボートが流れない時には
ボートに勢いをつけておき、
急いでオールから竿に持ち替えて
タイラバを落としていく。

着底の頃には
ボートは止まってしまっているが
なんとか一度は斜め引きができる。

こんな苦労も足漕ぎカヤックなら
(多分)なんのそのなんだろうな?

なんとかならないかな。
と、妄想1年、

そしていよいよ本気で考えてみることにした。

無い知恵を絞り切りながら、
あれやこれやと真剣モードで1週間。

そして、手で漕いで足で釣るという
足漕ぎカヤックとは逆の発想で
やっと構想がまとまった。

なんだ、まとまってみれば
正に普通ではないか。
1cas203216s

手元にある唯一の電動リール
(シマノFM-800)のクラッチを
左足の親指で切ってフォール開始、
着底と同時にりールのハンドルとボタンを
またまた足で操作して巻き巻きを開始する。

FM-800には
五目漁師オリジナルの
巻き巻きパターンを再現してくれる
さそい機能がついているので
あとはリールにまかせて
腕はボート漕ぎに集中する。

こんな妄想を実現するあたって
一番苦労したのは竿の置き場所。

船べり、クーラーボックスの上、
ベンチの横・・・
ボートの各部の寸法を計ったり、
目を瞑ってバーチャル手漕ぎと
足操作を繰り返しながら描いた
落書きのようなメモに沿って
工作にとりかかる。
2cas203211s

DIY店を何軒も何回も回って
使えそうな部品を探す。

そして試行錯誤の末やっとできたのがこれ。
 なんだ、
やっぱりできてしまうと何を苦労したの?
と思うほど普通。
3cas203199s


4cas203206s

一番の苦肉の策。
左側は狭いのでクランプを使いたくない。
L型の金具は壁掛け用の大型フック。
ゴムは何用かわからないが円錐形のものを少し切って
中央に穴を開けてL金具を通す。
円錐形が思わぬ効用でL金具が斜めになるのを抑え、

しっかりとスノコを挟んでくれる。
板が軽量の柔い板なのでL金具を通す穴には
ステンのパイプを打ち込んで補強している。



5cas203187s
持ち運びを考えてできる限り小型軽量を考慮した

6cas203180s
タイラバ用の竿を掛けてみる

これを福浦(エトーボート)の場合は
スノコの左端に取り付ける。
7dsxp205443s

伊東(オーシャン釣具)のボートの場合には
据え付けのスノコがないので
これに取り付けてベンチの左側前方に置く。
8dsxp205408s

取り付けは左側はこんな風に
9cas203198s

右側はクランプを使ってしっかりと固定する。
10cas203219s

実は無風時の
タイラバやスロージギングの際以上に
活躍を期待しているのは中深場の釣り。
 
ボートの流れを作るのが目的の
タイラバのケースと違って、
こちらはボートの流れを止めるのが目的。

水深が200mを越える釣りでは
仕掛けを落としてから着底までに
23分もかかってしまう。

ボートと潮流との相対速度を
仮に1ノットとしても
仕掛けの着地点とボートの距離は
6090mも離れてしまうことになる。

着底後、糸ふけを巻きとって
テンションが掛かった後も
錘が軽い場合には更に道糸は斜めっていく。

竿をこの竿立てに掛けて
ここは五目漁師が得意とする
後方前進漕ぎで
道糸の斜め度を抑えることができる。(はず)
11cas203173s
深場用の竿を掛けてみる。
このホルダーはアタッチメントの交換で
11mmΦ~27mmΦの竿を掛けることができる。

うっしっし、今年の秋のシーズンは
一味違った釣りができるかな?




それにしても暑いですね。

幸いにして、いろいろあって次の釣りは少し後になります。

要は、風が適当にあれば(または、なければ)
こんなものを使う必要はないので

次回はお試しでやってみたいと思っています。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (8)

2020年8月11日 (火)

今度はおかず分も釣れない完ボ

 

 

昨日(810日)は福浦(エトーボート)に釣行。

釣りもしたいが少し調べたいことがあり
伊東(オーシャン釣具)に行きたい。

しかし、梅雨明け以降は南寄りの風が
昼過ぎになると強く吹き
なかなかチャンスがない。

天気予報とにらめっこしながら
明日なら何とかなりそうだと思い
オヤジさんに相談すると、

丁度その日にちょっとしたトラブルがあったらしく
明日も吹きそうなので止めた方がいいね
ということになった。

仕方がなく、
風が吹き出すまでの午前中に上がってしまう
福浦に予定を変更する。

狙いはもちろん真鯛だが
福浦ならその前にデカカサゴもやってみたい。
(と言っても、実は昨年の経験からこの時点で
カサゴではなく、73でサメ釣りになることは
分かっている。)

夏場の福浦は4時集合、
4時半には入り江に浮かび
準備をしながら明るくなるのを待つ。
1dsxp205413s

気持ちよく朝焼けの中を漕ぎ出すが、
ソーセージブイを越えた辺りで
左側オールの支点部金具の止めネジが
4つとも浮いてしまい
漕ぐ度に
今にも外れそうになっていることに気付く。

ドライバーに代わるものはないしと思いながら
試しに指先でネジの頭を回してみると
受け側のネジ山が
ばか穴になってしまっているらしく
どれも締まらずにくるくると回るだけ。

こりゃ駄目だと思いながら
じっちゃんに電話を入れると、
ごく普通な感じで
他のボートがあるから戻ってきてよとのこと。

朝の時合いに間に合いそうだったのに残念。

結局、
丁度1時間ロスって同じ場所に戻った時には
もう太陽がまぶしい。
2dsxp205420s

さて、やっとカサゴポイントに到着、
水深は100m。

先ずはジグを入れてみる。
30m、40m、50m?? 
おや、道糸が出なくなったぞ。

早速、サバ野郎にでも食われてしまったかな? 
この野郎、と巻き上げてみると最後まで軽い。

一投目からジグとの繋ぎ目に近い部分で
リーダーを見事にスパッと切られている。

なんだろう? タチウオ? サワラ? 

これが、購入時に撮った愛用のSLJジグ。
3cas202659s

頭の部分がグローになっており
深いところや濁りがきつい時の
お気に入りだったのに。

今日はタイラバを中心にやるつもりだったので
ジグは2つしか持ってきていない。
残ったジグはTGベイトのみだが、
もう怖くて入れられない。

仕方なくサバタン釣りに切り替える。
すると、 直ぐにグイン、来たぞ!

底から引きはがすように思いっきり竿を煽る。
よし! と思った次の瞬間にバラシ。

上げてみると先ほどと状況は全く違うが、
またハリスを切られている。

やっぱりな、
これは心配していたサメの仕業に違いない。

針だけを結び直したが、次も同様に切られる。

昨年もこの時期、この場所で
同じことがあったので
サメを承知で退治用の仕掛けを作ってきた。
4canvas

こいつで一度は仕留めてやろう。
5dsxp205434s


6dsxp205440s 

どうだ! 参ったか!!

その後も仕掛けを入れる度に
1m前後のサメが入れ食いだ。

(残念ながらサメ釣りはこれで完璧かというと
そうでもない。
5cmくらいのワイヤー部なら
丸飲みされてハリスを切られるることもあるし
反転した際に
ヒレなどで擦り切られてしまうこともある。)

だが、しかし、釣る度にワイヤハリスの部分を
ハサミで切り落としていたのでは
こっちも参ってしまう。

いい加減遊んだのでいよいよ、
真鯛狙いのタイラバに切り替える。
Dsxp205441s
 右がサバタン釣り用、真ん中がジギング用、
釣り始めて小一時間で既に諦めた竿が2本。

水深70mまで戻ってタイラバの2投目。

クックックッグイーン、掛かったぞ!
そんなに大きくはなさそうだが鯛の様だ。
しかし、中層でバラシ。

それでも幸先良いアタリに
この時は今日は行けそうだと思ったが、
後になってみればこのアタリが
本日最初で最後のそれなりのアタリだった。

このあとは、タイラバを中心に
たまにジグを入れながら
定置沖、熱海側、石切り場方面を
汗たらたらで転々と流すも
タイラバは無反応、
ジグには何度かサバが遊んでくれたのみ。

結局、今日の獲物(タイラバ)は
小型のアヤメカサゴが1尾。

お仕置きの夕食は
コロナで久しぶりになってしまった外食。
捌きも料理もナッシングで心が弾む。

で、唯一の獲物は
夜食にカルパッチョで大事にいただく。
7cas203165s


眠くてボーっとしていたのか
焼酎のサワーに赤ワインを足してしまう。
Cas203167s

うーん、見栄えも飲み心地もなかなか良い。

この時期なら
行く先々でベイト反応があるはずなのに
熱海側の根回りを除いては皆無に近かった。
今の福浦には
五目漁師のルアーに釣られる魚は居ないようだ。



釣れない時の記事は辛いです。

写真がない、話題がない、書く気力がないの3ないですが
自分記録ですからね。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年8月 2日 (日)

最近は正におかず分の釣りが上手くなった

 

 

昨日(81日)は
伊東(オーシャン釣具)に釣行。

梅雨もコロナも明けぬまま
とうとう8月になってしまった。

それでも今週末は久しぶりの
釣り日和になりそうだ。

と言っても、タイラバとジギングで
沖を流す予定の五目漁師にとっては
もう少し風が欲しいところだ。
(予報ではこの2日間の風速は
終始12m/s程度)

明け方までは北東の風が結構吹いていたようで
この後すぐに静かになるが
始めのうちは無風にも関わらず
海面はチョッピーな波で騒々しい。
1dsxp205401s

吹き過ぎも困るが吹かないのも困りもの。

手漕ぎボートの沖流しでは
魚のご機嫌の上に
風や潮流のご機嫌が釣果を大きく左右する。

さて、あれはこれはとぶつぶつ言わずに
さっさと釣れっ! とぶつぶつ言いながら
取りあえず正面沖のカイワリポイント近くで
ジギングからスタートする。

狙いは伊東では結構レアなタチウオ。

しかし、直ぐに諦めてもう少し沖
(水深45m辺り)に漕ぎで出てみると
いい具合の潮目に入る。

北東側にイワシのナブラのような細かい波が立ち
最近の雨で流れ出た
大きな流木やごみ溜まりを境にして
南西側は淀んだ静かな海面になっている。

しめた! 期待しながら
潮目に沿って少しずつ沖に出ていくが
一向に反応はない。

どんどん沖に出るわけにもいかず
潮目トラッキングも諦めて
途中で沖に向かって右手の岸側に
進路変更する。

すると、
やっと初めてのアタリはチャリコ(28cm
2dsxp205403s

続いてホウボウ(32cm)。
Dsxp205406s

あとになって思うに、
もう少しこの辺りで粘ってみても良かったが
予定の岸側を目指す。

狙いはオオモンハタ。

オオモンハタはまるで青物のように
ベイトに付いていることが多く、
結構遊泳力もあり、
あれっ、こんな上まで追ってきたの
と思うことがよくあるが、
ハタはハタ、美味しい魚だ。

さすがに、岸寄りに近づくと
期待通りベイトの群れが次々に現れる。

グリーンゴールドのTGベイトジグを落として
ゆっくりリトリーブしていると、
穂先がぬめっと重たくなる。

おやっ??
こんな上の方まで海藻だろうか?
いや、どうやら・・と思った瞬間に軽くなる。
これはイカに違いない。

魚と違ってイカはもう一度餌を見せてやれば
必ず再度抱き着いてくる。

竿先を下げてTGベイトをフォールさせると
やっぱり抱いたようだ。

今度はゆっくりとシャクリを入れると、
たまたまジグのテールには
錨針を付けていたので
うまく掛かってくれたようだ。

やったね。
嬉しかったので写真は撮り忘れたがアカイカ。

こんなのが居るんだったらと
慌ててジグをイカスッテに交換しようとするも
こんな時に限って
ルアーケースに入っていない。

仕方がないので、
そのままイカを意識しながら
ジグを落としていくと、
グイーンと強烈な引き。

これはでかいハタに違いない。
それにしても強烈だ。

ジギングには1.5号のPEを使っているので
ドラグもタイラバ用のリール以上
(恐らく2kg程度)に締めこんでいるのに
グイグイと真下に向かって引き出される。

なんだろう、ハタの化け物かな?

しかし、引き上げるに伴って
左右に走り始める。
なんだサバ野郎ではないか。

それにしてもでかいし丸々と太っている。
(これは美味そうだと思って持ち帰っても
大概が酸味たっぷりのパサパササバなので
サバタン用にと称して持ち帰ってみた。
気持ちの隅には
身を開いてみて美味そうなら
1尾は食ってみようという期待は
ないではない。)
3cas203114s

その後は、このサバの入れ食い。

ジグ、しかもテールに錨針を付けたジグに
こんな元気なサバが掛かってしまうと
道具なしでは怖くて針外しができない。
くわばらくわばら、
イカには未練があるが早々に逃げ出し、
反対側のマリンタウン側を目指す。

相変わらず無風ではあるが
潮上に向かうので
行っては流れ、戻っては流れの釣りになり
到着したのは12時過ぎ。

この間、本日一番のアタリがあったのに
タイラバとジグを交互に入れている中で
ついついタイラバにシャクリを入れてしまい
掛け損なったのが心に残る。

その後、反応は殆どなし。

贅沢は言わない。
タイラバにでもジグにでも
もう一度でいいから
アタリらしいアタリが欲しいと
期待してポイント周りを行きつ戻りつ粘ったが
結局(多分フグに)タイラバヘッドを2
1つは虎の子のタングステン)を
切り落とされただけで
沖上がりの時刻になってしまった。

で、今日の釣果はこれ。
4cas203104s

最近は正におかず分の丁度良い釣果を上げるのが
実に上手くなった。
それに大物はなかったがイカが嬉しい。

で、さすがにもう飽きたと思っていたが、
今回はイカを使ってみようということで
またまたパエリア。
5cas203113s

うーん、よくも飽きもせず食えるもんだ
と思いながらもやっぱり美味い。

いつもは庭の鉢植えにあるローズマリーを使うが
今回は放っておくとバッタに食われて
どんどん穴だらけになっていく同じく鉢植えの
バジル風味にしてみた。

ホウボウは1尾ずつカルパッチョに。
Cas203129s


Cas203131s

別のものを作ったつもりであったが
こうして並べてみると
同じようなものになってしまった。

イトヨリは少し水っぽい魚なので
やはり煮付けが一番適しているし美味しい。
Cas203118s

そして最後はサバ。
Cas203121s 

先の写真ではそうは見えないが
特に下の1尾はびっくりするばかりの太さだった。
捌いてみると身の色もしっとりとピンク、
脂ものっていそうだったので
ニンニク醤油だれをつけて焼いてみた
(レシピ本ではくわ焼きとあった)。
うーん、微妙。こんなものかな。

 

この日、結局伊豆半島は梅雨明けしました。
さすがに太陽を直で受けると焼け付く暑さです。
この日は500ccのペットボトルが1本半で済みましたが
これからは4本持っていきます。

さて、本格的な暑さの中で何を釣りますかね。
誰かに面白い釣りを見せていただくと流れるのですが。

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (4)

2020年7月25日 (土)

急遽中深場へ

 

 

昨日(724日)は福浦(エトーボート)に釣行。

貧果であろうが大漁であろうが釣りは釣り、
準備も後片付けもあるし、
釣った魚を捌いたり料理もある。

老体の疲れが癒え、
次の釣りへの妄想が絶好調に高まるまで
五目漁師の場合は
習慣的にも1週間くらいはかかる。

2日前に大津釣行。
やれやれ、あれは失敗だったなぁ。・・・
とまだまだ先日の釣りの思いにふけりながら
周囲の情報や釣果を見ても
なかなか次の釣りのイメージが湧いてこない。

そんな時にブログにコメントを下さる
足漕ぎカヌーのMさんから
明日は福浦でアカムツを狙ってみます
とメールが入る。

そうですか、頑張って下さい!
と返信した後に他人ごとではあるが
天気予報をチェックすると
なんとこれが素晴らしい。

文句なしの沖釣り日和だ。

そうだ、これがあった。
スイッチが入ってしまえば早い。

直ぐにMさんに
私も行きますよと連絡して
準備に取り掛かる。

乾かそうとしていた前回の道具が
雨の中で濡れているが
そのまま車に積み直す。

不足していた仕掛け類も準備し終えて
早朝(現地着4時)の福浦へGo
Dsxp205392s

夜明けとともに
予報通り無風の海面を
汗が出ない程度に
ギーコギーコと漕ぎ出る。

ポイントまで約30分。
沖に出てこれほど静かな日も珍しい。
Dsxp205398s

一投目は
潮の流れなどをチェックするお試し入れ。

今日は中潮、
海面は波も風もなく静かだが
ボートは結構南東方向に流されている。

仕掛けが着底すると
直ぐにコツンとあたったような、
気のせいのような。
取りあえずあげてみると
サバタンを齧られている。

ボートが流される方向、速さを見定めた上で
2投目はまだ解けていないホタルイカを
無理やり引き剥がして
サバタンに抱き合わせて本格投入する。

水深180m、錘120号でも
着底までに1分以上掛かってしまう。

ボートが風で流される時には
その間に道糸がどんどん斜めってしまうために
忙しくボートを漕がないといけないが
今日はそれが不要なので楽ちんこの上ない。

捨て糸の長さで決まる棚は1m
そこからゆっくりと竿を煽ると、
今度は確かなアタリ。

元々シマノのFM800には
PE3号を300m巻いていたが、
PE2号を400m
そして今はPE1.5号を500m
細くしてきたために
アタリ感度も随分とよくなったような気がする。

巻き上げには45分も掛かってしまうが
途中穂先がピクピク、魚が更に抗うと
リールがウイーンウイーンと
頑張り音を発する。

なんだろう、大きさは? 色は?
上がってくるまでのこの長い時間こそが
中深場釣りのワクワクタイムだ。

その結果がこれ。
Dsxp205393s

長雨で濁っている海中に
赤い魚影が見えた時には
早々に狙いのアカムツかとも思ったが
キンメダイ(29cm)だった。

3投目もアタリはあったが掛からず。

そしてここで、
真鶴半島の福浦とは反対側から
三つ石経由でカヌーでやって来られる
Mさんからの電話だ。

途中、ジギングで道草を食った
(既にハタが釣れている)が
こちらに向かっているそうな。

今キンメが上がったところです。
絶好のコンディションですよ、
と五目漁師。

しかし、絶好は正にここまでだった。

少しアタリが遠のいた中で
竿を煽ろうとした時だった。
フッ! と穂先が軽くなる。??? 

やられた!
スミヤキかフグにでもやられたのだろうか。

軽くなった抜け殻の道糸を空しく巻き取る。
果たしてどこで切られたのかが心配だったが
どうやら
PEの長さはあまり変わっていないようだ。
(自宅で調べたところリーダとPEの繋ぎ目の
直ぐ上で切られていた。)
被害は最小限で収まったが
Mさんにいただいた
ちょっとした小道具を使った
特殊仕掛けがなくなったのと
何故か結構高いヨリトリリング、
あの坂道が辛いので
2つしか持ってこなかった
120号の錘がなくなったのは痛い。

仕方がない、
リーダを5号フロロカーボンで結び直し
釣りを再開する。

丁度そんな時にMさんが
足漕ぎも軽やかにご到着。

しばらく情報交換しながら談笑の後、
五目漁師は180240m域を
Mさんは恐らく300mライン近くまで
流されていたようだが、
当初のアタリが嘘のようになくなってしまい
両者とも殆どといってよいほど
アタリから見放されてしまう。

潮は結構流れているようだし、
海上は静かだし
コンディションは悪くはないんだけどなぁ・・

途中の釣り具屋で聞いた話では
酷い長雨のために
今伊豆半島全体の浅場では
川から流れ込んだ泥が堆積して
磯釣りの餌になるガンガゼなどが
採れない状況らしい。

沖の中深場の釣りに
影響があるかどうかはわからないが、
海水が大いに濁っていることは確かだ。

アカムツは欲張りとしても、
今まではここに来ると
必ずや釣れていたクロムツも
今回はとうとうなかった。

で、今日の釣果はこれ。
Cas203051s
キンメダイ(29cm)、シロムツ(25cm)

それに小っちゃいユメカサゴ(?)、
おっと、
アカハタ(31cm)Mさんからの頂き物。
行き帰りの道草だけで
結構釣られていたハタの中から
お好きなものをどうぞと言われたので、
まだ釣ったことも食べたこともない
アカハタを遠慮なく頂いた。

ワサビと醤油で食べる刺身は
少し飽き気味なので
アカハタの半身をカルパッチョに、
Cas203072s

キンメダイはお決まりの煮付け、
Cas203066s

ユメカサゴは姿唐揚げに。
Cas203079s

そして次の日、
残したアカハタの半身をアクアパッツァに
Cas203087s

シロムツは1日冷蔵庫干しにして塩焼きに。
Cas203092s

 

狙ったアカムツは釣れませんでしたが、
深いところの魚はどれをとっても美味しいですね。
夏は暑くて無理ですからリベンジは秋になってしまいます。
アカムツ釣るぞっ!

本日もポチッとよろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ ボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6)

«60匹で打ち止めって一体なんのこと?